After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
並行してLa-7もやってます。 ここ最近はS-3に注力したのでLa-7はちょっと停滞しましたが、S-3がちょっと進んだのでまたこっちも進めます。
********************************************************
1)主翼の補助翼を切り離し、角度をつけて付け直しました。
DSC00209.jpg
上面はまっすぐな分割線で簡単です。白い部分はプラ材を追加したところです。

DSC00210.jpg
下面はヒンジ受けというか、回転中心をうける部分がクランクになっていて、追加工作には面倒な形状をしています。しかしこれが、やわらかいプラのおかげで、デザインナイフで何度かなぞるだけで簡単に切り離せました。 いにしえのハセガワ・カチカチプラならこうはいきません。何度なぞってもいっこうに切れる気配がなく、そのうちデザインナイフの刃先が折れて溝に埋まり、いらいらした挙句にナイフで手を切って逆切れ・・・ というパターンですが、まことにありがたい軟質プラでありました。

但し、失敗がありまして、左右の振り方を、当初考えていた逆にしてしまいました。 補助翼の振り方に合わせて方向舵を振る必要がありますが、方向舵はすでに逆方向にするべく端面処理をしていたので、やり直しとなります。 まあ、それくらいいいです。

2)胴体横の排気管は、キットパーツでは開口されていなかったので、プラパイプで作り直しました。 
DSC00213.jpg
径・長さ共きっちり揃えきれてなく、詰めの甘い工作ですが、まあそう見えるところでもないのでこれで良しとします。 なにせ「ウィークエンドシリーズ」なんで。 

3)コックピットは、一応、ほぼほぼ予定の工事を終了しました。 ウィークエンドなんで(←またかよ)こんなもんで塗装に移ります。
DSC00214.jpg
シートベルトはいつもの鉛板です。バックルはエデュアルドのドイツ機用シートベルトから流用しました。 「捕獲したドイツ機から金具を転用した」という設定です?
******************************************************** 
週末に時間がとれたらば塗装します。 来月上旬には胴体を貼りあわせたいところです。

スポンサーサイト

【2011/05/24 21:54】 | 未分類
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんばんは。

キットそのままの内装だとあっさりしすぎなようですけど、ディテールアップで立体感が出てかっこいいです。
大戦ソ連機の製作記はなかなか見れないので、勉強になります。


公試
>>パテ埋め殿
当方製作中のLa-7はストレートではちと寂しく、デティールアップもまた楽し、という感じです。

なにぶん、最近「世傑」を読んでたちまち影響された俄かファンなんで、参考になるような製作記にはなりようがありませんが、励みになります!





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

キットそのままの内装だとあっさりしすぎなようですけど、ディテールアップで立体感が出てかっこいいです。
大戦ソ連機の製作記はなかなか見れないので、勉強になります。
2011/05/25(Wed) 20:55 | URL  | パテ埋め #xfEiCw62[ 編集]
>>パテ埋め殿
当方製作中のLa-7はストレートではちと寂しく、デティールアップもまた楽し、という感じです。

なにぶん、最近「世傑」を読んでたちまち影響された俄かファンなんで、参考になるような製作記にはなりようがありませんが、励みになります!



2011/05/26(Thu) 07:42 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters