After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
とうとうやってしまいました。 ここまでさしたる失敗もなく比較的順調にすすんできたのですが、昨日就寝前の30分の作業中に失敗してしまいました。

すでに工作の出来ていた後席に続き、前席のキャノピー開閉機構をキャノピーに付け、接着剤が半乾きになるまで放置していました。 時間を惜しんで続いて前脚室のパイピング工作を瞬間を使って着手。ひとしきり工作して、さてそろそろ乾いてきたかなあとキャノピーを手にしたところで、ぬるっとしたいやな感覚!

「ひー」 手に瞬間がついていて、キャノピーを汚してしまいました。 もともと汚さないようフレームをつかんで取り上げたので指の瞬間がついたのはもっぱらフレームなんですが、透明部も裾の一部が汚れてしまいました。

唖然・・

あれだけ苦労してフューチャーでコーティングしたりしてやっとこさ透明度を確保したキャノピーが・・・

どうする? もうひとつかって作り直し? 汚れたキャノピーを0から磨きなおし? いっそ絞るか?  まずは瞬間をペーパーで落として コンパウンドで磨き、ワックスでみがいてみました。

TS3K0012.jpg

それなりに戻りました。 前席のフレームの黒い部分が瞬間が付着した部分です。写真の右舷は透明部には付着なしのフレームのみ、奥側の左舷が上述の透明部磨きなおしとなりました。 よーくみると・・・・詳細はお見せできません。

一時はどうなるかと思いました。  結局リカバーに2時間を要し、1時の就寝になってしまいました。(起床は5時です;) 今日は一日危険なくらい眠かったです。


教訓- 並行作業はくれぐれも慎重に。
     キャノピーを扱うさいは危険予知。
スポンサーサイト

【2009/06/18 23:13】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters