After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今朝はこの冬一番の冷え込みでした。 朝起きると、外はうっすらとした雪化粧でした。こういう日はこたつに入って模型いじりが最高ですね。しかしながら、私の模型製作場所には炬燵のみならず、暖房器具がありません・・・。

***************************************
こいつに第2回があろうとは・・・

甲板の張り直し中です。
全長を一枚で張り直すことはプラ板の長さが足りないゆえ、分割して張ることことにしました。艦首から波除けの板までが1まいめ、そこから艦中央までが2枚目、艦中央から艦尾までが3枚目です。

2枚目まで、艦の中央まで張りました。写真で、V字型に見えているのが、波除けの位置です。
DSC00093.jpg
なんかVの字の隙間がちょっと広めに残ってしまい、すり合わせ不足がみえみえです。まあ波除けがつくのでかくれるだろうと。

まだ途中ですが、綺麗に筋ぼられた甲板はやっぱりいいです。オリジナルの凸線より100倍いい感じです。
***************************************
次回は3枚目の甲板をはったときかと。 このペースでは完成ははるかに遠いです。
スポンサーサイト

【2011/01/16 12:17】 | 模型-Scharnhorst
トラックバック(0) |


XJunで~す
>シャルンホルスト...
白い甲板が目にしみます(笑)。
不器用でプラ板の切り出しさえ、ままならぬ身には「凄腕」としかいえませぬ(羨望)。

いかにも「高速戦艦」らしい船形が美しいですね。
*J.D.ポターの「高速戦艦脱出せよ」(ハヤカワ文庫)の中で、「巡洋戦艦」ではなく、あくまでも「戦艦」である、との記載がありましたねぇ。


公試
>>XJun殿
甲板はアップでみると辛いものがあるんです。 今回、キットの甲板を切り抜いた際に、船体側面の厚みが揃わなかったため、微妙な仕上がりになってます。 次回への教訓、ノウハウです(次回があるのやら??)

たしかにスマートで美しいですが、28cm砲で戦艦はなかろうと帝国海軍の末裔の端くれは思いますねえ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>シャルンホルスト...
白い甲板が目にしみます(笑)。
不器用でプラ板の切り出しさえ、ままならぬ身には「凄腕」としかいえませぬ(羨望)。

いかにも「高速戦艦」らしい船形が美しいですね。
*J.D.ポターの「高速戦艦脱出せよ」(ハヤカワ文庫)の中で、「巡洋戦艦」ではなく、あくまでも「戦艦」である、との記載がありましたねぇ。
2011/01/17(Mon) 22:15 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
甲板はアップでみると辛いものがあるんです。 今回、キットの甲板を切り抜いた際に、船体側面の厚みが揃わなかったため、微妙な仕上がりになってます。 次回への教訓、ノウハウです(次回があるのやら??)

たしかにスマートで美しいですが、28cm砲で戦艦はなかろうと帝国海軍の末裔の端くれは思いますねえ。
2011/01/18(Tue) 16:57 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters