After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
S-3,La-7ともあまり進捗がないので、買い物日記でも。

********************************************************************

1.雑誌を2冊ばかし買いました。
1) scale model fan
新しい模型誌!? ついこないだ master modellerが終わったばっかりなのに・・・ と思いきや、mastermodellerの後継誌でありました。 表紙・タイトル以外全く同じ体裁、松本州平氏他のライターの方々。要は、月刊誌ではしんどいが、季刊誌ならばなんとかいけそうなので、季刊誌として再スタートを切るべくタイトルを改めたということでしょうか。
作例も「零戦」に「独戦車」とは全く同じ傾向じゃあないですか。これが月刊誌ならば「もう来月からは買わんな」と早々に見きるところですが、季刊誌ならば次も買ってしまいそうです。 見事な作戦ではないですか。

2) scale aviation 7月号
まず、グラビアは・・ 今やこの雑誌はグラビア嬢抜きには語れなくなりつつありますが、「秋山莉奈」であります。微妙にメジャーどころでしょうか。 でもって、彼女のポーズがもうエロ本のようです。まあ、いろんな疲れがにじみ出た私にはあまり効きませんが、電車で読む際にはまちがっても当該ページが開かないよう、慎重にページをめくる必要がありそうです。
特集は、B-17。レベルの新しいキットに合わせてのことと思います。細かく製作中の写真がステップバイステップで示されていますが、ごちゃごちゃしていてこの新しいきっとがどのようなものかよくわかりませんでした。ハセガワ72やモノグラム48も取り上げられています。ハセガワの作例はなんと先の松本氏です。模型誌掛け持ちとは!
そのほか、TSR-2の作例がアニメ絡みで2例。アニメを知らないので、なんのこっちゃです。それにしてもパンチラのアニメ絵を載せるのは止めれ!、これは声を大にして言いたい。

2.その他
1) Hawker TyphoonがJMCから帰ってきました。 これまでは自分がこさえた箱に収めて返送されてきていたのですが、今回はハセガワが別に返送用の箱を用意し、この中に軟い紙を丸めて沢山詰め、その中に機体を浮かすように入れて返送されてきました。 typhoonはフラップを開に作っていたので、この機体の受け方ではフラップにも若干荷重がかかってしまい、接着が外れかかっていました。 飛行機模型のハセガワとしてはちょっといかがなものでしょうか。 まあ、沢山のキットを会場を移して展示したり、返送したりするのはもの凄く大変なんでしょうが。

2) 子供のMig-27も帰ってきまして、賞品としてクレオスのPRO-SPRAY Mk1が同時に届きました。入門用の吸い上げ式エアブラシですが、子供には勿体ないくらいです。 ただ、ボンベが1個付属していますが、たぶんすぐにボンベが空になっちゃうんですよねえ、これも作戦でしょうか。




スポンサーサイト

【2011/06/13 21:02】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

お疲れ様です
XJunで~す
>scale model fan
情報ありがとうございました。
一応創刊号は買っておこうかと...。

Mastermodellersも隔月刊の頃はAFVも豊富な塗装図があったり、エースパイロット列伝が掲載されていたりして魅力的な雑誌だったんですが、月刊化してからは「O-157もかくや」というような凋落振り...。

MA誌のような老舗はともかくとして、模型誌というのはライターもキットも数が決まっていますから、特性を出すのが難しいビジネスだと思います。



公試
>>XJun殿
創刊号なので御祝儀で買うも宜しいかと。 テーマはちょっと手堅すぎる気がしますがこの先どうなりますか。 なんとか長く続いて欲しいものです。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
>scale model fan
情報ありがとうございました。
一応創刊号は買っておこうかと...。

Mastermodellersも隔月刊の頃はAFVも豊富な塗装図があったり、エースパイロット列伝が掲載されていたりして魅力的な雑誌だったんですが、月刊化してからは「O-157もかくや」というような凋落振り...。

MA誌のような老舗はともかくとして、模型誌というのはライターもキットも数が決まっていますから、特性を出すのが難しいビジネスだと思います。
2011/06/13(Mon) 21:57 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
創刊号なので御祝儀で買うも宜しいかと。 テーマはちょっと手堅すぎる気がしますがこの先どうなりますか。 なんとか長く続いて欲しいものです。
2011/06/14(Tue) 12:39 | URL  | 公試 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/15(Wed) 21:59 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters