After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
雑記です。内容はありません。

-------------------------------------------
いきなりですが、模型が2個完成しました。 嘘です。
DSC01396.jpg My son aged 7 made this car.
 
子供に作らせた、フジミの1/24のインテグラです。なぜフジミ、インテグラかというと、店頭で安売りしていたからです。
ちょこちょこ手伝いながら小学一年生につくらせました。けっこううまいもんです。
DSC01398.jpg
DSC01395.jpg
きれいに仕上がったのは私のサポートもさることながら、道具のおかげによるものと思います。すなわち専用ニッパーと流し込み接着剤です。私が小学校低学年の頃は専用のニッパーなんかは望むべくもなく、手で部品をぐりぐりねじってランナーから外していたものです。(電線用のニッパーを使い出したのは小学校高学年からです) 接着剤は箱に入っていた鉛チューブ入りのやつですね。どうやっても接着剤まみれにしか仕上がりませんでした。それが見ての通り、きれいに仕上がってます。大したもんです。(ヘッドライト周りと車内は私が塗装してやりました)

つぎは4年生に作らせたハセガワの塗装済みキットです。
DSC01403.jpg  And my daughter aged 9 made this helicopter.
DSC01404.jpg
これは私は一切手を出さずとも見事に完成しました(といっても部品数は10に満たない簡単なキットです)
これもニッパーと流し込み接着剤で、クリアー部品を汚すこともなく綺麗にしあがりました。2枚目の後ろのグレーの無塗装の機体は私が組み立てました。

-------------------------------------------
子供にプラモデルを与えると、嬉々として取り組みます。今の子供にもプラモは面白いようです。綺麗に組み立てができると「塗装をさせろ」と要求してきます。プラモは塗装が鬼門です、ここから急に難しくなります。缶スプレーで全体塗装ができるキット(車とか、迷彩のない飛行機とか)なら子供にも塗装は可能でしょうか。英才教育の道は険しいです。

-------------------------------------------
雑誌類、今月はMGと世界の傑作機を買いました。
MGはF-1の特集です。最近新しいキットの発売が相次ぎにわかブームになっているそうです。こないだの350艦船とか、焼畑農業のごとくあっちの分野を採取しつくしたら、こっちの分野と忙しいもんです。次はどの分野でしょうか?
世界の傑作機はS-3バイキングでした。ハセガワ72が発売されたのはもう30年くらい前になりますか? 出て直ぐに購入、作った記憶がありますが、デカールが手元に残っていることからすと、完成させられなかったのかなあと思います。記憶に霞がかかっています。 本書を読んで、ロッキードがボートの協力を得て本機に取り組んだことを初めてしりました。なるほどそういえば主脚も前脚もA-7/F-8そっくりです。 本書をよんでいるとハセガワのキットをこてこてに手を入れて作りたくなりました。 エンジンのカウルを開けてTF34を見せ、主翼、垂直尾翼を折りたたみ、ボムベイを開き・・・ 妄想は膨らみます。いつかものにしたいものです。





スポンサーサイト

【2010/02/02 12:41】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


XJunで~す
>お子様とプラモデル作り…

微笑ましい光景ですね。「子供がプラモデルを作らない」と言われ出して久しいですが、家族が遠ざけている場合もあるかもしれませんね。

>道具…
綺麗に仕上げるにはニッパは大切な工具と思います。

私事になりますが、父親が肥後の守とチューブ入りの接着剤(マッチ棒でパーツに付けてました)ジープか何かを作って見せてくれた事があり、尊敬したものです。

>塗装…
昔は筆塗りから始めましたが、刷毛目が出ても配色が変でも自分は満足でした(w)。


公試
>>XJun殿
子供と模型をつくるのは楽しいです。面倒くさいですが・・

なるほど、チューブの接着材もそうやってつかえば良かったのですか!とびっくりしました。今、瞬間接着剤をデザインナイフでちょこっとすくい取りながら使っているのと同じですね。なるほど。

筆をケチって絵の具の筆でハセの97大艇を塗ったことを思い出しました。結構満足してたんですが今見たらどうだったんでしょう・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>お子様とプラモデル作り…

微笑ましい光景ですね。「子供がプラモデルを作らない」と言われ出して久しいですが、家族が遠ざけている場合もあるかもしれませんね。

>道具…
綺麗に仕上げるにはニッパは大切な工具と思います。

私事になりますが、父親が肥後の守とチューブ入りの接着剤(マッチ棒でパーツに付けてました)ジープか何かを作って見せてくれた事があり、尊敬したものです。

>塗装…
昔は筆塗りから始めましたが、刷毛目が出ても配色が変でも自分は満足でした(w)。
2010/02/03(Wed) 19:55 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
子供と模型をつくるのは楽しいです。面倒くさいですが・・

なるほど、チューブの接着材もそうやってつかえば良かったのですか!とびっくりしました。今、瞬間接着剤をデザインナイフでちょこっとすくい取りながら使っているのと同じですね。なるほど。

筆をケチって絵の具の筆でハセの97大艇を塗ったことを思い出しました。結構満足してたんですが今見たらどうだったんでしょう・・・
2010/02/04(Thu) 15:00 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters