After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
 去年夏から半年に渡り続いた、とある業務も、のべ50日強の出張を終え、2月9日で一応終了、一段落しました。周りから、ヒマになったと思われるのも困りものですが、もうしばらく出張はエエです。
 この3連休は、「仕事御苦労さまでした」的大模型大会!となるはずだったのですが、空振りに終わりました。初日は家族で近場のスキー場に行きました。先週までは春近しという暖かさだったのがウソのような寒さで、寒さに震えながらのスキーとなりました。 まあ雪は良かったですが。ここまでは予定通り。 肝心の二日目(昨日)は風邪をひいてしまい、半分寝てました。何たる不覚!うまくすれば半日模型に没頭できたものを。 
 今日も寝たり起きたりで昼間は終わってしまいました。 (ベットのなかでいくらか作業できましたが) まあ、来週から仕事も気楽なものになるので、きっと夜寝る前にちびちび作業ができるのではと思っています。

****************************************************
 S-3Vikingは前回以降全く時間がさけていません。 なので昨日・今日とベッドにはいってごそごそと作業したB-314の結果をアップします。 なんとか士の字になりました。
DSC00116.jpg
ボケボケの写真ですが、撮り直すのも面倒なので。主翼上面は白く飛んでますが、一応簡単に筋彫りをしています。主翼が付くと、鰹節ないしクジラもぐっとかっこよくなりました。

 この機体の大きさを他機と比較しますと、
まずはコンステレーションを乗っけてみました。
DSC00118.jpg
 全長はコンステレーションが幾分まさりますが、主翼はB-314が(ひとまわり古臭い分)大きな面積を有します。どちらも垂直尾翼が3枚で、並べて飾ると良さ気です。 すでに3年位?熟成中のコンステレーションですが、これを機会に再開させたいものです。

 ついで、2式大艇を。これは着色済みの食玩というか簡易組み立てキットです。
DSC00119.jpg
 流石にB-314はでかいです。2式はひとまわり小型です。 ただし、速度や上昇限、航続距離等、後から出た軍用機である2式の方が優れているものと思います。

 うまく大きさが伝わりませんが、並行して製作中の1/72 Vikingと同じくらいの大きさです。ますます判らないですね。 どうやら自分はスケールによらずこれくらいの大きさの機体がちょうど良いです。子供の頃は1/48のF-4ファントムとかF-15とか、1/72の97大艇とか、1/100のB-52等どんどん作れていましたが、おっさんとなった今、4発機は72は無理という気がします。現用双発ならば72でげっぷという感じです。

 写真を撮ってみてわかったのですが、この機体とにかく座りが悪いです。完成したらばどうやって飾ったらよいやら。 わざわざ水面を作るのも面倒だし、入渠用のクレードルというかドーリーに乗った写真もありますが、それをもとにでちあげるのも気が引ける不鮮明なものでした。ちょっと困ってます。
****************************************************
主翼、尾翼、パイロン?と胴体の間にスキマが残ってますので、スキマ埋めをし、それからエンジン・カウリングを付けたのち、サフ吹きの予定です。(普段は吹かないのですが、透けてしまいそうなので今回は吹くつもりです) 3月に入ったら塗装工程に移りたいものです。
スポンサーサイト

【2011/02/13 17:05】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters