After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
I am producing the canopy opening/shutting mechanism now. It is a big climax put from middle in the last stage.

After an English title and the introductory essay were put, some visitors from foreign countries came to this blog. I will paint the F-5F to a Malaysian air force's one,so I will wait for the visitors from this country. To Taiwanese that always comes. I will not paint Taiwan Air Force for my F-5F this time. I'm sorry very much.

------------------------------------

先週は四国松山に出張があったり、はたまた土曜日に急遽東京に移動したり、と仕事がばたばたしてF-5にはあまり時間を割けませんでした。 (言い訳ばかりしてます;;)
細切れの時間のなかで、中盤~終盤にかけてのヤマ場、キャノピー開閉機構を製作中です。
------------------------------------
F-5のキャノピー開閉機構は、シンプルが売りの機体において何故か非常に凝ったメカとなっています。 単座のE型、複座のF型の後席がやたら複雑なリンク機構になっていまして、一体どう動くのか、また再現しようにもどうアレンジしてやればよいやら。 キャノピー重量をどう受けるかも難しいところです。

で、今回は、ごちゃごちゃしたリンクのうち、一番上側の比較的華奢なロッドを真鍮線で作ってこれで重量をうけることとしました。(もっと太い、重量を支持しやすいリンクがあるのですが、ちょっと事前の検討不足で、ほそいロッドで受けることになってしまいました) この真鍮線、40余年の模型人生で初めてハンダ付けをしました。
step.jpg
やたら凝ったポンチ絵を付していますが、深い意図はありません。(当初この写真1枚で一回の記事を持たせるべく絵を付しました。 その後、製作が順調に進み以下の写真が撮れました。)

出来た部品をキャノピーの内側に取り付けて、その他ごちゃごちゃした艤装品も製作・接着し、マスキングのうえ機内色のグレーを吹いた状態が下図です。 
TS3K0001.jpg
キャノピーの内側をマスキングして吹き付けするというのは自分でも初めてです。

相手方、機体のほうですが、シート後ろのごちゃごちゃした機器、配線をそれらしくでっち上げました。半分フィクションです。
TS3K0004.jpg
そういえば、後席と前席の間の計器盤カバーやらも地道に進めています。

未だ製作途中のシートを仮に載せてみました。 
TS3K0002.jpg

これにキャノピーがつくとこうなります。
TS3K0003.jpg
それなりのごちゃごちゃ感があるのは良しとするも、もうちょっとすっきりつくっても良かったかも・・・
------------------------------------

並行して前席の同機構も進めています。こちらはぐっとシンプルで、そんなに悩むところは無い筈です。

いよいよ、難しいヤマを超えたように思います。残り作業は持久力・体力勝負というところでしょうか。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
F-5のキャノピー開閉機構は、シンプルが売りの機体において何故か非常に凝ったメカとなっています。 単座のE型、複座のF型の後席がやたら複雑なリンク機構になっていまして、一体どう動くのか、また再現しようにもどうアレンジしてやればよいやら。 キャノピー重量をどう受けるかも難しいところです。

で、今回は、ごちゃごちゃしたリンクのうち、一番上側の比較的華奢なロッドを真鍮線で作ってこれで重量をうけることとしました。(もっと太い、重量を支持しやすいリンクがあるのですが、ちょっと事前の検討不足で、ほそいロッドで受けることになってしまいました) この真鍮線、40余年の模型人生で初めてハンダ付けをしました。
step.jpg
やたら凝ったポンチ絵を付していますが、深い意図はありません。(当初この写真1枚で一回の記事を持たせるべく絵を付しました。 その後、製作が順調に進み以下の写真が撮れました。)

出来た部品をキャノピーの内側に取り付けて、その他ごちゃごちゃした艤装品も製作・接着し、マスキングのうえ機内色のグレーを吹いた状態が下図です。 
TS3K0001.jpg
キャノピーの内側をマスキングして吹き付けするというのは自分でも初めてです。

相手方、機体のほうですが、シート後ろのごちゃごちゃした機器、配線をそれらしくでっち上げました。半分フィクションです。
TS3K0004.jpg
そういえば、後席と前席の間の計器盤カバーやらも地道に進めています。

未だ製作途中のシートを仮に載せてみました。 
TS3K0002.jpg

これにキャノピーがつくとこうなります。
TS3K0003.jpg
それなりのごちゃごちゃ感があるのは良しとするも、もうちょっとすっきりつくっても良かったかも・・・
------------------------------------

並行して前席の同機構も進めています。こちらはぐっとシンプルで、そんなに悩むところは無い筈です。

いよいよ、難しいヤマを超えたように思います。残り作業は持久力・体力勝負というところでしょうか。

スポンサーサイト

【2009/06/08 12:00】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |

コックピット
シミソ
コックピットのパイピング、良いですね~。
面白いという表現は良くないかもしれませんが面白い!

レシプロ機では良く見ますがジェット機では
コックピットの配線はなかなかお目にかかれないので
(やっておられるのかもしれませんが作業工程は見たことがないです。
もしかして今まで見逃していたのかも…)
画像をアップしたとたん唸ってしまいました(笑)



公試
>>シミソ殿
なんか、「面白い!」という御言葉は非常にうれしいです。 思わずニヤリとか、たまらず笑ってしまうとか、そんなのが出来たらいいですね。 
パイピングは、まだ主脚周りが途中で、前脚が手付かずで残っています。 ニヤリとはいかず、げんなりです。



tiefes_blau99
素晴らしいであります!!
レジンで複製して頂けたら、速攻買います。
キットは後から手を入れると、ものすごい変身をするのですね。大人の女性の魅力のようなものを感じます。ほんと吸い込まれます、このコックピット。


公試
>>tiefes_blau99殿
過分なお褒めのお言葉ありがとうございます、といってもまだ途中でこの先どうなるやら、ですが。 「大人の女性」とは若干微妙なたとえであります・・


Fighting Hannah
画像を何度もクリックしては見てしまいました。じっくりと丁寧に仕上げていかれる姿勢に啓発されてます。それにしても後席まわりのかっこよさ!感嘆の溜息です。


公試
>>Fighting Hannah殿

有難うございます、 「じっくりと丁寧に」は単に工作が遅い・時間が無いの裏返しです、必然的にそうなってしまうのです;;

F-5はコックピット周りがタイト、かつ深さ方向も浅いので丸見えです。 さらにキットがしょぼいので手を入れる余地は嫌になるほどあります。


公試
コメントをお寄せいただいた方へ;

了解しました。 わざわざの連絡ありがとうございます。


hagu
艤装をこれほどまでに整然と、スケール感損なうことなく施される技術には呆然とさせられます。。
決して手を抜かない、そんな気概が伝わってきます。
う~ん・・と唸ったきり言葉が出ません。。

あの人形と併せて、最近金縛りにばかり遭っておりますw





公試
>>hagu殿
整然と、というのは作り方を思いついたところから順に作っているので、スムーズに進捗しているように見えるのではと思います。 結構試行錯誤で行きつ戻りつしてるんです。

あの人形が夢に出そうで・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
コックピット
コックピットのパイピング、良いですね~。
面白いという表現は良くないかもしれませんが面白い!

レシプロ機では良く見ますがジェット機では
コックピットの配線はなかなかお目にかかれないので
(やっておられるのかもしれませんが作業工程は見たことがないです。
もしかして今まで見逃していたのかも…)
画像をアップしたとたん唸ってしまいました(笑)
2009/06/08(Mon) 19:37 | URL  | シミソ #X5uZHKEA[ 編集]
>>シミソ殿
なんか、「面白い!」という御言葉は非常にうれしいです。 思わずニヤリとか、たまらず笑ってしまうとか、そんなのが出来たらいいですね。 
パイピングは、まだ主脚周りが途中で、前脚が手付かずで残っています。 ニヤリとはいかず、げんなりです。
2009/06/09(Tue) 07:17 | URL  | 公試 #-[ 編集]
素晴らしいであります!!
レジンで複製して頂けたら、速攻買います。
キットは後から手を入れると、ものすごい変身をするのですね。大人の女性の魅力のようなものを感じます。ほんと吸い込まれます、このコックピット。
2009/06/09(Tue) 21:07 | URL  | tiefes_blau99 #-[ 編集]
>>tiefes_blau99殿
過分なお褒めのお言葉ありがとうございます、といってもまだ途中でこの先どうなるやら、ですが。 「大人の女性」とは若干微妙なたとえであります・・
2009/06/09(Tue) 22:58 | URL  | 公試 #-[ 編集]
画像を何度もクリックしては見てしまいました。じっくりと丁寧に仕上げていかれる姿勢に啓発されてます。それにしても後席まわりのかっこよさ!感嘆の溜息です。
2009/06/10(Wed) 21:49 | URL  | Fighting Hannah #-[ 編集]
>>Fighting Hannah殿

有難うございます、 「じっくりと丁寧に」は単に工作が遅い・時間が無いの裏返しです、必然的にそうなってしまうのです;;

F-5はコックピット周りがタイト、かつ深さ方向も浅いので丸見えです。 さらにキットがしょぼいので手を入れる余地は嫌になるほどあります。
2009/06/11(Thu) 12:16 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントをお寄せいただいた方へ;

了解しました。 わざわざの連絡ありがとうございます。
2009/06/13(Sat) 21:52 | URL  | 公試 #-[ 編集]
艤装をこれほどまでに整然と、スケール感損なうことなく施される技術には呆然とさせられます。。
決して手を抜かない、そんな気概が伝わってきます。
う~ん・・と唸ったきり言葉が出ません。。

あの人形と併せて、最近金縛りにばかり遭っておりますw


2009/06/14(Sun) 19:31 | URL  | hagu #-[ 編集]
>>hagu殿
整然と、というのは作り方を思いついたところから順に作っているので、スムーズに進捗しているように見えるのではと思います。 結構試行錯誤で行きつ戻りつしてるんです。

あの人形が夢に出そうで・・・
2009/06/14(Sun) 20:03 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters