After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
予約投稿です。 仕事が順調に進んでいれば、今頃ヒーヒー言いながら駆けずり回っていることでしょう。

**************************************************************************

出張中(のはず)です。 出張先ではプライベート無し、10日間ぶっ通しの仕事で途中の休日もなし、なので買い物にも行きようがなく模型ブログとしてネタに苦しむ訳ですが、前回の古デカールの続きでお茶を濁します。

貧乏性故、古ーいデカールを捨てずにとってあります。 将来何かの役に立つかも・・と考えてのことですが、賞味期限はすっかり過ぎており、昔を懐かしむ癒しアイテムとしてのみの存在です。

1)すっかり変色した「ハセガワデカール」です。その昔、ハセガワが別売デカールを販売していました。 メッサー109のE型、F型用です。 切れ端もあることから、何機か使ったようです。 たしか、F型黄の14を筆塗りで作ったようなおぼろげな記憶があります。
IMG_0906.jpgハセガワデカールはフォッケ190用も残っています。 ハセガワの72、メッサーとフォッケはどちらも数機作ったかと思います。

2)これは5000機めのファントムです。
IMG_0907.jpg
ハセガワE型のバリエーションとして、主翼に自動フラップだったかのモールドが追加された、真っ白なパーツ色のキットでした。デカールがまったく使われた形跡がなにのは、たしか機首におもりがわりにタミヤパテを詰めて胴体を閉じたために、1週間くらいして機首がふにゃふにゃになってそのまま廃棄したからでした。きれいなデカールだけ残りました。

3)モノグラム48のA-4の残りです。デカールに日本語が印刷されているのは、当時バンダイが販売していたからでしょうか。
IMG_0908.jpg
こんなゴミみたいなデカールの切れ端にはデカールとしての価値はさすがにありませんが、懐かしくて捨てられません。 このキットはグンゼの缶スプレーを使って完成したはずです。

4)これは、タミヤのF-16です。赤・青・白の試作機?でした。 
IMG_0909.jpg
マスキングをして赤を筆塗りしたのですが、境界が滲むわ、赤は斑になるわ、でがっかりな出来で途中放棄したはずです。あの頃の自分に「3色共、缶スプレーを使えはいいよ」と助言してやりたいです。 さて、問題はなぜに2枚デカールがあるのか、という点です。当時2個も買った記憶はないのですが、なぜでしょうか? 

5)同じくタミヤのF-15です。たしかZZで完成させ、ストリークイーグルのデカールが残ったものです。
IMG_0910.jpg
友人から譲ってもらったオリンポス「ヤング88」にボンベを付けて初めてブラシで迷彩した、模型人生のエポックとなるキットでした。 しかしながらフリーハンドの迷彩があまりにボケボケでぱっとせず、「おかしいなあ、エアブラシをつかったら模型誌の作例のようになるはずなのに??」という気持ちが残りました。

**************************************************************************
9/22に帰ってくる予定です。 そのころには朝晩すっかり涼しくなっているでしょうか。
スポンサーサイト

【2010/09/19 09:41】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

ヤング88...
XJunで~す
>オリンポス ヤング88...
懐かしい響きです。当時はエアブラシは高価で、このヤング88でエアブラシを始めた方も多かったのではないでしょうか。

確か0.5mm径で、私はこれで戦車の迷彩を吹きましたが、本体購入時についてきたテスト吹きのように細く吹けず、やはりがっかりした記憶があります。

塗料の種類や濃度、作業をする環境の温度・湿度など、結局数をこなして憶えていくものだとこの10年くらいで悟りました(自爆)。

ちなみに、「ヤング88」の商品名はパテントの関係でもう使えないのですが、ほぼ同型のものがイワタかどこかから、現在"準復刻版"的に発売されているようですね。


シミヤン
やはり未使用や余分デカールを捨てずに取っておかれておられましたか。
ウチにも結構取ってあります。黄ばんでいるのは当たり前。
中には何のデカールか、またサイズは何なのか分からなくなっているものもあります(笑)

でも例えばWWⅡのイタリア機国籍マークなんて捨てられないんです(爆)


公試
出張から帰ってきました。

>>XJun殿
エアブラシといえども、最初はなかなかうまく使えなかったですね。 学生になって、PC-101を買い、コンプレッサーを買って、エア缶の心配が無くなって初めて使える道具になった記憶があります。  ネットで調べるとオリンポス社は営業を停止されているようですね。 残念至極です。

>>シミヤン殿
変わった国籍マークは捨てられませんね!
もっとどうしようもない端くれデカールもあります。 絶対に使いようが無い端くれで、自分でもどうしようとしたのか分かりません。 恥ずかしながら次の機会に開陳しようと思います。 


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ヤング88...
>オリンポス ヤング88...
懐かしい響きです。当時はエアブラシは高価で、このヤング88でエアブラシを始めた方も多かったのではないでしょうか。

確か0.5mm径で、私はこれで戦車の迷彩を吹きましたが、本体購入時についてきたテスト吹きのように細く吹けず、やはりがっかりした記憶があります。

塗料の種類や濃度、作業をする環境の温度・湿度など、結局数をこなして憶えていくものだとこの10年くらいで悟りました(自爆)。

ちなみに、「ヤング88」の商品名はパテントの関係でもう使えないのですが、ほぼ同型のものがイワタかどこかから、現在"準復刻版"的に発売されているようですね。
2010/09/19(Sun) 19:59 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
やはり未使用や余分デカールを捨てずに取っておかれておられましたか。
ウチにも結構取ってあります。黄ばんでいるのは当たり前。
中には何のデカールか、またサイズは何なのか分からなくなっているものもあります(笑)

でも例えばWWⅡのイタリア機国籍マークなんて捨てられないんです(爆)
2010/09/19(Sun) 23:11 | URL  | シミヤン #X5uZHKEA[ 編集]
出張から帰ってきました。

>>XJun殿
エアブラシといえども、最初はなかなかうまく使えなかったですね。 学生になって、PC-101を買い、コンプレッサーを買って、エア缶の心配が無くなって初めて使える道具になった記憶があります。  ネットで調べるとオリンポス社は営業を停止されているようですね。 残念至極です。

>>シミヤン殿
変わった国籍マークは捨てられませんね!
もっとどうしようもない端くれデカールもあります。 絶対に使いようが無い端くれで、自分でもどうしようとしたのか分かりません。 恥ずかしながら次の機会に開陳しようと思います。 
2010/09/23(Thu) 10:11 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters