After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
木・金と首都圏に出張しておりました。 泊まりの出張の常?としてモバイルモデリングをしておりました。 が、やってしまいました。大失敗です。
-------------------------------------------------------------------
モバイルモデリングに適したキットは、小さくて、塗装があと回しにできて、パテが要らなくて、という組立て主体のキットとなります。今回はドラゴンのスマートキットLaffeyとWAVEの「SASF」を持って行きました。

道具はニッパー、デザインナイフ、やすり、タミヤの流し込み接着剤。のみ。これらをタッパーウェア(のバッタもん)につめこんでのモバイルです。
DSC01469.jpg(これは帰ってきてからの事後の撮影です)

木曜日、客先での打ち合わせを終え、夜8時くらい食事を済ませてホテルへ。 まずは「SASF」から。

DSC01471.jpg
これは正直作ってて楽しくなかったです。最初は自分が何をやってるのか判らず、やらされ感全開。その後(ああ成程、こう組み上がっていくわけか)となるのですが、今度は(どうしてここまでポリキャップを仕込んでばらばらにしているのか?)という気がしてきました。 内部が再現されているわけでもないのにどうして胴体前後がポリキャップ固定なのか?はたまた胴体側面もポリキャップなのか? というわけで、胴体を組んだところでやめました。

つぎはLaffey。こちらはどえらいキットです。駆逐艦の主砲の砲口がスライド金型でモールドされています!驚くべきモールドが続きます。 が、こちらのキットも問題あり。ホテルの薄暗い照明のもとでは目が疲れて長続きしませんでした。
DSC01472.jpg

翌日金曜日は昼からの会議だったので、遅くまで頑張るつもりだったのですが、11時ごろにはダウンして寝ました。

さて、金曜日。フリーの午前中はとあるところに詣で(おって記します)、昼からは大きな会議だったのですが、モバイルタッパーを詰め込んだ出張鞄からほのかな有機溶剤臭が・・・ ? あれ?接着剤が漏れてるのかなあ? 漏れているにしては臭さ程度が大したことないか・・ と思いつつも流石に会議の席で確認するわけにもいかず、そのまま。 夜、兵庫の自宅に帰りついて鞄の中のモバイルタッパーを開けると・・・

「臭!!!!!」

タッパーウェアのシール性が良く、外にはほのかにしか臭ってませんでしたが、中はえらいことになってました。タミヤの流し込み接着剤のふたの締め付けがゆるく、全てこぼれて無くなっておりました。 その流れ出た接着剤は説明書を浸し、さらにはLaffeyを!!

DSC01473.jpg
これが惨状です。 さすがにリカバー出来ません。 まるで戦後長門やプリンツオイゲンと一緒に原爆試験に供されたかのようです。あーあ。
DSC01474.jpg
このキットは2in1というやつで、一つの箱に2隻入っているので、1隻がボツになってももう一隻残っています。が、残りはWLではばく船体付き、フルハルです。私、フルハルだめなんです。 がっかりです。この先どうしたものか。

一方でSASFはというと、
DSC01476.jpg
パーツが2個ほどやられておりました。 これは無理無理組めるかと思います。まあ、気合入ってないんで。

-------------------------------------------------------------------
金曜の午前中の行動については、その(2)にて。

スポンサーサイト

【2010/02/27 14:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters