After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
という、いつもといささか異なるタイトルは以下のニュースによるものです。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20091002/5w2yj7/140120091002016659.pdf

三菱航空機のMRJ、アメリカの会社から100機!!受注したということです。

やりましたねー! めでたい。

ボンバルディアや、エンブラエルに出遅れているのは仕方ないとはいえ、やれスホーイジェットは戦闘機の実績からどうしたの、ARJは近年の中国の目覚ましい発展がふんたら、とか、わかったような論評をする馬鹿野郎にはうんざりしていていました。

挙句には、エンジンがR&Wから等してMRJは国産機とは言えないとかいう、航空機業界の今を知らない大馬鹿野郎まで横から口を挟むに至り、憤死寸前の国産機万歳な私でした。

が、肝心のMRJにANA以外から受注がなかっただけに臥薪嘗胆であったわけですが、ようやく今日の日を迎えられたと。

先日、主翼の複合材から通常のアルミ合金への変更等が発表されたばかりですが、さっそく奏効したわけですなあ。 

さあ、2012年第2四半期の初飛行目指して、がんばれ!  初号機納入は2014年第1四半期!!
スポンサーサイト

【2009/10/02 22:28】 | 未分類
トラックバック(0) |

祝 MRJ 採用!
XJunで~す
このような大型機では、基本的に受注開発・生産でしょうから、まとまった注文がないと、メーカーも作れないでしょうし、そうなると開発・生産の技術も蓄積できないと思いますので、日本の航空技術の発展のために、採用が決まってよかったと思います。


公試
>>XJun殿
損益分岐点300機に対し、メーカーの期待は1000機ということですが、なんとか次に繋がる受注があればなあと思います。
1機種のみでおわってしまったYSの轍を踏まぬように。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
祝 MRJ 採用!
このような大型機では、基本的に受注開発・生産でしょうから、まとまった注文がないと、メーカーも作れないでしょうし、そうなると開発・生産の技術も蓄積できないと思いますので、日本の航空技術の発展のために、採用が決まってよかったと思います。
2009/10/03(Sat) 02:21 | URL  | XJunで~す #uYRd4Z.Q[ 編集]
>>XJun殿
損益分岐点300機に対し、メーカーの期待は1000機ということですが、なんとか次に繋がる受注があればなあと思います。
1機種のみでおわってしまったYSの轍を踏まぬように。
2009/10/03(Sat) 11:21 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters