After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
とんでもないチョンボをしておりました。振り出しに戻らねばなりません。

----------------------------------
写真は再掲です、左翼は胴体の片割れに接着済みでした。(右翼は比較のためにA型を仮に組んでいます)
DSC01282.jpg

前回までにネットでB型の知識を大分仕入れたところで、キットのB型3座用キャノピーを見てみようとパーツを切り離して胴体に乗せてみると、「あれれ、コックピットの開口がめちゃめちゃ小さいやん、普通の2座の機体と変わらん。キャノピーに合わせて自分で切りかけってこと??」。
はて? もしや・・・ 「もしや、A型の胴体にB型の主翼をつけてしまったのか!」
箱から、もうひと組の胴体パーツを取り出して、B型キャノピーを乗せてみるとぴったり・・・ 

私はキットの保管スペースを切り詰めるため、一つの箱に2つ、3つのキットパーツを押し込む「箱イチ」を実践しているのですが、He219の箱にはA-0とB-1を詰め込んでいたため、両者のパーツを混同してしまったのです。B型に組むつもりが、A型の胴体を使ってしまっていました。写真を見直して頂くと、そういえば、この胴体は3座用にコックピットが延長された痕跡のない、何のこと無い普通のUHUの胴体ではないですか!

流石にそのまま進めるわけにはいかんので、振り出しに戻ることとしました。接着済みのA型胴体とB型の主翼を無理やり分離し、あらためてAかBか進路を決めます。
そもそも、今回B型としたのは、A型の主翼のフラップ、補助翼が気合入りまくりに切り離し済みであったため、冷めた今の自分にはつき合いきれんわいということでB型を選択したのでした。 
が、B型にケチがついた今、今度はA型で作ることにします!? 切り離し済みであった、フラップ、補助翼は主翼につけ戻します(ダサ・・)

----------------------------------
ということで、これまでの記事のタイトルは全て0/10とし、改めて次回からのスタートとします。 
スポンサーサイト

【2009/11/18 19:51】 | 未分類
トラックバック(0) |


シミヤン
このさいなので2機ともどうですか。
銅鑼は併作きついですかね~?



公試
>>シミソ殿
いやー、2機なんてとてもとても無理です。というか、Typhoonと並行してUHUを進めようとしていまして、この並行作業がうまくいったらばそれだけで大成功です。 堪忍してください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このさいなので2機ともどうですか。
銅鑼は併作きついですかね~?
2009/11/18(Wed) 22:56 | URL  | シミヤン #X5uZHKEA[ 編集]
>>シミソ殿
いやー、2機なんてとてもとても無理です。というか、Typhoonと並行してUHUを進めようとしていまして、この並行作業がうまくいったらばそれだけで大成功です。 堪忍してください。
2009/11/19(Thu) 18:17 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters