After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
土日は出張しておりまして、模型進捗はほとんどありませんでした。 いらいらすることろですが、今週一週間がんばれば、週末から「夏季休暇」になるということで、心の平静を保っております。 土日+3日の5連休です。 本来は子供の夏休みの開始時期に合わせた夏季休暇なのですが、今年はちょっと状況が異なります。、インフルエンザで一週間の一斉休校があったことから、子供の夏休みの始まりが一週間遅くなります。(地域によっては、夏休みの終わりを繰り上げるところもあるようです) なので、親は休み、子供は学校というわけです。 土日はともかく、+3日は結構のんびり出来るのではないでしょうか。 この千載一遇の夏季休暇にがんばってF-5Fの塗装をものにするつもりです。

----------------------------------

ということで、今回は 「他人の褌で相撲を取る」ことにします。

F-5Fはしっとりした3色迷彩をまとったMalaysia空軍の機体とすることにしました。 が、塗装の詳細がよくわかりません。 というのも入手した別売デカールの説明書がおかしいのです・・・ 1)わずかに茶色っぽい明るいグレー、2)タンっぽいぐれー、3)青っぽいグレーの三色なんですが、デカールの説明図はどうも特定の絵だけ色が入れ替わっているようで、また雲形パターンも実機と微妙に違うようです。 といっても手元には世界の傑作機の小さなカラー写真とこの説明図しかないわけで、どうにも困ります。

そこで地元Malaysiaの方の作例を参考とします。トラックバックの仕方はわかりません、勝手な引用です。 
Malaysia scale modeling
ありました。最初の作例のF-5E,及び下から2番目のRF-5Eのまとった3色迷彩が今回私がF-5Fに施したい3色迷彩です。 F-5E,RF-5E,F-5Fの迷彩パターンは、機体後部は同一で、機首部のみことなります。 ので大いに参考になります。 やはりデカールの説明図はおかしかったようです。
とはいえ、下面はわかりません。 これはもう説明図を信じるしかない、というか、突き合せる資料もないので、割り切ります。 
一番下にそのものずばりのF型の作例がありますが、色の解釈がことなるのか、自分の描いている雰囲気と異なりますのでスルーします。

それにしても "Malaysian tiger",まるで山下大将ではないですか!! マレーシアの方は意図して、たとえば欧米勢を追い払った英雄というような前向きのニュアンスをこめてこの名前を使っているのでしょうか。 あるいかごくありふれた言葉で特に気にならないのでしょうか。
----------------------------------

 「他人の褌で相撲を取る」を終わりにします。 これだけでした。



7/16追記;
フラッグカウンターをみると、Franceからお一人! Taiwanの方が多いのはやはり自国で運用されているからでしょうが、一方でKoreaからは少ないのは両国民の日本人との距離感の差異でしょうか。(日・台=近、日・韓=遠?) それにしてもMalaysiaからはアクセスがありません。まだまだ餌の撒き方がたりないのでしょうか。
スポンサーサイト

【2009/07/14 12:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters