After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
台風か!?というような大雨による湿度100%な空気に囲まれて、夏を前に夏バテ、ぐったりしています。地球温暖化とやらによる雨・酷暑のせいか、あるいは単に歳を重ねてだいぶヘタってきたのか。

typhoonは塗装に着手しました。
**********************************************
まず小物。タイヤを塗りました。特にコメントなし。
DSC00035.jpg

主脚柱、カバーも塗りました。
DSC00036.jpg
ブレーキパイプは糸半田で作りました。見難いですが、カバーの内側にはリベットを打ち、主脚柱のトルクリングはドリルで軽め穴を開けました。

機銃ベイのカバーが出来ました。様子を見るため暗めの色を吹き付けてみました。 
DSC00038.jpg
バキュームでキットパーツのバルジを写し取って・・・ という手法はイマイチでした。キットのバルジはどうも位置が正確でなく外側にずれているようで、カバー内側のリブを再現しようとすると矛盾が生じます。あと1~1.5mm内側が正解と思います。このため、写し取ったバルジは足かせになるばかりでした。 こうやって見るとそもそもバルジを写し取った意味があったのかどうかも疑わしいです。

そして、機体の塗装に着手しました。下面色は吹き終わりまして、現在上面の1色目途中です。途中というか、ここで今週の作業はタイムアップ、続きは来週です。リベットが埋まるのを嫌ってサーフェイサーは使っていません。なので塗装しながら傷取りをするという強引な進め方です。
DSC00039.jpg DSC00040.jpg

今回のtyphoonは下面1色、上面2色の迷彩はそんなに難しくないと思うのですが、マーキングも塗装で仕上げようとしてまして、3色のラウンデル、赤色の識別コード、さらには胴体・主翼下面の白黒帯、主翼前縁の黄色と、どんな順番で作業していけば悩むところです。マスキングの手間やら発色などいろいろ考慮すべきポイントはありますが、今回はごくシンプルに、迷彩→ラウンデル→白黒帯→前縁黄色、識別コード と言う感じで、全体から細部という流れで進めていこうと思います。
7月中に塗装を終えたいところです。
スポンサーサイト

【2010/06/28 12:05】 | 未分類
トラックバック(0) |


Spitfire Mk.24
あれ?Yahoo!ブログのマイページの新着をクリックしたらこちらに来ました。外部ブログの更新情報も出るんですねぇ。今まで気がつきませんでした(^_^)
マーキングも全部塗装とは楽しみですね!完成楽しみに読ませていただきます。


公試
>>Spitfire Mk.24殿
せっかくリベットを打ったんでやっぱりマーキングも塗装でしょう、と思ったのですが、胴体のラウンデルなんぞ四重丸という過酷さです。 かなりびびってます。やっぱりデカール、ということもあり得ます。
完成は、たぶん、8月中頃じゃあないでしょうか(ずるずる遅くなってます)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あれ?Yahoo!ブログのマイページの新着をクリックしたらこちらに来ました。外部ブログの更新情報も出るんですねぇ。今まで気がつきませんでした(^_^)
マーキングも全部塗装とは楽しみですね!完成楽しみに読ませていただきます。
2010/06/28(Mon) 18:03 | URL  | Spitfire Mk.24 #-[ 編集]
>>Spitfire Mk.24殿
せっかくリベットを打ったんでやっぱりマーキングも塗装でしょう、と思ったのですが、胴体のラウンデルなんぞ四重丸という過酷さです。 かなりびびってます。やっぱりデカール、ということもあり得ます。
完成は、たぶん、8月中頃じゃあないでしょうか(ずるずる遅くなってます)
2010/06/29(Tue) 07:44 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters