After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
I follow a general procedure of the airplane model, and, first, make it from the cockpit.
The all-in-one design cockpit of the kit is dissatisfied. Therefore, I do scratch. First of all, from the floor structure and the console. I made it separately before and after.

This side is a front seat, and the interior side is a rear seat. I used parts of the kit for meter board of the front. It is impossible for me to make the one that is more wonderful than the kit parts . Meter board on both sides became wide a little.The throttle lever has not been produced yet.

Because the left side of the rear seat is dirty with the patty as for what, it mends.
Meter board layout on both sides is slightly different in the photograph and the drawing.
It is because the equipment is different according to the country that operates it.

It is the first time for me to regenerate the cockpit with 48 jets. There are no aftermarket-parts for type F. Avionics (old Black Box) release for type E. They are wonderful, but 2set are needed.
I bought T-38 of Fujimi looking for parts that seemed to be able to be used.
However, this kit was older than F-5 of the monogram and did not have parts that seemed to be able to be used because 1/50.

------------------------------------
The next step is inside of the body around the seat or the cockpit.  All are ×2.

------------------------------------

ちょっとした進捗もネタとして手元に持っておくと、ついつい安心してしまって次の工作が停滞するので、出し惜しみせずまめにアップします。

------------------------------------

飛行機模型の常としてまずはコックピットということになります。 キットの一体型コックピットはあまりにもなんなんで、がんばって作り替えすることにしました。 まずはフロア構造、コンソールから。
キットでは前後席が一体の構造となっていますが、無理をせず前後を分けることとしました。というより、前後一体で作ってみたのですがうまく作れず没としました。

DSC00910.jpg

手前が前席、奥が後席です。 正面の計器盤はキットのパーツを使うこととしました。自作してもキットパーツ以上のものを作る自信が無く。
両横の計器盤はもう少し細いようですが正面の計器盤とのつながりからこれで良しとします。というより、もう一度作る気がしません。 スロットルレバーは未だです。 なにやら後席の左側がパテで汚れていますので直しておきます。
両横の計器盤レイアウトは写真や図面で微妙に違います。運用する国毎の装備機器の違いによるものと思いますが、どの国の機体にするかは全く決めていないので、最大公約数的な無難な配置で逃げます。

しつこく元パーツを載せます。 これよりかは良くなったろうと。
DSC00906.jpg

------------------------------------

48ジェットでコックピットを作り替えるというのは初めてです。
普通はアフターパーツを探しますがF型用はさすがにありません。E型が確かアビオニクス(旧ブラックボックス)から出ていたかと思います。 十分流用できそうですが2式必要となります。 
それからクラシックエアフレームのT-38なりF-5Bのパーツはばっちりかと思います。同社のF-5Aが手元にありますがすばらしいレジンパーツです。 しかしながら高価なキットだけにもったいないです。
フジミのT-38を、使えるパーツはないかと購入しましたが、本キットに輪をかけて古く、また1/50ということで使えそうなパーツはありませんでした。どうしましょうか・・・

------------------------------------

次はシート あるいは コックピット周りの胴体側 ということになります。 すべてが×2で、なかなか大変そうです。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
キットでは前後席が一体の構造となっていますが、無理をせず前後を分けることとしました。というより、前後一体で作ってみたのですがうまく作れず没としました。

DSC00910.jpg

手前が前席、奥が後席です。 正面の計器盤はキットのパーツを使うこととしました。自作してもキットパーツ以上のものを作る自信が無く。
両横の計器盤はもう少し細いようですが正面の計器盤とのつながりからこれで良しとします。というより、もう一度作る気がしません。 スロットルレバーは未だです。 なにやら後席の左側がパテで汚れていますので直しておきます。
両横の計器盤レイアウトは写真や図面で微妙に違います。運用する国毎の装備機器の違いによるものと思いますが、どの国の機体にするかは全く決めていないので、最大公約数的な無難な配置で逃げます。

しつこく元パーツを載せます。 これよりかは良くなったろうと。
DSC00906.jpg

------------------------------------

48ジェットでコックピットを作り替えるというのは初めてです。
普通はアフターパーツを探しますがF型用はさすがにありません。E型が確かアビオニクス(旧ブラックボックス)から出ていたかと思います。 十分流用できそうですが2式必要となります。 
それからクラシックエアフレームのT-38なりF-5Bのパーツはばっちりかと思います。同社のF-5Aが手元にありますがすばらしいレジンパーツです。 しかしながら高価なキットだけにもったいないです。
フジミのT-38を、使えるパーツはないかと購入しましたが、本キットに輪をかけて古く、また1/50ということで使えそうなパーツはありませんでした。どうしましょうか・・・

------------------------------------

次はシート あるいは コックピット周りの胴体側 ということになります。 すべてが×2で、なかなか大変そうです。

スポンサーサイト

【2009/01/21 12:15】 | 未分類
トラックバック(0) |


mabo
こんばんは、公試さん
しょっぱなから超絶工作ですね!
見ているだけで私は停滞してしまいそうですよ(笑
公試さんの1品は、出だしから仕上げまでダレることなくこのクオリティですから
真似出来るはずがないよなぁと呟かせてください。
まだまだ始まったばかりでしょうけれど、楽しみにしています。



公試
>>mabo殿
始まったばかりですでに息切れしかけています・・・
ちょっと地雷を踏んだかなあという気がしています。
じっくり進めますんで、ゆるゆるとお楽しみください?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、公試さん
しょっぱなから超絶工作ですね!
見ているだけで私は停滞してしまいそうですよ(笑
公試さんの1品は、出だしから仕上げまでダレることなくこのクオリティですから
真似出来るはずがないよなぁと呟かせてください。
まだまだ始まったばかりでしょうけれど、楽しみにしています。
2009/01/23(Fri) 18:21 | URL  | mabo #W4yECcMk[ 編集]
>>mabo殿
始まったばかりですでに息切れしかけています・・・
ちょっと地雷を踏んだかなあという気がしています。
じっくり進めますんで、ゆるゆるとお楽しみください?
2009/01/24(Sat) 10:01 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters