After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
デカールを買いました。
*******************************************************************
S-3を購入する際、塗装のことは考えず、店頭にあった一番安いパッケージを買いました。 なぜか一番安かったのが懐かしのバイセン塗装(なんともう35年も前になります!)のデカールのものでした。
decal1.jpg
(以下の画像はすべてネットからの拾いものです 問題あれば連絡下さい(?))
これはこれで悪くは無いんですが、今回の各部大開陳仕様にはちょっと合わんなあ、という感じがします。 また、後部座席のコンソールはCRTをフラットパネルに載せかえたB型仕様でつくってしまったし・・・ ということでB型のデカールを探していました。

最初にキットを買う際に、店頭にあった他2パッケージがどんなデカールだったか覚えてないのですが、恐らくB型であったような。あの時ケチらず気に入ったデカールのものにしておけば無駄な出費が済んだものを!と思いますが、「後悔先に立たず」「安物買いの銭失い」を悔やんでも仕方なし。塗装仕様を決める楽しみを先延ばしに出来たとポジティブシンキングでごまかし、改めて別売デカールを探して購入しました。

S-3なんて今更デカールが出るわけもなし、過去に出たものをネットで調べ、通販で購入しました。 蛇足ならが、A型ならば、店頭在庫はさっぱりありませんがeBayには結構出ています。
閑話休題、B型=ロービジ塗装のデカールですが、昔に遡っても大して出ていません。

 superscale から3シート
  ・SS72892 (垂直尾翼がダイヤモンド柄の機体 ×1種)
    decal4.jpg
  ・SS72893 (垂直尾翼がチェッカー柄の機体 ×1種)
    decal6.jpg
  ・SS72900 (火吹き竜マークの機体 と 鷲マークの機体、2種セット))
    decal5.jpg

 twoBob
  ・72020 (オオカミ?のキャラクター ×1種)
       この機体はハセガワからデカール替えで出ていたようです

 以上の4枚は、ネットで探せばあちらこちらに在庫が残っているようで入手は容易です。 
 それから
 Ronin Decals というところから、機体の上半分を紺色に塗ったシックな機体のデカールがかつて出ていたようですが
    decal7.jpg
まずもって今更の入手は無理と判断しました。

以上から、スーパースケールのSS72900を通販で購入することとしました。これは国内の店にも在庫があり難なく購入できました。(←6月始め) 便利な世の中です。 2種のうち火吹き竜とします。

これで、型式もきまったので、a)ソノブイ発射口を減らす、b)MADブームを載せない代わりに尻の穴を塞ぐ 等の型式に合わせた改造をする必要があります。 
*******************************************************************
以上で、デカール入手の話は終わり のはずだったのですが、6月中旬になんと、Ronin Decalsがオークションに出ているのを発見しました。 なんか神様のお導き、というか、一期一会といいますか、まさに私のために出してくれたに違いない! 迷わず競りに参加したのですが、今、世界中で72のvikingを作っているのはもしかしたら私くらいなのか、競り合うこともなく最初の値段で見事getできました。 わずか10豪ドル!(←オーストラリアのeBayに出てました)送料はかかりますが、それでも1300円程での入手となりました。
    DSC00252.jpg
昨日着、だいたい10日で届きました。ご丁寧な店長の挨拶文まであったりして心温まります。
。 

非常に薄く、印刷は非常に繊細な印象です。 実は2タイプ、垂直尾翼のテイルコード"NF"が大きいアーリーバージョンと小さなレイトバージョン入ってました。これは親切な。 大きなアーリーバージョンにするつもりです。
    DSC00251.jpg
ただ、パーフェクトかというと若干の問題あり。 白が薄く透けそうな気がします。 大きなNFくらいは最悪手書き(マスキング吹きつけ)できますが、艦名なんかは小さくで非常に悩ましいところです。 デカールの上からタッチアップか??

まあ、機首の魚雷に乗ったオネエさんが非常に繊細な印刷であったので全て大目に見ます。
*******************************************************************
折角購入したスーパースケールのSS72900並びにキット付属のバイセンでカールは無駄に余ってしまいますが、累々たる屍のうえにこそ入魂の1機が高く舞うのであろうと自分を鼓舞し、残り工程がんばります。


スポンサーサイト

【2011/07/01 07:53】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters