After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
そうそうVikingに進捗があるはずがありません。

(本文中の写真は全てネットからの拾いものです。勝手に使ってます。面倒なので自分で写真は撮ってません。)

*******************************************************
1)キットを買いました。ハセガワSH-60。 なぜに? 魚雷が欲しかったのです。製作中のバイキングの武器庫にMk46魚雷をぶら下げようと思いまして。武器庫が再現されていないキットには当然、そのパーツはありません。
1/72で魚雷ってないかなあと会社帰りに、「唯一関西資本の家電量販店」の模型フロアで物色した結果、SH-60に対潜魚雷がぶら下がっていたのでSH-60に千円を投じたわけです。
持ち帰って開封、  合せてみると、長さはばっちり、但し細い!?!?
私はてっきりφ466だと思い込んでいたのですが、φ326
まあええかっ。
SH60H.jpg

2)アーマーモデリング12月号 付録キット89式戦車の2回目です。今回は細かいパーツが多く、面倒臭そうという気が先行し、まだ着手していません。vikingの息抜きに作ろうと思います。すっかり雑誌社の思うつぼです。
AM12.jpg


3)ネービーヤード2010秋号 帝国海軍の巡洋艦特集! 以前のネービーヤード誌は、特定の海戦を特集のテーマとしていたと思うのですが、いつの間にやらベタなテーマになってました。まあ、素人にはその方がとっつきやすいですが。ただ、次号は「帝国海軍の戦艦」とはちょっと安易過ぎないかとおもいます。
特集ではないのですが、矢萩登氏の戦後の米海軍の巡洋艦が取り上げられています。素晴らしい作品が並ぶ本誌においても別格の仕上がりでびっくりします。 やたらエッチングで微細な工作を強調したような作品が闊歩する今日この頃ですが、氏の作品は微細でありながら落ち着きがあるというか品があるというか、何かが根本的に違います。  
NY.jpg

4)さらには、艦船模型スペシャルも。 アドミラルヒッパー級をはじめとする独艦特集です。ああ、やっぱしドイツの戦艦・巡洋艦はええですなあ。 
艦船

5)こうなるといよいよ自分も一発!と思い新しいキットをとも思いましたが、作りもしないストックがいつの間にか、足柄、摩耶、加古、米艦で3艦ばかし(名前はパッと出ません)、独艦でシャルンホルスト、プリンツオイゲン、ビスマルクとあり、(他にも護衛空母とリュウジョウか・・) いまさらなあという冷静な気持ちから購入を止め、代わりに三笠用にデティールアップパーツを買いました。 艦艇ではこれをリストの一番前に置き今後完成を目指すことにします。
パーツ

なんやかんや言いながら結構買いものしてるなあと、ちょっと我ながら呆れます。ちょっとは頑張って作らねば。

5)このブログもはや4年!になります。4年前の2006年というと小泉首相から安倍首相に代わった年であり、ドイツでワールドカップがあった年です。小泉→安倍→麻生→鳩山→菅と首相を並べてみると成る程、4年の長さ(4年で首相が5人という情けなさ・・・)を感じます。 ほぼ模型ネタに限った内容にしてはよく続いているなあと自分でも感心します。 

さて、Hawker-Typhoonの「番外編」ですが、ハセガワからJMC2次審査通過の葉書が届きました。 今年は葉書の到着がこれまでより遅くひやひやしました。 製作途中励ましてくださった皆様、誠にありがとうございました。
今週末の土日、東京は浜松町にて各賞の発表、展示ということです。私自身は12月に(例年の如く嫁子供を引連れて)大阪に行こうと思っています。 


スポンサーサイト

【2010/11/15 15:58】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


シミヤン
SH-60は海自機にしようとして挫け放置してあります(笑)

矢萩登氏の作品は私見好きです。
適度な流用パーツと自作パーツの混在
それもバランスよく見る者を楽しませ感心させてくれると思います。
どこぞのアフターパーツてんこ盛りだけの軽い作品とは違うような…・
おっと、人さまのところでこれは以下略です。


艦スペ...
XJunで~す
先日は、弊ブログにコメントありがとうございました。
艦スペは丁度巡洋艦祭りでT社のPrinz Eugenを作ろうと思っていたので、喜んで(!?)買いました。

昔「燐寸箱」かどっかの1/720(それしかなかった)のキットをHJ誌の記事を元にチャンネルダッシュ仕様に化かそうとして、挫折したので、ん十年ぶりにリベンジを狙っております。

艦スペのように艦船でも工作記事があると何だか「ホッ」とする今日この頃...(笑)

※ 今年は日程をダブルブッキングしてしまい、JMC(更新を忘れてたみたいです)には行けません。せっかくのタイフーンを見たかったんですが、あいすみません。


公試
>>シミヤン殿
矢萩氏の作品は別格というか別次元ですね、エッチングのうるささがなくプラパーツとなじんでいて素晴らしい仕上がりです。
その秘密を得ようと日々穴が開くように写真を見ていますが、まだ成果はありません。


公試
>>XJun殿
私はタミヤのプリツンオイゲンが出た際、途中で挫折しております。 ビスマルクがドラゴンとピットロードとアオシマの3社競作となった折にドラゴンとピットロードのものを購入、着手しましたが、これも挫折しました。挫折の繰り返しです。
いつか、リベンジをと思っております。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
SH-60は海自機にしようとして挫け放置してあります(笑)

矢萩登氏の作品は私見好きです。
適度な流用パーツと自作パーツの混在
それもバランスよく見る者を楽しませ感心させてくれると思います。
どこぞのアフターパーツてんこ盛りだけの軽い作品とは違うような…・
おっと、人さまのところでこれは以下略です。
2010/11/20(Sat) 00:10 | URL  | シミヤン #X5uZHKEA[ 編集]
艦スペ...
先日は、弊ブログにコメントありがとうございました。
艦スペは丁度巡洋艦祭りでT社のPrinz Eugenを作ろうと思っていたので、喜んで(!?)買いました。

昔「燐寸箱」かどっかの1/720(それしかなかった)のキットをHJ誌の記事を元にチャンネルダッシュ仕様に化かそうとして、挫折したので、ん十年ぶりにリベンジを狙っております。

艦スペのように艦船でも工作記事があると何だか「ホッ」とする今日この頃...(笑)

※ 今年は日程をダブルブッキングしてしまい、JMC(更新を忘れてたみたいです)には行けません。せっかくのタイフーンを見たかったんですが、あいすみません。
2010/11/20(Sat) 09:06 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>シミヤン殿
矢萩氏の作品は別格というか別次元ですね、エッチングのうるささがなくプラパーツとなじんでいて素晴らしい仕上がりです。
その秘密を得ようと日々穴が開くように写真を見ていますが、まだ成果はありません。
2010/11/21(Sun) 17:13 | URL  | 公試 #-[ 編集]
>>XJun殿
私はタミヤのプリツンオイゲンが出た際、途中で挫折しております。 ビスマルクがドラゴンとピットロードとアオシマの3社競作となった折にドラゴンとピットロードのものを購入、着手しましたが、これも挫折しました。挫折の繰り返しです。
いつか、リベンジをと思っております。

2010/11/21(Sun) 17:49 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters