After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
きょうから会社は夏季休暇4連休です。 学校の夏休みに合わせてくれているのですが、中学生の長子はクラブとかで、せっかくの連休ながら旅行にも行けません。 なので模型をいじっています・・・・

**********************************************
スミ入れがほぼ終わりました。

今回、明るめの色でリベットにスミ入れしてみました。 これは翼の付け根などに見られるリベット部の塗装剥がれと相性が良いかと考えてのトライです。  結果・・・失敗でした。ガサガサした感じにしか仕上がりそうにないのであきらめました。

あきらめて、いつも通りの暗めの色でスミ入れしました。
全体
IMG_0683.jpg
つやがまちまちでカッコ悪いです。最終的にはかなりつやつや方向にまとめるつもりです。
ちなみに、翼端灯を撤去しました。マスキング塗装が終わって全てのテープを剥がしてみると、翼端灯が左右とも曇ってまして、原因は不明ですが、仕方なく撤去しました。 いずれ作り直します。 周辺部の塗装もやり直しになるのがなんとも憂鬱です。

これもつやがまだらでスミ入れというか、汚しが実物以上に強調されすぎています。
IMG_0684.jpg 
実物はもう少し落ち着いた感じです。
実は、主脚はタイヤ無しで脚柱・脚カバーのみ、接着してしまいました。 どんどん部品を付けて行ったほうがモチベーションが上がります。

このアップはマットな感じでかっこいいですね。 艶消し仕上げもよいかも。吹きつけしたTP-Qがいい感じです。
IMG_0694.jpg

ちょっと今回はしつこくスミ入れ/汚しをしています。 なにぶん、この英国機の塗装は色めが多くてチンドン屋みたいになってしまうので、派手に汚さないと逆に落ち着いた感じになりません。
IMG_0689.jpg

下面はこんな感じです。
IMG_0688.jpg

今回はいわゆる暗色立ち上げはボケ幅が大きくなりすぎるかなあと考えてやっていません。
**********************************************
このあと、タイヤをつけ、フラップを付け・・・ どんどん付けていきます。もう少しのようですが、まだ作っていない部品も結構残ってまして、のこり30Hくらいと思います。40回での完成は難しくなってきました。
スポンサーサイト

【2010/07/22 18:08】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


ハヤテ
破綻の無いデティールは流石です(羨)

コクピツト下の作り込み、ガンベイも見事ですね。

秀作を見ると嬉しくなります♪


公試
>>ハヤテ殿
「破綻のないデティール」というより、「アラが写っていない写真」というほうが正確です; 写真で見ると気付かなかったアラとか取付角度の傾き等を発見してびっくりすることがあります。 今回の記事も一部アングルは問題あり、自主規制しました・・・

インベイジョン・ストライプ
XJunで~す
製作お疲れさまです。
妙なディティールへのコメントで失礼します。
インベイジョン・ストライプが綺麗にキマっていますね。
黒の部分も黒すぎず(?)自然な感じです。

それと基本的な質問なんですが、英軍機の迷彩って不思議な配食ですね。最初の頃のアース/グリーンとか、アフリカのアース/ミドルストーンとかは何となく、地上の色に合わせているように思えるんですが、グレー/グリーンていうのが理解できません。

もっとも、ドイツ軍機のグレー系迷彩も不可解ですが...(w)。


公試
>>XJun殿
黒はだいぶ白くしたつもりですがまだまだ黒かったです。
英機の迷彩は色もパターンもびしっと決まっていて、現場適宜というのはほとんどないですね。 ドイツ機のグレー系はもうばらばらですが。 
グレー/グリーンの色目はジェットにも使ってましたっけ?? イギリスの風景にマッチしているようには思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
破綻の無いデティールは流石です(羨)

コクピツト下の作り込み、ガンベイも見事ですね。

秀作を見ると嬉しくなります♪
2010/07/25(Sun) 00:17 | URL  | ハヤテ #-[ 編集]
>>ハヤテ殿
「破綻のないデティール」というより、「アラが写っていない写真」というほうが正確です; 写真で見ると気付かなかったアラとか取付角度の傾き等を発見してびっくりすることがあります。 今回の記事も一部アングルは問題あり、自主規制しました・・・
2010/07/25(Sun) 08:26 | URL  | 公試 #-[ 編集]
インベイジョン・ストライプ
製作お疲れさまです。
妙なディティールへのコメントで失礼します。
インベイジョン・ストライプが綺麗にキマっていますね。
黒の部分も黒すぎず(?)自然な感じです。

それと基本的な質問なんですが、英軍機の迷彩って不思議な配食ですね。最初の頃のアース/グリーンとか、アフリカのアース/ミドルストーンとかは何となく、地上の色に合わせているように思えるんですが、グレー/グリーンていうのが理解できません。

もっとも、ドイツ軍機のグレー系迷彩も不可解ですが...(w)。
2010/07/25(Sun) 21:20 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
黒はだいぶ白くしたつもりですがまだまだ黒かったです。
英機の迷彩は色もパターンもびしっと決まっていて、現場適宜というのはほとんどないですね。 ドイツ機のグレー系はもうばらばらですが。 
グレー/グリーンの色目はジェットにも使ってましたっけ?? イギリスの風景にマッチしているようには思います。
2010/07/26(Mon) 12:12 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters