After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
スランプから脱出すべく製作の進捗をまめに記事にしていきます。

******************************************************
主翼の機銃を作りました。へんなところでかなり苦労しました。

塗装前 その1
DSC00004.jpg

塗装前 その2
DSC00005.jpg

黒で下塗り その1
DSC00007.jpg

黒を下塗り その2
DSC00008.jpg

1)主翼構造のフレームが良く分かりませんでした。実機の整備マニュアルの絵が一番参考になりますが、複数の絵で齟齬があって本当のところがよく分かりません。 内側3本、外側3本としていたのですが、機銃の工作を進めていくうち、弾箱のサポートと整合がとれなくなり(後述)、思い切って外側を3本に作り直しました。 既に付けていた機銃、弾箱を外し、フレームをむしりとって、もう一度フレームを付け直すという荒療治で、きれいに仕上がらなかったら最悪機銃庫に蓋をして何事もなかった風にせざるをえないかと危惧していたのですが、幸いそこそこきれいに出来ました。

2)機銃はアイリス(だったか)のスピットファイヤ用です。 良く出来てます。

3)弾箱はプラ板から。特にノウハウ、TIPSなし。 箱を後ろでサポートする板が、主翼構造のフレームに乗っかっているため、主翼構造のフレームの位置が悪いとこのサポートも変なところにきてしまいます。なので、サポートがそれらしい位置にくるようフレームからやり直しが必要となったわけです。 事前の計画不良でした。 サポートの形状自体は、内側の分はたぶんあってますが、外側の分は怪しいです。本製作記に資料性は乏しいです。

4)弾は製作中です。次回。

5)その他: 
機銃が凍結しないよう?に、機首のラジエータから両機銃まで導風管が導設されています。これが見栄えがしないというか、いかにもトラブル対策でつけましたというようなかっこ悪いパイプなので、再現しようか止めようか迷っています。とりあえず後回しにします。

******************************************************
機銃まわりの工作は機体塗装の後でもよかったのですが、塗装前の筋彫りの手直しなど面倒な作業から逃避して、やってて楽しい作業に流れてしまいました。所詮趣味の世界なんで。 
スポンサーサイト

【2010/06/13 10:25】 | 未分類
トラックバック(0) |

「作り込み...」
XJunで~す
今でも思うんですが、AFVに比べて、飛行機の場合外装の塗装が概ね規格化されていて、個性を出しにくいせいか(*)やはり内部の作り込みをされる方が多い様に感じます。

* ジオラマにして例えば使い込まれた機体の様子の再現などもあるようですが、あまり見ませんね。

私は飛行機は苦手意識もあってあまり作らないんですが、公試様の作り込みは艦船などでも参考になるのでは...と思い、門外漢ながら楽しく見せていただいております。


パテ埋め
こんにちは。

こういった入り組んだ工作物ですと塗装が面倒そうですね。
黒で塗るといっても下手に塗り残すと逆に目立ちますし、かといって厚塗りも厳禁ですし難しそうです。


公試
>>XJun殿
おっしゃるように飛行機の塗装は、極端な退色やはげはげをのぞくと、確かに個性発揮が難しいように思います。私の場合も気合を入れて作る場合は追加工作に頼りがちです。

他のジャンルの模型の作り方というのはとても参考になりますよね。AFVの、とにかく組んでから塗装するという方法もなるほど と参考にしています。



公試
>>パテ埋め殿
入り組んだところを、まず組んで、それから塗装するというのは、AFVの工作に倣ったものです。 
まず奥まったところまで暗い色(AFVならハルレッド??)で塗って、それから手前を塗れる範囲で塗ります。 塗れないところは見えないところと割り切って塗装します。
どんなふうに仕上がるか、ちょっと不安ではあります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「作り込み...」
今でも思うんですが、AFVに比べて、飛行機の場合外装の塗装が概ね規格化されていて、個性を出しにくいせいか(*)やはり内部の作り込みをされる方が多い様に感じます。

* ジオラマにして例えば使い込まれた機体の様子の再現などもあるようですが、あまり見ませんね。

私は飛行機は苦手意識もあってあまり作らないんですが、公試様の作り込みは艦船などでも参考になるのでは...と思い、門外漢ながら楽しく見せていただいております。
2010/06/13(Sun) 11:15 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
こんにちは。

こういった入り組んだ工作物ですと塗装が面倒そうですね。
黒で塗るといっても下手に塗り残すと逆に目立ちますし、かといって厚塗りも厳禁ですし難しそうです。
2010/06/13(Sun) 15:00 | URL  | パテ埋め #xfEiCw62[ 編集]
>>XJun殿
おっしゃるように飛行機の塗装は、極端な退色やはげはげをのぞくと、確かに個性発揮が難しいように思います。私の場合も気合を入れて作る場合は追加工作に頼りがちです。

他のジャンルの模型の作り方というのはとても参考になりますよね。AFVの、とにかく組んでから塗装するという方法もなるほど と参考にしています。
2010/06/13(Sun) 15:21 | URL  | 公試 #-[ 編集]
>>パテ埋め殿
入り組んだところを、まず組んで、それから塗装するというのは、AFVの工作に倣ったものです。 
まず奥まったところまで暗い色(AFVならハルレッド??)で塗って、それから手前を塗れる範囲で塗ります。 塗れないところは見えないところと割り切って塗装します。
どんなふうに仕上がるか、ちょっと不安ではあります。
2010/06/13(Sun) 15:28 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters