After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
来週からまた死のロードたる出張なので、それまでに更新をば。

******************************************************
雑誌を買いました。スケールアビエーションとアーマーモデリングの両誌です。すっかり大日本絵画にだまされております。
1)SAはスホーイフランカーの特集でした。まさに特集と呼ぶにふさわしい、前から後ろまでフランカーでした。フランカーのことはさっぱりわからない私ですが、作例にこめた気合は十分伝わるものがあります。

その中でも冒頭の中国人モデラー(?)の作例は白眉でありました。 尖閣諸島に対する中国政府のやくざのような行為ならびにこれを支持する反日教育に染め上げられた一部人民の振る舞いには怒り心頭でありますが、それはそれとして、一人のモデラーとして素晴らしい作品には素直に敬意を表するところです。
作例にもまして驚いたのはその製作環境で、使用する工具・マテリアル・アフターパーツ等、日本のモデラーと変らんですね。また、エアフィックスのキットを母体ににハセガワの良い所を移植する作り方も西側的?と感じました。 この方が海外製品をふんだんに使用できる、いわゆる富裕層に属するまれな方なのか、あるいは都市部の中国人モデラーは押並べてそうなのかわかりませんが。 

ストリークイーグルのような記録挑戦機も力が入ってました。実機は全く知らんのですが、見事なかっこいい作例でありました。 PAK-FAもありました。ちょっと急いで仕上げた風ではありましたが、実機の雰囲気、特に前のめりな駐機スタイルはばっちりでした。

メッサー・フォッケ最高!、帝国陸海軍機万歳!な(私のような)おっさんモデラーを振り切った今回の内容は非常に新鮮で楽しめました。 速報されていた、ハセガワがカナードのついたSu33を72で新規開発するというニュースもそうですが、とにかく、あまりにコアなおっさんモデラーはひとまず置いておいて、若い世代、世界に目を向けてほしいものです。
ハセガワのSu33については、なるべくシンプルに安く仕上げてもらいたいです。 ハセガワはラファールもタイフーンもグリペンもF-22(48は出ましたが)もF-35も、新鋭機はほとんどモデル化していないので、この辺で体勢を立て直してもらいたいものです。

2)アーマーモデリングは帝国陸軍の八九式中戦車乙型が3回分割で付録ということでえらく高かったです。 SA,AMで4千円オーバーというのは、模型のほか無趣味でキットをほとんど買わないモデラーにしても、しんどいものです。(MG誌がファインモールドの零戦52型を付録につけるとの記事がSA誌にありました。 またか・・・もうええって・・)

ただ、89式では若い人、出戻りを集客できるとも思えず、結局コアなファンからむしりとるだけのように思えます。 個人的には48の10式(72でも可)のほうが、100倍うれしいです。(と、書いていたら、東京ホビーショーで当のファインモールドが72で10式を出すとの発表があったそうですね!!)

以 上
スポンサーサイト

【2010/10/14 21:08】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

SAとAM
ムー
年末まではアーマーの値が張りますね
しかしながら一般流通が無いのであれば希少価値ですよ
先月の関西AFVの会の席上ファインモールド社の鈴木社長にお会いできたのでその辺の話を聞くと
一般流通は無いと断言されてましたね
今月のスケビは読み応えありありでしたね
スホーイに詳しくない私にはバイブルの様な一冊でした


公試
>>ムー殿
89式、キットとしては良く出来てるようですし、形も面白いし、他にないし、・・・なんですが、そんな風に肯定的に受け止めてくれるのはコアなおっさんだけじゃないのかなあと危惧します。

一般流通は無しと希少価値を訴えるところも、例えば映画がロードショー、セル、レンタル、と3度おいしい商売をしているように、一般発売は1年後、等と時差をもうけ、1年後に雑誌発売の大量生産で元が取れた金型で格安に発売!というやり方のほうが、誰にとっても良いのではと思います。1年なら皆雑誌を買わずに待ってしまうというなら2年でも3年でもいいですけど。

スホーイは良かったですね、キットが欲しくなりました!


Fighting Hannah
SA誌のフランカー特集、公試さんの記事を拝見して、興味が沸いてきました。ソ連機はSU-7~MIG23くらいまでの興味範囲なので今回の特集には興味が持てなかったんです(新鋭機ファンの方にはすみません!(汗;))

AM誌の89式戦車にも”限定!”という点からとっても惹かれてるんですが、価格の点(それでもこの価格で手に入れられるのはすごいんでしょうね♪)と、何より私が買っても果たしてAFVを作るのか?という点で躊躇しています(^^;)。
同じ89式でも”艦攻”でヨンパチスケールだったら、黙って3つは買っちゃうんですけど...(製作用、保存用、予備用って(爆;))。

とりとめのないコメですみません!(^^;)


公試
出張から戻ってきました(10/26)

>>Fighting Hannah殿
私も本来の興味範囲はMigなら21から27、Suなら15,22,24というところです。
27みたいな最近の機体・・と思いますが27自体既に20年選手なんですよね。 体内時計はすっかり止まっています。

89式は結構楽しめたので、なんだかんだいいながら最後まで買いそうです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
SAとAM
年末まではアーマーの値が張りますね
しかしながら一般流通が無いのであれば希少価値ですよ
先月の関西AFVの会の席上ファインモールド社の鈴木社長にお会いできたのでその辺の話を聞くと
一般流通は無いと断言されてましたね
今月のスケビは読み応えありありでしたね
スホーイに詳しくない私にはバイブルの様な一冊でした
2010/10/15(Fri) 23:26 | URL  | ムー #hyrIbYYQ[ 編集]
>>ムー殿
89式、キットとしては良く出来てるようですし、形も面白いし、他にないし、・・・なんですが、そんな風に肯定的に受け止めてくれるのはコアなおっさんだけじゃないのかなあと危惧します。

一般流通は無しと希少価値を訴えるところも、例えば映画がロードショー、セル、レンタル、と3度おいしい商売をしているように、一般発売は1年後、等と時差をもうけ、1年後に雑誌発売の大量生産で元が取れた金型で格安に発売!というやり方のほうが、誰にとっても良いのではと思います。1年なら皆雑誌を買わずに待ってしまうというなら2年でも3年でもいいですけど。

スホーイは良かったですね、キットが欲しくなりました!
2010/10/16(Sat) 09:42 | URL  | 公試 #-[ 編集]
SA誌のフランカー特集、公試さんの記事を拝見して、興味が沸いてきました。ソ連機はSU-7~MIG23くらいまでの興味範囲なので今回の特集には興味が持てなかったんです(新鋭機ファンの方にはすみません!(汗;))

AM誌の89式戦車にも”限定!”という点からとっても惹かれてるんですが、価格の点(それでもこの価格で手に入れられるのはすごいんでしょうね♪)と、何より私が買っても果たしてAFVを作るのか?という点で躊躇しています(^^;)。
同じ89式でも”艦攻”でヨンパチスケールだったら、黙って3つは買っちゃうんですけど...(製作用、保存用、予備用って(爆;))。

とりとめのないコメですみません!(^^;)
2010/10/20(Wed) 21:24 | URL  | Fighting Hannah #-[ 編集]
出張から戻ってきました(10/26)

>>Fighting Hannah殿
私も本来の興味範囲はMigなら21から27、Suなら15,22,24というところです。
27みたいな最近の機体・・と思いますが27自体既に20年選手なんですよね。 体内時計はすっかり止まっています。

89式は結構楽しめたので、なんだかんだいいながら最後まで買いそうです。
2010/10/26(Tue) 21:14 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters