After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
VFTS0014.jpg

前回つらつらと記したところの画像です。エンジンはついてますが、カウリングは仮組みです。カウルフラップがないので正直格好悪いです。
携帯の接写のせいか変なパースがついてて印象いまいちです。エンジンも暗いし。カウリングがちょっと下寄りにも見えるし。
しかしこうして見てみると、エンジンの前にあるこのかたまりは何ね?という感じですねえ。機体を紡錘型とするべく強制冷却ファンをエンジン前方に置いてカウリングを伸ばした基本計画の苦しさがが浮き彫りな感じです。 


VFTS0019.jpg
パーツの状況です。左側がカウルフラップを受けるわっかです。折角一体でつくったのにテープをはったところで切れてしまいました。エンジン装着後に後付けできるようになったと考え問題なし。 右側はカウリング前部です。円錐状のプラ板を内張りしました。仕上げが汚く、鋳鉄のようです。これも実際みえないので問題なし...


しかし、ここまでのところ、前回から進捗がないのはなぜかと申しますと、エンジン前端の整流カバー作り直しの手戻り工事があったためです。以前からふたまわり程小さいのが気になっていたんですが、どうせ見えないしこのまま、と思っていたのです。ところが先日昼間に前部カウリングをかぶせて覗いてみると、以外に見える! 夜、蛍光灯の一方向の光の下での作業と昼間の間接光では、奥まった部分の見え方がかなり違いました。で、ふた周り大きいカバーをつくってかぶせました。
VFTS0021.jpg
調速器(もどき)も併せて作り直しです。

このあと、前部カウリングにリベットを入れ、エンジン周りのコード、パイプ類の塗装ができれば、前部カウリングを接着します。

以 上



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
携帯の接写のせいか変なパースがついてて印象いまいちです。エンジンも暗いし。カウリングがちょっと下寄りにも見えるし。
しかしこうして見てみると、エンジンの前にあるこのかたまりは何ね?という感じですねえ。機体を紡錘型とするべく強制冷却ファンをエンジン前方に置いてカウリングを伸ばした基本計画の苦しさがが浮き彫りな感じです。 


VFTS0019.jpg
パーツの状況です。左側がカウルフラップを受けるわっかです。折角一体でつくったのにテープをはったところで切れてしまいました。エンジン装着後に後付けできるようになったと考え問題なし。 右側はカウリング前部です。円錐状のプラ板を内張りしました。仕上げが汚く、鋳鉄のようです。これも実際みえないので問題なし...


しかし、ここまでのところ、前回から進捗がないのはなぜかと申しますと、エンジン前端の整流カバー作り直しの手戻り工事があったためです。以前からふたまわり程小さいのが気になっていたんですが、どうせ見えないしこのまま、と思っていたのです。ところが先日昼間に前部カウリングをかぶせて覗いてみると、以外に見える! 夜、蛍光灯の一方向の光の下での作業と昼間の間接光では、奥まった部分の見え方がかなり違いました。で、ふた周り大きいカバーをつくってかぶせました。
VFTS0021.jpg
調速器(もどき)も併せて作り直しです。

このあと、前部カウリングにリベットを入れ、エンジン周りのコード、パイプ類の塗装ができれば、前部カウリングを接着します。

以 上



スポンサーサイト

【2007/02/05 07:44】 | 模型-雷電
トラックバック(0) |


ハヤテ
せっかくの超絶エンジンですので

カウリング外した状態で仕上げませんか?





公試
>>ハヤテ殿
こんばんは、確かに前部カウルをつけて横だけ見せるよりカウルなしで前からみたほうが見栄えするんですが、そうすると調速器まわりのでっち上げが辛いです。 
ここは男らしく、毅然と、却下させていただきます、ゴメンナサイ。

雷電ですか!
ラッキーユダヤ
わざわざ拙者の面白くも何ともないブログにご来訪下さり、感謝申し上げます。

過去の記事を拝見させて頂きましたが、妥協をなさらぬお姿に感銘を受けました。

私など、すぐに妥協する技なし「ソウルモデラー」なので…。

また、ご家族を大事にされながらの製作活動には大きく心を動かされました。

やはり、私など足下にも及ばない技量をお持ちでいらっしゃると思います。

カウリングで見えなくなるエンジンをあそこまで手を加えるなんて…。

「コックピットでトランプができる」雷電、これからちょくちょく覗かせて頂いて、励みにさせて下さい!(笑)



ラッキーユダヤ
お邪魔しましたが、驚きました。

今にも唸りを上げそうなエンジン、細部のディテールに圧倒されました。

技なしソウルモデラーの私には到底マネできません!

ちょくちょく覗かせて頂いて、励みにさせて下さい!





公試
>>ラッキーユダヤ殿
おはようございます。 拙い私もソウルフルに、かつゆるゆると頑張りますので、たまに覗いてみてください。多分1ヵ月後も同じような絵を乗せてますーーー

家族を大事に?? そうか、伝わる人には伝わるのねん! 奥さん!読んでるか!俺は家族を大事にしてるんよ!子供!読んでるか!(な訳ない) お父さんは遅くにおきて、プラモを作ってるだけちゃうでーー!





作左
こんにちは。
せっかくのエンジンにカウルをかぶせるのは
残念ですね。
写真をアップで拝見すると
今さらながらテクニックの凄さに驚かされます。
完成が本当に楽しみです。


公試
>>作左衛門殿
おはようございます。
私自身このまま完成すればと思うのですが、いま大きな壁にあたっております。完成するのでしょうか??

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
せっかくの超絶エンジンですので

カウリング外した状態で仕上げませんか?


2007/02/05(Mon) 14:19 | URL  | ハヤテ #-[ 編集]
>>ハヤテ殿
こんばんは、確かに前部カウルをつけて横だけ見せるよりカウルなしで前からみたほうが見栄えするんですが、そうすると調速器まわりのでっち上げが辛いです。 
ここは男らしく、毅然と、却下させていただきます、ゴメンナサイ。
2007/02/05(Mon) 18:30 | URL  | 公試 #-[ 編集]
雷電ですか!
わざわざ拙者の面白くも何ともないブログにご来訪下さり、感謝申し上げます。

過去の記事を拝見させて頂きましたが、妥協をなさらぬお姿に感銘を受けました。

私など、すぐに妥協する技なし「ソウルモデラー」なので…。

また、ご家族を大事にされながらの製作活動には大きく心を動かされました。

やはり、私など足下にも及ばない技量をお持ちでいらっしゃると思います。

カウリングで見えなくなるエンジンをあそこまで手を加えるなんて…。

「コックピットでトランプができる」雷電、これからちょくちょく覗かせて頂いて、励みにさせて下さい!(笑)
2007/02/07(Wed) 00:33 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
お邪魔しましたが、驚きました。

今にも唸りを上げそうなエンジン、細部のディテールに圧倒されました。

技なしソウルモデラーの私には到底マネできません!

ちょくちょく覗かせて頂いて、励みにさせて下さい!


2007/02/07(Wed) 03:10 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
おはようございます。 拙い私もソウルフルに、かつゆるゆると頑張りますので、たまに覗いてみてください。多分1ヵ月後も同じような絵を乗せてますーーー

家族を大事に?? そうか、伝わる人には伝わるのねん! 奥さん!読んでるか!俺は家族を大事にしてるんよ!子供!読んでるか!(な訳ない) お父さんは遅くにおきて、プラモを作ってるだけちゃうでーー!


2007/02/07(Wed) 07:33 | URL  | 公試 #-[ 編集]
こんにちは。
せっかくのエンジンにカウルをかぶせるのは
残念ですね。
写真をアップで拝見すると
今さらながらテクニックの凄さに驚かされます。
完成が本当に楽しみです。
2007/02/12(Mon) 10:22 | URL  | 作左 #jPC7I2S6[ 編集]
>>作左衛門殿
おはようございます。
私自身このまま完成すればと思うのですが、いま大きな壁にあたっております。完成するのでしょうか??
2007/02/12(Mon) 12:12 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters