After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
先週は仕事で大き目のトラブルが2件相次いで発生し、その火消しやら客先への方向やらで、模型を触る時間がほとんど取れませんでした。 まあ、仕事あっての余暇ですので、仕方なし。

とりあえず各機の現況を記します。

1)雷電:進捗なし、きっぱり。 カウルフラップを仕込み中ですがまだまだです。


2)Fiat G.55:胴体を貼り付けるか否かで思案中。 計器板は胴体左右貼り合せてからのほうがセンターが出て良さそう、シートも後から入る、尾輪庫は資料なし、で、結果、貼り合せ支障なしというところですが、なにぶん偉い方の製作記事も無いので、ほんまにええんかいな、とびびっています。


3)F-104G:7割引で入手したマルヨンですが、細部に拘らずとっとと完成させようとの主旨で部品をぺたぺた貼り合せまして、士の字にはなったんですが、反省しきりです。 すなわち、パーツの精度にたよって摺りあわせを十分せずに組み上げたため、随所に微妙な段差がついてしまいました。 具体的は、
 ・コックピット後ろ
 ・エアインテーク左右
 ・エアブレーキ左右
 ・フラップ、エルロン
って、あちこち過ぎです。結局パテ埋め(このキットでパテが要るなんて聞いたこと無い!)、サンディング、スジ彫り彫りなおしで大きく回り道しています。 丁寧な摺りあわせが結局は近道とよく聞きますがまさにその通りの結果となりました。
まあ、本機はG型、塗装は上面が茶系/グレー、下面もグレーということで表面仕上げもそこそこで目立たんやろうと思いっきりハードルを下げ先を急ぎます。(逆に言うと銀塗装は無理)

尚、タイトルを「マルヨン」としましたが、現在一番注力しているのが本機というわけでは決してなく、雷電もG.55も書くことがないので消去法で「マルヨン」となりました。 それだけのことです。

以上です。
スポンサーサイト

【2007/06/11 12:31】 | 模型-F-104
トラックバック(0) |


sleepy
公試さん、おひさしぶりです。sleepyです。
いろいろあって、ながらくsleepしてました。しばらく見ない間に雷電はすごい仕上がりになってるじゃないですか!感動してます。
さてG55ですが、尾輪庫のディティールはカバーがあるのでさほど気にしなくても(?)とは思うのですが、脚柱をふくむ尾輪のディティールを示す資料ならあります。どうしましょう?私のブログの資料室に去年イタリア空軍博物館で撮影したG55の写真がありますが、残念ながら尾輪までは撮りませんでした。次回訪問時の課題にします。
わたしもF-104Gはお手つきの状態で2年近く放置してます。イタリア空軍の塗装にしたいんですけどね。


公試
>>sleepy殿
おはようございます、お久しぶりです!
未だに完成していないんですよ、きっと夏には...
G.55の実機を見学されたんですよねー、うらやましい限りです。
実はイタリア機ではG.55についてのみ、資料本をもってるんです。(ARI D'ITARIA 10 とAVIO LIBRI 3です) 脚柱・尾輪ごとき!にかまっていては完成しそうにないので、ご好意は気持ちだけお受け取りし、先を急ぎたいと思います。(実は大きな問題が発覚しております、詳細は次回)


sleepy
こんばんは、公試さん。
同じ資料(ARI D'ITARIA 10)をお持ちなんですね。イタリアはマニアの層が厚いのか何なのか、その類の書籍は普通の本屋に並べてありました。日本の世傑と似たような感じなんでしょうか(もうちょっと濃いような?)。
現在、タミヤのFw190A-8を作っています。A-8から転用されたF-8に仕上げる予定です。めんどうくさい脚回りが終わったところです。今週末にUPします。


公試
>>sleepy殿
フォッケ楽しみにしています。風防を膨らませたFはカッコいいですよね。 脚回りというともう完工目前ですか? うらやましい限りです。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
公試さん、おひさしぶりです。sleepyです。
いろいろあって、ながらくsleepしてました。しばらく見ない間に雷電はすごい仕上がりになってるじゃないですか!感動してます。
さてG55ですが、尾輪庫のディティールはカバーがあるのでさほど気にしなくても(?)とは思うのですが、脚柱をふくむ尾輪のディティールを示す資料ならあります。どうしましょう?私のブログの資料室に去年イタリア空軍博物館で撮影したG55の写真がありますが、残念ながら尾輪までは撮りませんでした。次回訪問時の課題にします。
わたしもF-104Gはお手つきの状態で2年近く放置してます。イタリア空軍の塗装にしたいんですけどね。
2007/06/13(Wed) 02:00 | URL  | sleepy #-[ 編集]
>>sleepy殿
おはようございます、お久しぶりです!
未だに完成していないんですよ、きっと夏には...
G.55の実機を見学されたんですよねー、うらやましい限りです。
実はイタリア機ではG.55についてのみ、資料本をもってるんです。(ARI D'ITARIA 10 とAVIO LIBRI 3です) 脚柱・尾輪ごとき!にかまっていては完成しそうにないので、ご好意は気持ちだけお受け取りし、先を急ぎたいと思います。(実は大きな問題が発覚しております、詳細は次回)
2007/06/13(Wed) 07:43 | URL  | 公試 #-[ 編集]
こんばんは、公試さん。
同じ資料(ARI D'ITARIA 10)をお持ちなんですね。イタリアはマニアの層が厚いのか何なのか、その類の書籍は普通の本屋に並べてありました。日本の世傑と似たような感じなんでしょうか(もうちょっと濃いような?)。
現在、タミヤのFw190A-8を作っています。A-8から転用されたF-8に仕上げる予定です。めんどうくさい脚回りが終わったところです。今週末にUPします。
2007/06/14(Thu) 01:11 | URL  | sleepy #-[ 編集]
>>sleepy殿
フォッケ楽しみにしています。風防を膨らませたFはカッコいいですよね。 脚回りというともう完工目前ですか? うらやましい限りです。 
2007/06/14(Thu) 12:07 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters