After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
身内にいろいろありまして、なかなか自分の時間がとれません。 が、社会的な生活あっての趣味の時間故、仕方ないところであります。S-3、なんとか前進しております。
*****************************************************************
1)キャノピー周りの工作を進めました。
ストレートに組むならそもそも不要な工作なのですが、コックピット内の追加工作に報いるべく前列右のキャノピーを開とすることにしました。キャノピーをエッチングソーで慎重に切り離し(結局傷を入れ、リカバーに苦労しました・・・)、ついでキャノピー内側の追加工作をしました。
DSC00239.jpg
正面・天井の計器類、左右・正面のフレーム等を追加しました。計器の塗り分け等はこれからです。おまけに正面のフレームは黒色が剥げてプラ材の白がのぞいてるし。

機体にセットしてみました。
DSC00241.jpg
やっぱりあんまし見えんですね。
前席と後席の天井の構造が一直線ではありませんが、実機写真もそのように見えるのでよしとします。 ちょっと気持ちわるいですが。
それよりか、後席右ののぞき窓から見える右席のコンソールがかっこいいではないですか!苦労が報われます。

2)Mk46魚雷を製作中です。 魚雷自体はhasegawaのSH-60から奪ったものです。 ペラ周りが寂しい出来であったので、ペラがシュラウドで覆われる最近の?タイプに変更しました。 また、お尻につくスタビライザーだったかも作り直しました。
DSC00243_20110619223558.jpg
塗装は取り合えず全体の防食加工をしたアルミ色(グリーン+シルバー)を吹きつけてみました。 細部の塗り分けはこれからです。パーティングラインの処理がいい加減で、ナイフの縦筋が見え見えですが、機体にはこれが隠れる向きにセットすることとし、よしとします。

機体にセットしてみました。
DSC00242_20110619223558.jpg
よい感じです。 ちょっと疑問なのは、魚雷を投下する際、これで機体に当たらずに投下できるのかなあ・・という点であります。 不思議です。 
*****************************************************************
6月中には操縦桿をつけて、キャノピーを閉鎖したいと思っています。 そうすればもうすぐ機体塗装です。デカールを準備中です。
スポンサーサイト

【2011/06/20 22:32】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |

DUP
シミヤン
細かな再現が見事ですね。
パイピングも太さや曲げ状態が綺麗に決まっているので
拝見していて気持ちが良いです。

う~ん見習いたいところでありますが
こんなんでいいや的性格なので難しいかな(笑)


公試
>>シミヤン殿
写真でアップで見ると「あちゃーっ」といういい加減なところが多々あります、魚雷のパーティングライン処理もその類です。
そのいい加減さも、同じレベルで揃えばそれなりに見えるのかなあと。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
DUP
細かな再現が見事ですね。
パイピングも太さや曲げ状態が綺麗に決まっているので
拝見していて気持ちが良いです。

う~ん見習いたいところでありますが
こんなんでいいや的性格なので難しいかな(笑)
2011/06/26(Sun) 10:41 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
>>シミヤン殿
写真でアップで見ると「あちゃーっ」といういい加減なところが多々あります、魚雷のパーティングライン処理もその類です。
そのいい加減さも、同じレベルで揃えばそれなりに見えるのかなあと。
2011/06/27(Mon) 07:43 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters