After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
The flap etc. of the main wing were restored. They are the flaps, the ailerons, and the nose flaps.

-------------------------------------------

28/40=0.7 うーん、いい線行っているような・・

連休前半は調子良かったんですが、後半は予定通り家族サービスやらで一気に失速してしまいました。 失速したなかでの「主翼動翼まわり」です。

-------------------------------------------
主翼の動翼を取り付け(復旧)しました。 動翼とはフラップ、補助翼及び前縁フラップです。 主翼からナイフで切り離して断面を成型し、角度をつけて復旧するというものです。 まあ単純な作業ですが、もとがダルい主翼なんで、シャープに削り込む作業が中間にあって難儀しました。

特に、前縁フラップが一番難しかったです。ここは一番コードが短く、シャープにけずり込んでいると、主翼とうまく繋がらなくなり段差がついてしまいました。 (左は上面、右は下面・・・) 接着後にパーツにパテ盛りして段差を埋めましたがこの後のリベット打ちが心配です。

今回この作業は、①切り出し ②削り込み ③復旧 (④パテで段差修正) という手順ですすめましたが、正しい手順は、①削り込み ②切り出し ③復旧 であるようです。

補助翼は、右が下がったら左が上がるべきものでありますが、上がった状態はかっこ悪いなあと思っていたらば、左右とも下がった写真がありましたのでこれ幸いと、両舷ともさげました。単に油圧がぬけた状態なのか、フラッペロン的に作動するのが理由はわかりません。

フラップは特記すべきところはありません。 

DSC01134.jpg

DSC01136.jpg

元の形に戻った主翼を備えた機体は、あーこりゃかっこいい!  アカデミーやらから48でF-5Eの新キットが出るのかどうか判りませんが、ハセガワは48で出すべきですなあ、32のキットを改修してF型というのでもよいですが。

尾翼はピアノ線を仕込んでますがガタガタで角度がでません。たしかここは4度だかの微妙な下半角がつきます。

そのほか細々工作をしましたが、もったいない!?ので次回の記事とします・・

補記---------------------------------------

♪ いい事ばかりはありゃしない 
  きのうは機銃カバーの紛失に気がついた 
  補助エアインテイクが壊れた(2回; )のと あの娘が電話かけてきた ♪

補助エアインテイクの「すだれ」は早くに作りこみすぎたので、いずれ壊すであろうことは想定内であったとはいえ、2回は辛かろうと。 (上の写真では再発防止に、すだれの上にランナーを渡してテープで止めています)  
機銃カバーは、どうも無くしたというか捨ててしまったようです。 机を動かして探しても、ゴミ箱をひっくり返しても、他キットの箱を漁っても出てきません。最後に見たのは連休前です。  F-5Eの機首を芯にヒートプレスするのが近道でしょうか。 あー面倒くさー、最後にやることにします。

-------------------------------------------
この先のマイルストーンは、「6月中に塗装」です。 後回しにできるところはあっさり後回しし、塗装前にやるべきところを片付けてしまうつもりです。


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
主翼の動翼を取り付け(復旧)しました。 動翼とはフラップ、補助翼及び前縁フラップです。 主翼からナイフで切り離して断面を成型し、角度をつけて復旧するというものです。 まあ単純な作業ですが、もとがダルい主翼なんで、シャープに削り込む作業が中間にあって難儀しました。

特に、前縁フラップが一番難しかったです。ここは一番コードが短く、シャープにけずり込んでいると、主翼とうまく繋がらなくなり段差がついてしまいました。 (左は上面、右は下面・・・) 接着後にパーツにパテ盛りして段差を埋めましたがこの後のリベット打ちが心配です。

今回この作業は、①切り出し ②削り込み ③復旧 (④パテで段差修正) という手順ですすめましたが、正しい手順は、①削り込み ②切り出し ③復旧 であるようです。

補助翼は、右が下がったら左が上がるべきものでありますが、上がった状態はかっこ悪いなあと思っていたらば、左右とも下がった写真がありましたのでこれ幸いと、両舷ともさげました。単に油圧がぬけた状態なのか、フラッペロン的に作動するのが理由はわかりません。

フラップは特記すべきところはありません。 

DSC01134.jpg

DSC01136.jpg

元の形に戻った主翼を備えた機体は、あーこりゃかっこいい!  アカデミーやらから48でF-5Eの新キットが出るのかどうか判りませんが、ハセガワは48で出すべきですなあ、32のキットを改修してF型というのでもよいですが。

尾翼はピアノ線を仕込んでますがガタガタで角度がでません。たしかここは4度だかの微妙な下半角がつきます。

そのほか細々工作をしましたが、もったいない!?ので次回の記事とします・・

補記---------------------------------------

♪ いい事ばかりはありゃしない 
  きのうは機銃カバーの紛失に気がついた 
  補助エアインテイクが壊れた(2回; )のと あの娘が電話かけてきた ♪

補助エアインテイクの「すだれ」は早くに作りこみすぎたので、いずれ壊すであろうことは想定内であったとはいえ、2回は辛かろうと。 (上の写真では再発防止に、すだれの上にランナーを渡してテープで止めています)  
機銃カバーは、どうも無くしたというか捨ててしまったようです。 机を動かして探しても、ゴミ箱をひっくり返しても、他キットの箱を漁っても出てきません。最後に見たのは連休前です。  F-5Eの機首を芯にヒートプレスするのが近道でしょうか。 あー面倒くさー、最後にやることにします。

-------------------------------------------
この先のマイルストーンは、「6月中に塗装」です。 後回しにできるところはあっさり後回しし、塗装前にやるべきところを片付けてしまうつもりです。


スポンサーサイト

【2009/05/08 22:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters