After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
塗装にむけて下ごしらえを進めています。
*******************************************************
1)筋彫りの修復をしました。 主翼端の翼端灯付近や垂直尾翼前縁はかなり削り込んだので、もともとの筋彫りが消し飛んでしまいました。ので面倒なRの筋彫りを施しました。わざわざ雲形定規でゲージを作っての作業です。 面倒臭さ。

2)右翼の着陸灯カバーに筋彫りをしました。これで上記の修復をあわせ、筋彫り作業は終了のはずです。

3)失敗したまま放置していたリベット列をサーフェイサーで埋めました。

以上で、塗装に向けた残作業は終了のはず、・・・でしたがどうにも居心地が悪い、このまま塗装に移るのはいかがなものか、と内なる声がします。 何がひっかかっているかというと、翼端灯です。こんなものと自分に言い聞かせていたのですが、いよいよ塗装となってイマイチな仕上がりがどうにも許せなくなってきました。

なので、昨日(土曜)、意を決し剥ぎとってしまいました。これで塗装着手は後送りとなりましたが、気持ち的にはスッキリしました。

********************************************************
さて、塗装パターンは、赤スピナーで白黒帯があって・・という機体を探しておりましたらば、

これなんかかっこいいなあ、と。
tp-q2jpg.jpg(無断転載につき問題含み)

実はこのTP-Qという機体はハセガワからそのものずばりのデカール替えが出ていたよう。いわゆるorzというやつでしょうか。

オークションでこれを探すのも大変なので、コードレターをどうするかは後回しにして、この機体の情報をネットで探していると、塗装パターン図がありました。

tp-q.jpg(これまた無断転載につき問題含み)

これはなにかというと市販されているマスキングパターンの説明図でした。おお、これは良いものを見つけた、ということで、さっそくネットで注文しました。はるばるアメリカから1週間ほどで届きました。 図の2パターンの機番、ラウンデルのマスキングシートが送料込で2千円程。海の向こうから届くにしては安いものの、やはりちょっと高いか。カッティングマシンを持ってられる方ならば自分で作る程度のものでしょうが、そんなマシンも知恵も持ち合わせていない私にはまずはありがたいです。 こういったものは一度も使ったことがないのでどうなるかわかりませんが。

翼端灯の再製作で機体塗装を後回しにしたのですが、できることを見つけて、というわけでプロペラを塗装しました。
DSC00013.jpg
着陸灯カバーはマスキングして、下面色を翼前縁に吹きつけ、様子をみています。工作中の翼端灯も写ってますね。肝心のプロペラは、実はプロペラ端の黄色を忘れていました。 がっかり。

********************************************************
ここまでの進捗状況ですが、昨年10月に着手して以来8ヶ月!!!を経過しています。いくら4,5月がスランプであった(←過去形で語るほど復調したわけではありませんが)とはいえ、時間かけ過ぎです。現時点で75%の工事消化率。全体工数は当初160Hくらいに抑えるつもりが現時点の見積で220Hまで膨れ上がっています。プロジェクト管理としては失敗の部類です。
スポンサーサイト

【2010/06/20 10:57】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


JW
すごい作り込みですね・・・・・・・。

昔48作ってた時はこういう事
一生懸命トライしてたような・・・・・。

今じゃ楽な72に逃げてますが・・・・・・・。

がんばってください!


公試
>>JW殿
排気管より下のパネルを開けた作例というのは48ではちょっとないんじゃないかと。 誰もやったことのない(であろう)工作は楽しいものです。

48はしんどいですが、JW殿の素晴らしい72作品を見ていると72も決して楽な風には見えないです。

最近、老眼が始まりまして、いつまでこのスタイルが続けられるのかなあと感じてます。以前は細部工作は眼の眼鏡を外したほうがラクくらいだったのが、最近は外さないとまともな工作になりません。 辛いっす。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごい作り込みですね・・・・・・・。

昔48作ってた時はこういう事
一生懸命トライしてたような・・・・・。

今じゃ楽な72に逃げてますが・・・・・・・。

がんばってください!
2010/06/22(Tue) 22:32 | URL  | JW #jSBoJ0Ww[ 編集]
>>JW殿
排気管より下のパネルを開けた作例というのは48ではちょっとないんじゃないかと。 誰もやったことのない(であろう)工作は楽しいものです。

48はしんどいですが、JW殿の素晴らしい72作品を見ていると72も決して楽な風には見えないです。

最近、老眼が始まりまして、いつまでこのスタイルが続けられるのかなあと感じてます。以前は細部工作は眼の眼鏡を外したほうがラクくらいだったのが、最近は外さないとまともな工作になりません。 辛いっす。
2010/06/23(Wed) 07:39 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters