After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今日日曜日は業務があって出勤だったのですが、「津波」に捕まってしまいました。 すなわち、神戸港に面した私の勤め先では「津波対策」が発令されまして、いろいろ忙殺されました。結局、10cmくらい潮位があがっただけですみましたが、対策解除・解散の判断がなかなか出ず、遅くまで拘束されてしまいました。 せっかくの日曜日が・・・

--------------------------------------------
リアルタイムではないんですが、最近の進捗を。

1)ズベズダのB787の胴体を貼り合わせました。
DSC01467.jpg
・胴体内面は筆で豪快に黒色に塗装
・コックピットはキットのままのすっからかん、黒色塗装のみ。
・しりもち防止に、胴体全部に重り(M8ボルト L=30)をエポキシパテで固定
この状態でえいやっと接着してしまいました。 キットの付属パーツである客席の透明窓は使用せず。これだけ見ると何でも無いようなんですが、やはりでかいんです。

数少ない完成作品を収納している、トイザらスで買ったガラス棚には入りません。トイザらスのサイトから拾った画像を参考に。 
 棚 棚2
数年前に買ったものですが、たぶんこの棚の、木目バージョンだと思います。(現在、カタログには白と黒しかありませんが) 奥行きがないので、たとえば32のBf109とか、48のDo335も入らず、わざわざ機を傾斜させる台を作って無理やり収めています。B787は翼幅がまたデカイので、非常に悩ましいです。

2)DRAGONの1/72 He219をちょっとだけ進めました。すなわちしりもち防止用に重りをエンジン部に仕込みました。もともと、機首に重りを仕込み済みですが、どうにも心もとないというか、明らかに不足しているので、モーメントアームが小さいのは止む無しでエンジン部に上記のズベズダB787に仕込んだのと同じボルトを仕込みました。
  M8六角穴付きボルト L=30
これが絶妙の大きさで、ぴったりしっくりのサイズでした。あまり大きなモーメントは発生できません、主脚の負担も馬鹿にならないのですが、止む無しです。ということでカウリングも付けてしまいました。
DSC01481.jpg DSC01482.jpg

あとキャノピーをつけて、筋彫りをちょこちょこ修正したばら塗装ができそうです。3月には塗装に着手したいです。 完成は4/E、締め切り寸前の予定です。


--------------------------------------------
あーあ、折角の週末が・・・ 本当は昼に仕事を切り上げて午後は模型タイムを狙っていたのですが空振りに終わりました。 まあ、何事も無く終わったんで良しということでしょう。 大きな被害が出たチリの方に申し訳ないですし。

以 上
スポンサーサイト

【2010/02/28 21:35】 | 未分類
トラックバック(0) |

休日出勤…
XJunで~す
一日お疲れ様でした。
津波は大事にならなくて良かったですね。

>拘束…
不可抗力で仕方が無いと思っても、何だか悔しくなりますよね。
私も似た経験があるので、わかります。

>He219…
皆さん錘の処理に苦労される機体のようですね。
頑張ってくださいね。


公試
>>XJun殿
津波、何事も無く良かったです。 ただし、津波対策には辟易しました。 結局、誰も「もう大丈夫、解散」と言わんのですよ。「もしその後で何かあったら誰が責任をとるのか」とか「津波予報でも第1波よりその後のほうが大きいと言ってる」とか言って。 そもそも気象庁の大き目の予想自体が、人的被害回避優先という名の事なかれ主義が生んだ厳しめの予想の結果だと思うのです。 私の職場に限って言えば、第1波の大きさを見て、2時間も経過をみれば、「今回は大丈夫」と言えたと思うんですが。 結論を先送りする優柔不断な組織の体質が典型的に現れたようで・・・ ってここで愚痴をこぼしても仕方ないですが。

He219、とにかく尻が重いです。これで尻を擦ったら、「離陸中」ということにしようかと。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
休日出勤…
一日お疲れ様でした。
津波は大事にならなくて良かったですね。

>拘束…
不可抗力で仕方が無いと思っても、何だか悔しくなりますよね。
私も似た経験があるので、わかります。

>He219…
皆さん錘の処理に苦労される機体のようですね。
頑張ってくださいね。
2010/02/28(Sun) 22:40 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
津波、何事も無く良かったです。 ただし、津波対策には辟易しました。 結局、誰も「もう大丈夫、解散」と言わんのですよ。「もしその後で何かあったら誰が責任をとるのか」とか「津波予報でも第1波よりその後のほうが大きいと言ってる」とか言って。 そもそも気象庁の大き目の予想自体が、人的被害回避優先という名の事なかれ主義が生んだ厳しめの予想の結果だと思うのです。 私の職場に限って言えば、第1波の大きさを見て、2時間も経過をみれば、「今回は大丈夫」と言えたと思うんですが。 結論を先送りする優柔不断な組織の体質が典型的に現れたようで・・・ ってここで愚痴をこぼしても仕方ないですが。

He219、とにかく尻が重いです。これで尻を擦ったら、「離陸中」ということにしようかと。
2010/03/01(Mon) 12:13 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters