After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
いまさらながらなんですが、「あけましておめでとうございます」 本年もよろしくお願いします。

------------------------------------

 正月は旧友とだべり(子供と自身の健康の話ばかり・・ おっさんですなあ)、兄弟が集い、という程度で大きなイベントはありませんでした。 のんびりできたかというと仕事初めが5日ということで、不完全燃焼でした。

 さて年が明けてから、模型ブログにふさわしいネタが一切ありません。手は動かしてないわ、買い物はしてないわ、で何もアップすることがなく今日までずるずると来たわけですが、このままぐずぐずしててもいかん、ということで今年の目標を高らかに掲げ自分にプレッシャーをかけたいと思います。

1)仕掛品を幾つかかたづけよう
   ・フジミ(日東)の97シリーズ3両
   ・タミヤ48 マーダーⅢ、タイガーⅠ
   ・ハセガワ72の零戦    
  全部合計してもせいぜい十数時間のことがどうしてできないのか! 喝。

2)今年は手元の在庫に一ジャンルを築きつつある大戦末期のレシプロ機を幾つか作ろうと思っています。 Ta152(アオシマ)、キー94、XF-8B、ホーカーテンペストあたり。

3)35のAFVを作ろう
  チャーチルかチェンタウロを購入・製作するか、在庫からシャールB1を仕上げるか。ちょこっとデティールを追加するくらいの力の入れ具合で。

4)1作入魂を年1作
 雷電、F-1と来て、今年は72のJu88かHe219をと考えておったのですが、資料面でモノ足らず挫折しました。 資料ドリブン(すばらしい資料があってはじめて製作意欲が沸くという意)な自分にあって、両機は私の手に余るものでした。 世傑ではエンジンとならず離陸できませんでした。
 そこで、次善の策として資料の豊富ななつかしジェット(またかよ・・)を48でと考えています。 48でもなるべく小さい機体。 センチュリーシリーズ以前の機体とか、F-5とかA-4。 センチュリーシリーズは大柄過ぎて入魂するには手におえそうもありません。 F-16はなんか火がつかない感じです。

 まあぐずぐずしてるより、手を動かそう ということで、1月中には着工したいと思っています。まずはこの3連休 と思ったのですが、残念ながらべったりお仕事です。 「○○製作記(1)」は1月末かなあと。

スポンサーサイト

【2009/01/08 23:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters