After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今月はがんばってますなあ・・・

-------------------------------------------
前回ちらっとふれた排気管をつくりました。エンジンを再現するにあたってキットおよびCMKのパーツの不満点は以下のとおりです。

1)ネイピアセイバーエンジンが24気筒であることが表現されていない!
実機は2気筒の排気管を1本にまとめているため、先っぽでは合計12本しか排気管がないのですが、根元では24本あります。機首のカウリングを装着した状態では排気管の根元が見えないため、キットのパーツが12本で表現するのは仕方ないとしても、CMKのエンジンパーツがキットのパーツそのままというのは納得いかんです。

2)排気管をエンジンブロックに取り付けるボルトが表現されていない!
これもキットのパーツはもちろんそれで支障ありませんがCMKは手を抜くな!と。

ということで、今回はキットのパーツをもとに、根元を24気筒化し、取り付けボルトをつけ、でもって排気管を開口しました。

DSC01451.jpg
根元のボルトは伸ばしランナーの輪切りです。
排気管の開口はピンバイスとデザインナイフでちまちまと行いました。あー面倒くさ。CMKのパーツは開口ずみだったのでこれを使えばこの工作は省略できたのですが、次の24気筒化の工作はレジンより通常のプラ材のほうが容易と考えキットのパーツを使いました。

DSC01452.jpg
排気管が24本になってます。それぞれの後ろ側の排気管が追加したものです。φ1.2mmのエバーグリーンのプラ材です。
-------------------------------------------
この排気管2本の工作に、塗装を含め4時間もかかりました! なんか人生を無駄に生きているような・・・
スポンサーサイト

【2010/02/11 19:28】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんにちは。

エンジン単体でもひとつの作品として成立しそうですね。
排気管のこだわりは模型趣味として素晴らしいこだわりだと思います。
見るほうとしても実物の独特なメカニズムがわかりやすく見れるので面白いと思います。


公試
>>パテ埋め殿
模型然としているところが見えてしまうと興醒めに思うところと、別にミュージアムモデルを作ってるわけでもなし、このままでもええんとちゃうん、という間を揺れ動いております。今日は調子にのって頑張りました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

エンジン単体でもひとつの作品として成立しそうですね。
排気管のこだわりは模型趣味として素晴らしいこだわりだと思います。
見るほうとしても実物の独特なメカニズムがわかりやすく見れるので面白いと思います。
2010/02/11(Thu) 22:14 | URL  | パテ埋め #xfEiCw62[ 編集]
>>パテ埋め殿
模型然としているところが見えてしまうと興醒めに思うところと、別にミュージアムモデルを作ってるわけでもなし、このままでもええんとちゃうん、という間を揺れ動いております。今日は調子にのって頑張りました。
2010/02/11(Thu) 23:11 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters