After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
大して進んでいない雷電についてあまり書くネタもないのですが、He177の本が出たので、ついでに? 状況だけ。

塗装は、結局付属デカールの尾翼上部が黄色い機体にします。 世傑を参考にメーカ指定以外の機体にと画策したのですが、文字が付属デカールより一回り小さかったり、ちょっと字体の異なる数字やらで、ならばマスキングテープから切り出そうとしたのですが、丸い字体の「3」の文字なんかは手に負えませんでした。 はたまた使えそうなデカールもなく、かといってもろ手書きする根性も技量もないので、結局指定の機体にというわけです。

カウリングを除いてほぼほぼ上・下面の基本塗装が終わった状態です。

DSC00393.jpg


代わり映えしません。 なんとか連休中にマスキングを取るところまでは行きたいところです。

さて、冒頭のHe177ですが、


文林堂からHe177のモノグラフが出ました。 国江隆夫氏著です。 航空ファンに連載された記事がベースのようですが、購読していない私には初出です。

全体としては先の同氏による世傑He219とよく似た雰囲気で、写真、記事、そしてマニュアルからの写真・イラストの説明から成ります。
但し、ボリュームが! 世傑2冊分位! まずは本機についての世界一詳しい模型用資料本ではないでしょうか。
活躍した訳でもなく、特に人気がある様でもない?この機の世界一詳しい本が遠く離れた日本から戦後60年を経て出版されることに対し、日本の文化の厚みを誇らしく感じます。ちょっと大袈裟に語りすぎですか。 

さて、この大著に応えレベルの72をという気になりました。こいつは発売されてすぐ購入・製作にかかったものの、主翼後縁の削り中に飽きてしまって寝かせているものです。 久しぶりに出して見て見ると改めてすこぶる良く出来たキットと感じ入りました。 本書の写真・イラストと比べてみると良く調べられたキットであることが分かります。 しかしながら、やはり大きいです。実質4発の重爆撃機であるから当然ですが、これは暇がかかりそうです。で、決心がつかず、さっさと箱に戻しました。

以 上




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
文林堂からHe177のモノグラフが出ました。 国江隆夫氏著です。 航空ファンに連載された記事がベースのようですが、購読していない私には初出です。

全体としては先の同氏による世傑He219とよく似た雰囲気で、写真、記事、そしてマニュアルからの写真・イラストの説明から成ります。
但し、ボリュームが! 世傑2冊分位! まずは本機についての世界一詳しい模型用資料本ではないでしょうか。
活躍した訳でもなく、特に人気がある様でもない?この機の世界一詳しい本が遠く離れた日本から戦後60年を経て出版されることに対し、日本の文化の厚みを誇らしく感じます。ちょっと大袈裟に語りすぎですか。 

さて、この大著に応えレベルの72をという気になりました。こいつは発売されてすぐ購入・製作にかかったものの、主翼後縁の削り中に飽きてしまって寝かせているものです。 久しぶりに出して見て見ると改めてすこぶる良く出来たキットと感じ入りました。 本書の写真・イラストと比べてみると良く調べられたキットであることが分かります。 しかしながら、やはり大きいです。実質4発の重爆撃機であるから当然ですが、これは暇がかかりそうです。で、決心がつかず、さっさと箱に戻しました。

以 上




スポンサーサイト

【2007/04/27 07:33】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
私も本屋で立ち読みいたしました。こんな機体を1つの本にしてしまうところがびっくりです。双子エンジンというのは聞いてましたが、構造は知らなかったので、双子エンジンの絵があったときは目が釘付けになってしまいました。さすが、ドイツ人って感じでした。


公試
>>tiefes_blau99殿
おはようございます。 He177をみると、確かにメカおたくなドイツ人に唖然としますね。主翼端のエルロンがフラップ兼用で、かつファウラー式!、どこもかしこも凄いです。模型で再現、いかがでしょうか?


ラッキーユダヤ
雷電、色が入りましたね!

敵機を迎撃に飛び立つ勇姿が楽しみですね(笑)。

この分だと完成も近いのでは…?

文林堂からそんなにエエ本が出ているんですか…勉強になりそうです(笑)。




公試
>>ラッキーユダヤ殿
おはようございます。
B-29迎撃に向かう勇姿!日の丸のマスキングを外したところ、そのかっこよさに痺れ、思わず強制冷却ファンの「キーン」という音とともに手に持ってブーンブーンしましたとも。 

尚、完成は申し訳ありませんがまっだまだです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も本屋で立ち読みいたしました。こんな機体を1つの本にしてしまうところがびっくりです。双子エンジンというのは聞いてましたが、構造は知らなかったので、双子エンジンの絵があったときは目が釘付けになってしまいました。さすが、ドイツ人って感じでした。
2007/05/02(Wed) 06:18 | URL  | tiefes_blau99 #-[ 編集]
>>tiefes_blau99殿
おはようございます。 He177をみると、確かにメカおたくなドイツ人に唖然としますね。主翼端のエルロンがフラップ兼用で、かつファウラー式!、どこもかしこも凄いです。模型で再現、いかがでしょうか?
2007/05/02(Wed) 07:18 | URL  | 公試 #-[ 編集]
雷電、色が入りましたね!

敵機を迎撃に飛び立つ勇姿が楽しみですね(笑)。

この分だと完成も近いのでは…?

文林堂からそんなにエエ本が出ているんですか…勉強になりそうです(笑)。

2007/05/02(Wed) 22:32 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
おはようございます。
B-29迎撃に向かう勇姿!日の丸のマスキングを外したところ、そのかっこよさに痺れ、思わず強制冷却ファンの「キーン」という音とともに手に持ってブーンブーンしましたとも。 

尚、完成は申し訳ありませんがまっだまだです。
2007/05/03(Thu) 09:50 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters