After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
なんか最近結構記事を書いてます。 精神安定上、模型を作り記事を書くのが一番のようです。 ということで進捗はあまりないのですが、頑張ってキーボードをたたきます。

*************************************************
B314ですが、いよいよもう少しで完成です。一番面白くないところです。(この辺でもうええかあ・・)、と完成を前にして挫折しがちな地点です。こういうとき、ブログに進捗を晒すということで自分で自分の背中を押すというか、あるいは尻を叩くことでもってなんとか完成まで漕ぎ着けたいものです。

3/26に機体の進捗を記しています、その折、残工事として、
ア) デカール貼り 
イ) 主翼中央の天測用?窓の製作
ウ) 主翼前縁の前照灯
エ) 残り部品の取付 プロペラ、エンジンの補助空気取り入れ口等
オ) 操縦席の上にへんちくりんな昆虫の触角のようなもの
を挙げてました。 

これらについては、
ア) デカール自体は貼り終り。 クリアは未だ。というか、もうクリアーはいらんかなあと。 デカールは印刷はしょぼいもので、機首のアメリカ国旗なぞ、がっかりなできですが、フィルムは予想外に良い、薄く割れず目立たないものでありました。 糊もしっかりしています。 これはたすかりました。

イ) キットのクリアー部品を紛失してしまったので、他キットのクリアランナーの太い部分から削りだして作りました。 ヤスリやナイフやリューターでしこしこ削っていたらなんと、思った以上にうまく出来ました。 作った本人がびっくりです。 塗装は細筆てえいやっと適当に。 それらしく出来ました。

ウ) 黒デカールをそれらしく貼って良しとしました。 基本はあくまでお手軽仕様です。 

エ) プロペラはつけました。 補助空気取り入れ口は途中です。 プロペラはこれまたしょぼい出来ですが、まあいいです。こだわりはありません。(下の写真にはペラがついてないです・・・・)

オ) 全てを真鍮棒から削りだすのは大変なので、真鍮線とプラ板を組み合わせて作りました。 意外にうまく出来ました。

という状況です。 
さらに追加で以下の工作をしました。

カ) 排気管、計8本をつけました。 キットはちょぼっとしたモールドがあるだけで、塗装してもとても排気管には見えそうになかったので、諦めてプラパイプを延ばして自作しました。 もう少し焼けた色に塗った方がよさそうです。

キ) 飾り台にタイトルを貼り付けました。 真鍮板の銘板なんかができたらばカッコいいなあとは思ったのですが、現実は写真用紙にプリントアウトしたものを貼り付けただけです。

ク) 水平尾翼前縁の黒塗り 

その他、
ケ) 出入扉 ×2箇所
が残ってます。

DSC00164.jpg

DSC00165.jpg

機首と桟橋の人形が各1名、脱落してしまいました。付け直します。

*************************************************
ということで、残工事ものこり僅かです。のこり2,3時間というところです。 来週末4/23,24の展示会にはちょうど間に合いそうです。 
スポンサーサイト

【2011/04/17 22:27】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters