After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
B314は結構すすみました。
*********************************************************

DSC00151.jpg

DSC00153.jpg

1) 海面は・・・ まあまあのものができました。 最初つくったものは小学校の夏休みの工作レベルにしかならかならずあらためて作り直しました。 大したできではありませんが結構苦労しましたので、次回あらためて記したいと思います。

2) 桟橋は1mm角のプラ棒でつくりました。 これも次回あらためて。

3) 機体塗装  実は実機の塗装の詳細がよく判りません。機体・時期によって塗装がまちまちです。 そもそも、airfixの説明書がこれ以上無いシンプルなものであまり参考になりません。
基本的に無塗装シルバーであるのは共通ですが、ばらついていてよく判らないところは
a)主翼及び尾翼前縁の黒塗装(?)の有無
b)主翼上面、エンジンの後方の(排気汚れが目立たぬよう?)黒塗装の有無
c)主翼上面のオレンジレッドは単純に四角く塗るのか、外側のエンジンナセルのふくらみを避けて塗るのか
d)機体底面、左右の張り出し下面の黒塗装の有無
といったところです。

b)は「18601」の運用の後半だけのような気がします。
a)d)については、デカールが付属している「18605」という機体の引渡し前後の写真では塗装されてません。
c)については、後者のように塗っているモデルを良くみますが、写真で確認できません。単純に四角く塗った気体の写真しか見つけられませんでした。

結局「よく判らん」が結論です。なので、airfixの箱絵仕様とすることにしました。即ち
a)の主翼及び尾翼前縁の黒塗装は有り
b)の主翼上面、エンジンの後方の(排気汚れが目立たぬよう?)黒塗装は無し
c)の主翼上面のオレンジレッドは単純に四角く塗る
d)の機体底面、左右の張り出し下面の黒塗装は有り
です。

4) あと、残工事としては、
ア) デカール デカールを貼ったあとのクリア吹きは、グロスのクリアなら銀色の灰色化は最小限で済むというアドバイスをいただきましたので、そうしようかと。 但し、事前確認が必要です。
イ) 主翼中央の天測用?窓の製作 主翼中央に水滴型に空いた穴に付ける透明部品を紛失しております。 適当につくります。
ウ) 主翼前縁の前照灯 銀色に塗った円盤を埋め込んで瞬間でかためてみましたが、さっぱりな出来でみっともないので塗装でごまかします。
エ) 残り部品の取付 プロペラ、エンジンの補助空気取り入れ口等がのこってます。 これらはキットのパーツでよいです。 特にこだわりはありません。
オ) 操縦席の上にへんちくりんな昆虫の触角のようなものが付いています。 二式大艇では機首上げ角度を適正に保つために、目印となる櫛のようなものをつけたかと記憶しておりますが、このB314の付属品は操縦者の視点からは高い角度位置にありそうした用途ではなさそうです。何でしょうか?? まあ用途はわからんですが、細かい部品がつくと精密感もアップしようかと思います。

残り合計15時間くらいでしょうか。 なんとか4月中旬には完成しそうです。
スポンサーサイト

【2011/03/26 20:26】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


シミヤン
おお~プチディオラマいいですね~。
こういうの大好きです。
この機体はスケールはいくつでしたっけ?

144なら鉄道模型用のフィギュアが出ていますので
カラフルな乗客も再現できますよ~。
(私の4鉄道模型アルバムに一部使っていますがなんと水着のものもあります。当然老若男女一般乗客もあります。)

シルバークリアー吹きは試用されるのがいいと思いますが
前回作った飛燕は基本ベースがクレオスNo.11シルバーに
クレオスクリアー缶スプレーを吹いたもので
研ぎだしはしておらず吹きっぱなしです。



公試
>>シミヤン殿
スケールは1/144です。 Nゲージの人形が使えるようなので、トミーの安いやつを買いました。 ただ、これが現在の日本人を見事に再現したもので、ラフな格好でたるんだ姿勢のものが多いのです。 70年前に世界最新・最高の移動手段たるクリッパーに搭乗するエリート/セレブとは大分雰囲気が違います。 ちょっと頭を抱えています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おお~プチディオラマいいですね~。
こういうの大好きです。
この機体はスケールはいくつでしたっけ?

144なら鉄道模型用のフィギュアが出ていますので
カラフルな乗客も再現できますよ~。
(私の4鉄道模型アルバムに一部使っていますがなんと水着のものもあります。当然老若男女一般乗客もあります。)

シルバークリアー吹きは試用されるのがいいと思いますが
前回作った飛燕は基本ベースがクレオスNo.11シルバーに
クレオスクリアー缶スプレーを吹いたもので
研ぎだしはしておらず吹きっぱなしです。
2011/03/28(Mon) 22:50 | URL  | シミヤン #-[ 編集]
>>シミヤン殿
スケールは1/144です。 Nゲージの人形が使えるようなので、トミーの安いやつを買いました。 ただ、これが現在の日本人を見事に再現したもので、ラフな格好でたるんだ姿勢のものが多いのです。 70年前に世界最新・最高の移動手段たるクリッパーに搭乗するエリート/セレブとは大分雰囲気が違います。 ちょっと頭を抱えています。
2011/03/29(Tue) 11:02 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters