After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
久しぶりに買い物日記。(面倒なのでそれぞれの写真撮影はパスします)
*********************************************************
1) ピットロード1/144 PAK-FAあるいはT-50
 F-22,YF-23というステルスの模範解答を知ってしまった目には若干物足りないものの、形としてはこっちのほうがカッコいいやろう!というロシアの新鋭戦闘機です。 キットはピットロード(トランペッター?)にありがちな梨地はともかくとしてよくできていそうです。 いつか、模型製作に疲れた折の息抜きに。(模型の息抜きが模型・・)

2) ピットロード1/144 TSR-2
またまたピットロードの1/144です。 PAK-FAとともに(私にとって)絶妙のアイテムです。 出来もよさげですが、仮組みもしてないのでよく判りません。 「悲劇の」と形容されがちな英試作攻撃機TSR-2ですが、まあ震電やキ-83と同様に、話半分のような気がします。というか、同社には1/72でキ-83を出してもらいものです。(MPM、スペシャルホビーから出てましたが)

PAK-FA、TSR-2ともに一つ申し上げたいのは、「箱絵がかっこ悪い!!」ということです。 両キット共、見事に私の秘孔を突いた(例えが古いですが)アイテム選択とは裏腹に、実機を知らない人は決して手に取ることもあるまいとう残念な出来です。 PAK-FAは明暗が変で出来の悪いカラーモジュレーション仕上げのAFVを見ているような、あるいは皺隠しに下方から強烈に照明を当てたフジテレビのベテラン女性アナウンサーのようです。 またデッサンも実機のスラッとした雰囲気がありません。 TSR-2は機首、特にコックピット後ろの断面が丸く、さっぱり似てません。実機かかっこいいだけに残念です。

3) 世界の傑作機 ラヴォチキン戦闘機
こないだのヤコブレフに続いてのソ連大戦機であります。 震災の影響で当初予定していた3/30の発売を1週間おくらせ、本日4/6発売となりました。
ソ連の機体は食わず嫌いで「イマイチ」と思っておりましたが、こないだのYakもそうですが、目が慣れてくるとカッコよく見えてきます。ソ連の機体はYak、La、MiG、Iいずれもアスペクト比が小さいというかテーパーの大きな主翼が、すらっとした主翼を見なれた目には最初違和感がありますが大分慣れました。鍾馗のようでもあります。
スタイルだけでなく、直径の大きな空冷エンジンのカウリング周りも、工学的に見事です。イギリスのシーフューリーに似たカウリングの形状、排気管の処理(カウリング内の暖気の吸い出し処理)ですが、紡錘形にとらわれすぎた強風(の試作型)や雷電よりも工学的に見事にまとまっています。
こうなるとキットが欲しくなります、1/48ならばズベズダか・・・ タミヤから出してくれませんかねえ。

*********************************************************
週末に神戸市の「人と防災未来センター」に奥さん、子供と行ってきました。 東日本大震災の発生、また、ひたひたとせまりくる東南海地震の脅威に鑑み、阪神淡路大震災を知らぬ子供らに地震の恐ろしさ、備えを教示しようという主旨です。決して春休みのイベントとしてUSJに行く替わりに大型映像のある似たような?施設で安上がりに済まそうという訳ではありません・・・・
三宮の東、海沿い「HAT神戸」にあり西館と東館から成る立派な施設でした。やたらお金がかかっています。というか立派な施設と裏腹にお客さん少なすぎ!でありました。 あるいは平日には修学旅行者が大量に来るのでしょうか、いらぬ心配をしてしまいます。
中身は、地震を扱った西館は大型スクリーンの映像や、震災直後の街中を再現した実物大セット、あるいはおばあさんが当時のことを語り聞かせる等、いろいろ趣向を凝らして判りやすいものでした。 震災時の映像には、震災時垂水区民、被災者というには誠におこがましい私が、当時を思い出して涙がポロポロ。 次いで回った東館は風水害を主に扱っておりますが、こちらはちょっと焦点不明なイマイチのものでした。願わくば、東日本大震災の津波被害を踏まえ、津波の恐ろしさを正面から取り上げるような展示に見直して欲しいです。 東南海地震は迫っております。自然災害が人間の都合を待ってはくれないことは、耐震基準の見直しが遅れた(遅らせた?)原発災害を見るまでもありません。 事後の啓蒙活動には意味がありません。
*********************************************************




スポンサーサイト

【2011/04/06 20:56】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
「世界の傑作機 ラヴォチキン戦闘機」まったくチェックしてなかったので発売されるのを知りませんでした。
WW2のソ連機は手軽に手に入る日本語資料がなかなか無い様なので早速探したいと思います。



公試
>>パテ埋め殿
ラヴォチキンを扱った日本語の本なんて無かったですよね。 タイトルにあるとおおり、扱っている機体が液冷のLaGG3から始まって、5,7,9,そして最後は戦後の空冷層流翼の11と範囲が広いため、ハードな模型製作資料としては物足りないところもありますが、ソ連機素人にはとても面白い内容でありました。 是非に。

大震災
XJunで~す
>阪神淡路大震災…
なるほど、お子様方には誕生前の出来事なんですね。

当時東京でのらりくらりしていた左翼政権に引っ掛けて「官災大震災」、今回は「菅災大震災…」。

何とか風評被害から日常の買い物で応援したいものです。(青果物が値崩れしております)

一方、電気や水が当たり前に使えない時期を半月でも体験すると有難みがよくわかります。

被災地での鉄道の復旧のニュースを見て、保線区の方々の尽力に頭が下がる思いですし、神奈川でさえ、電車が全線走るだけで大きな安心感に繋がりました。インフラ整備の大切さと感謝の気持ちを新たにしました。

長々と失礼しました。m(_ _)m

Re: 大震災
公試
>>XJun殿
早いもので、阪神淡路の震災からもう16年になります。 おっさんにはついこの間のことですが子供らには生まれる前のことであり、また、すっかり復興した神戸の市街とあわせ何それ???といった感じです。 

東北の地が復興され、震災をいかに語り継ぐかに苦労するような日が一日も早く来んことを切に希望します。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
「世界の傑作機 ラヴォチキン戦闘機」まったくチェックしてなかったので発売されるのを知りませんでした。
WW2のソ連機は手軽に手に入る日本語資料がなかなか無い様なので早速探したいと思います。
2011/04/07(Thu) 06:01 | URL  | パテ埋め #xfEiCw62[ 編集]
>>パテ埋め殿
ラヴォチキンを扱った日本語の本なんて無かったですよね。 タイトルにあるとおおり、扱っている機体が液冷のLaGG3から始まって、5,7,9,そして最後は戦後の空冷層流翼の11と範囲が広いため、ハードな模型製作資料としては物足りないところもありますが、ソ連機素人にはとても面白い内容でありました。 是非に。
2011/04/07(Thu) 07:24 | URL  | 公試 #-[ 編集]
大震災
>阪神淡路大震災…
なるほど、お子様方には誕生前の出来事なんですね。

当時東京でのらりくらりしていた左翼政権に引っ掛けて「官災大震災」、今回は「菅災大震災…」。

何とか風評被害から日常の買い物で応援したいものです。(青果物が値崩れしております)

一方、電気や水が当たり前に使えない時期を半月でも体験すると有難みがよくわかります。

被災地での鉄道の復旧のニュースを見て、保線区の方々の尽力に頭が下がる思いですし、神奈川でさえ、電車が全線走るだけで大きな安心感に繋がりました。インフラ整備の大切さと感謝の気持ちを新たにしました。

長々と失礼しました。m(_ _)m
2011/04/07(Thu) 23:25 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
Re: 大震災
>>XJun殿
早いもので、阪神淡路の震災からもう16年になります。 おっさんにはついこの間のことですが子供らには生まれる前のことであり、また、すっかり復興した神戸の市街とあわせ何それ???といった感じです。 

東北の地が復興され、震災をいかに語り継ぐかに苦労するような日が一日も早く来んことを切に希望します。
2011/04/08(Fri) 12:36 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters