After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
先日の、「スケールアビエーション、アーマーモデリングを買いました」の続きです。
(本記事は10/17に予約投稿したものです)
*************************************************
1.アーマーモデリングのおまけの「89式」を組みました。

本来は、再販のない希少キットということになるのでしょうが、私には雑誌の値段をつり上げる存在に過ぎず、なんの躊躇もありません。さっさと組んでしまいました。

IMG_1007.jpg

IMG_1008.jpg

それにしても、良くできたキットでした。 箱組の車体がピタピタ組みあがっていきます。それにしても変な形の車体です。確かに箱組でないと再現は難しいかもと思いました。 このへんちくりんな車体を組むのに2時間かかりませんでした。すり合わせ的な個所は全くなく、ゲートとパーティングラインの処理だけでした。

先日は「なんで89式か?」とずいぶん否定的なことを書きましたが、食わず嫌いであったというか、すこぶる楽しめました。 次号、次次号も買って完成させてやろうという気持ちになってきました。すっかり大日本絵画のに術中に陥っています。

2.もう一冊、モデルアートの増刊「空母プラモの作り方」という本を買いました。 少し前に大日本絵画からも「1/700空母の作り方」という本が出ていますが、これが四〇〇〇円オーバーという高価な本で、残念ながらパスしました。bいっぽうでこちらは二〇〇〇円しない、普通の値段です。内容はぐっと平易な内容で、若干物足りない部分もありますが、最近の超絶な完成模型で頭でっかちになっているものの、子供の頃の素組以来空母なんぞ完成させたことがない私には、実はちょうどよいレベルです。
kuubo.jpg



スポンサーサイト

【2010/10/20 16:42】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

「空母プラモの作り方」...
XJunで~す
ボクもこれを買おうか、買うまいかと書店で踊ってしまいました(爆)。
MA社の雑誌や別冊は「超絶」ではなくて、ビギナーから普段の趣味で作る人にとって「これならちょっと試してみよう、挑戦してみよう」と思わせる良い記事が多いですね。


公試
出張から戻ってまいりました(10/26)

>>XJun殿
フジミからは赤城に続いてタイホウやショウカク(どちらも変換されません;)がでるようですね。なんとか本書にある空母の作り方の基本をマスターしてモノにしたいです。 
但し、本書を出張に携えていったのですが、読み物としては物足りませんでした。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「空母プラモの作り方」...
ボクもこれを買おうか、買うまいかと書店で踊ってしまいました(爆)。
MA社の雑誌や別冊は「超絶」ではなくて、ビギナーから普段の趣味で作る人にとって「これならちょっと試してみよう、挑戦してみよう」と思わせる良い記事が多いですね。
2010/10/23(Sat) 19:43 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
出張から戻ってまいりました(10/26)

>>XJun殿
フジミからは赤城に続いてタイホウやショウカク(どちらも変換されません;)がでるようですね。なんとか本書にある空母の作り方の基本をマスターしてモノにしたいです。 
但し、本書を出張に携えていったのですが、読み物としては物足りませんでした。
2010/10/26(Tue) 22:58 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters