After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
昨日(12/6)大阪へ行ってきました。 2008年度JMCの大阪における作品展です。

---------------------------
寒風吹き荒ぶ中、家族総勢5名にて昼過ぎに大阪城ホールに行きました。 会場で会社の友人Y君と待ち合わせての遠征です。(彼は艦船・飛行機が好きなモデラーであり、毎年でっかいカメラを担いでF-1に遠征する筋金入りのマニアです)

脈絡もなくこれは!と撮った写真をのっけます。
IMG_0814.jpg
これはマスターズクラスの受賞作でしたが、素晴らしい仕上がりで、溜息が出すぎて息苦しくなるほどでした。メタル貼りで、かつ、うねりとリベットを再現されています。 パーフェクトととはこのことでしょうか。

IMG_0815.jpg
JMC大賞受賞作品です。これまた凄い作品でした。リベットを再現!細部は徹底して作り直されている様。塗装も雰囲気がありました。 

IMG_0818.jpg
子供らにはこういうのがうけていました。水の表現とか、転倒した戦車に驚いたようです。

IMG_0822.jpg
インプレッサはラジコンを通じて子供がよく知っている車種(というかそれくらいしか知らない)なので、スゴイと申しておりました。 ラリー車は難しそうです。

IMG_0823.jpg
こういうAFVの埃っぽい表現は飛行機には無いです! 飛行機ではたしかにそういう表現が適した場面、機種が限られますが。


IMG_0824.jpg
マスターズ賞のF-106です。★印はすべてマスキング塗装でしょうか!? 見事な塗装、細部工作でありました。すごいです。

IMG_0829.jpg
グランドマスター!のP-3Cですが、ひえーっという作品でした。入魂のフラップが下面で見えにくくもったいない限りでした。

IMG_0830.jpg
これはスイッチを押すとハリアーが轟音と共に離陸し、着陸するというものですがなんと脚も伸縮していました。

↓↓12/8追記(作者のお名前が写っておりましてちまちま修正していました)↓↓↓

IMG_0826_20081208143007.jpg
MRJです。 見事な仕上がりです。ツンとした機首回り、惚れ惚れします。 これは元キットはいったい何なんでしょうか? これは改造部門 という位置づけでしょうか。 

IMG_0820_20081208143026.jpg
「またか」の、自分の作品も。「マスターズ賞」!!を頂きましたが力作ぞろいに囲まれた中では、小さく見えました。やはり華が無いというか、派手さに欠けます。

↑↑↑12/8追記↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑





----------------------------------
私のF-1のような臓物系はあまり多くなかったです。1/32マスターズ賞受賞作を含めたF-104複数機、F-14数機、コテコテに手を入れたモホークくらいだっかかと思います。 偉そうに申しますと、「改造部門」に臓物系でというのが入賞の近道では、と感じました。 丁寧な工作、塗装だけではなかなか頭一つ目立つというのは難しいと思います。

欧米か?というようなコテコテの退色系もほとんど無かったです。すっきりまとめた飛行機の王道系がほとんどでした。

リベット打ちはみなさんごく普通にされていました。 そのなかでマスターズクラスの、きわめて繊細に打たれたF-105(繊細すぎて写真に写らず)とわざとカエリを残したP-47が素晴らしかったです。
----------------------------------
JMCの後、大阪城に上ってきました。
IMG_0832.jpg

大阪城のなかには、秀吉自体の大坂城の模型がありました。 カッコいい!!! が、これがあったフロアは撮影禁止で、職員の方に叱られました。
IMG_0841.jpg

帰るころは既に暗くなりかけていました。
IMG_0846.jpg
初登場の奥さんと子供3人です。(「あー、そういえはこの家族、会場にいてた!」) 




スポンサーサイト

【2008/12/08 18:00】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


hagu
受賞おめでとうございます!会場にはご家族の方もご一緒されたのですね♪
華がない・・>私は臓物を孕んだ作品ほど心をくすぐられるものはありません。さらにガラスを通して下方からも鑑賞できる心配り。。たまりません♪
私なら本機と1枚目のメタル貼りP47が最優秀賞なのですが・・
大阪城の模型は撮影禁止なのですか。
次はお城・・という手もw



公試
>>hagu殿
ありがとうございます。当日は家族総出での遠征となりました。 平日奥さんに家庭の全てをお願いしているので、休日に単独行動はなかなか出来ません・・ まあ、奥さんも子供も嬉しそうについて来てくれました。

P-47は、「これはオレには無理やなあ・・」と。 イチローのバッティングを目の当たりにした長島一茂というところです。

大阪城模型は、同じフロアに合戦の屏風絵なんかがありまして、そのためにフロア全体が撮影禁止となっていました。 次はお城・・というのは密かに思うところでありまして、近日発売予定の童友社joyjoyシリーズ安土城を心待ちにしています!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
受賞おめでとうございます!会場にはご家族の方もご一緒されたのですね♪
華がない・・>私は臓物を孕んだ作品ほど心をくすぐられるものはありません。さらにガラスを通して下方からも鑑賞できる心配り。。たまりません♪
私なら本機と1枚目のメタル貼りP47が最優秀賞なのですが・・
大阪城の模型は撮影禁止なのですか。
次はお城・・という手もw
2008/12/11(Thu) 13:51 | URL  | hagu #-[ 編集]
>>hagu殿
ありがとうございます。当日は家族総出での遠征となりました。 平日奥さんに家庭の全てをお願いしているので、休日に単独行動はなかなか出来ません・・ まあ、奥さんも子供も嬉しそうについて来てくれました。

P-47は、「これはオレには無理やなあ・・」と。 イチローのバッティングを目の当たりにした長島一茂というところです。

大阪城模型は、同じフロアに合戦の屏風絵なんかがありまして、そのためにフロア全体が撮影禁止となっていました。 次はお城・・というのは密かに思うところでありまして、近日発売予定の童友社joyjoyシリーズ安土城を心待ちにしています!
2008/12/12(Fri) 11:51 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters