After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
続けての続きの更新です。  パイロンでこんなにちまちま書いている現況を踏まえ、完成見込みは「48」に変更します。


-----------------------------------
1) プラ板に絵を写し取れたのでスジ彫りをします。
パーツを切り出す前にしたほうが圧倒的に作業性が良いです。 スジ彫り自体はなんら目新しい部分はありません。カルコとハセガワトライツールのゲージです。
DSC00809.jpg


2) だいたい彫れたらペーパーがけしてかえりをとります。
DSC00810.jpg
3) コピックでスミ入れして様子を見ました。 エナメルを入れると割れてしまいそうなんでコピックを使用しました。結構脱線して見苦しいです。
DSC00811.jpg


4) パーツを切り出しました。下から2枚目がキットのパーツです。 
DSC00812.jpg
結果的に全長はほぼ同じとなりました。 キットのパーツが高さが低い点については、ASM-1をあわせてみるとASM-1の翼が機体主翼にあたってしまうのでやはり低いのは間違いないようです。主翼下面に張り付く部分の長さが大きく異なります。キットのパーツの長さではフラップをクリアできません。 ので大体この自作パーツの大きさがいい線いっているのではと思います。

5) 2枚を張り合わせました。 一応完成です。
DSC00813.jpg
キットのパーツにくらべずいぶん力強くなりました。 もともとキットのパーツにスジ彫りをしようとしたのですが、めちゃめちゃ難しく挫折し、自作と相成りました。キットのパーツを生かすよりずっと簡単です。主翼取り付け部に小さなふくらみをプラ棒でつけましたが、これが一番難しかった工程です。


-----------------------------------


結局、前回の1)から、今回の5)までできっちり1.5Hかかりました。結構早くできたと思います。ちょっと荒っぽい出来ですが、全長おおよそ3cmの実長に縮めて見て頂けたらば、まあこんなもんかなと思えます?

以 上
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
3) コピックでスミ入れして様子を見ました。 エナメルを入れると割れてしまいそうなんでコピックを使用しました。結構脱線して見苦しいです。
DSC00811.jpg


4) パーツを切り出しました。下から2枚目がキットのパーツです。 
DSC00812.jpg
結果的に全長はほぼ同じとなりました。 キットのパーツが高さが低い点については、ASM-1をあわせてみるとASM-1の翼が機体主翼にあたってしまうのでやはり低いのは間違いないようです。主翼下面に張り付く部分の長さが大きく異なります。キットのパーツの長さではフラップをクリアできません。 ので大体この自作パーツの大きさがいい線いっているのではと思います。

5) 2枚を張り合わせました。 一応完成です。
DSC00813.jpg
キットのパーツにくらべずいぶん力強くなりました。 もともとキットのパーツにスジ彫りをしようとしたのですが、めちゃめちゃ難しく挫折し、自作と相成りました。キットのパーツを生かすよりずっと簡単です。主翼取り付け部に小さなふくらみをプラ棒でつけましたが、これが一番難しかった工程です。


-----------------------------------


結局、前回の1)から、今回の5)までできっちり1.5Hかかりました。結構早くできたと思います。ちょっと荒っぽい出来ですが、全長おおよそ3cmの実長に縮めて見て頂けたらば、まあこんなもんかなと思えます?

以 上
スポンサーサイト

【2008/07/04 12:49】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


Mach0.9
こちらには初めてお邪魔すると思います
Mach0.9と申します。

模型でブログしているのですが、
この接着剤転写法にはびっくりしました。
大型機とかフラップとかが好きでけっこう工作しているのですが、
複数パーツは力技で何とか形をそろえてきたので。

三菱F-1も、それもフラップダウンで作ることを狙っていたので、
公試さんが完成されたら、それを参考にゆるゆると作り始めようと思っていますw


公試
>>Mach0.9殿
こんにちは。
この方法はAFVのスクラッチや、艦船の甲板置き換えで用いられている方法です。 複数パーツを作る場合や、罫書きが難しいパーツを作る際に好適です。 パソコンを間に入れることで、コピーやら水平・直角・均等割りが簡単に出来ます。
去年48で雷電のエンジンを作った際には、シリンダヘッドの導風板(なんとも形容しがたい変な形です)を14枚切り出す必要があり、この方法を用いて乗り切りました。

AJサベージ、ずっと拝見しておりました、繰り出される力技の連続に、これはおっさんにはついていけんわ・・ と感服した次第です。


ラッキーユダヤ
もう凄すぎてコメントしようがありません(汗)

PC使えないアナログおさーんは邪道となってしまう時代なんですかね~

夏場はやっぱり頭にタオルを巻いて、筆を片手にラッカーの臭いをプンプンさせて、

…西瓜を食べながら「う~ん、ちょっと色が違うかな…」と唸るのが正しい昭和の少年で…(以下略)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
出来はあんまり大したことないんです。 自分の身の回りで模型に使えそうなものを利用したというだけです。

夏場はラッカーの臭いが効きます。最近は塗装すると数時間してやたら眠くなります。 これも歳のせいでしょうか?? 昭和の少年も(以下略)



KPの里
トナーを利用した転写方法お見事です。
パイロンの形も凄く良くなりましたね。
この記事を拝見したらずっと前にある店先で見た自作ハンコの作り方ビデオを思い出しました。
プラモに転用できる技術って結構ありますよね。


公試
>>KPの里殿
パイロンは実はベースにした写真にパースがあって前部が大きめに誇張されています。 まあ力強くっていいかとしました。 

案外しょーもないものがプラモに使えたりします。スジ彫りはPカッターを加工した特殊工具でないと出来ないと思い込んでいた(思い込まされていた)ところ、カルコで出来ると知ってずっこけたこともありました。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こちらには初めてお邪魔すると思います
Mach0.9と申します。

模型でブログしているのですが、
この接着剤転写法にはびっくりしました。
大型機とかフラップとかが好きでけっこう工作しているのですが、
複数パーツは力技で何とか形をそろえてきたので。

三菱F-1も、それもフラップダウンで作ることを狙っていたので、
公試さんが完成されたら、それを参考にゆるゆると作り始めようと思っていますw
2008/07/05(Sat) 17:03 | URL  | Mach0.9 #SFo5/nok[ 編集]
>>Mach0.9殿
こんにちは。
この方法はAFVのスクラッチや、艦船の甲板置き換えで用いられている方法です。 複数パーツを作る場合や、罫書きが難しいパーツを作る際に好適です。 パソコンを間に入れることで、コピーやら水平・直角・均等割りが簡単に出来ます。
去年48で雷電のエンジンを作った際には、シリンダヘッドの導風板(なんとも形容しがたい変な形です)を14枚切り出す必要があり、この方法を用いて乗り切りました。

AJサベージ、ずっと拝見しておりました、繰り出される力技の連続に、これはおっさんにはついていけんわ・・ と感服した次第です。
2008/07/06(Sun) 22:01 | URL  | 公試 #-[ 編集]
もう凄すぎてコメントしようがありません(汗)

PC使えないアナログおさーんは邪道となってしまう時代なんですかね~

夏場はやっぱり頭にタオルを巻いて、筆を片手にラッカーの臭いをプンプンさせて、

…西瓜を食べながら「う~ん、ちょっと色が違うかな…」と唸るのが正しい昭和の少年で…(以下略)


2008/07/08(Tue) 00:39 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
出来はあんまり大したことないんです。 自分の身の回りで模型に使えそうなものを利用したというだけです。

夏場はラッカーの臭いが効きます。最近は塗装すると数時間してやたら眠くなります。 これも歳のせいでしょうか?? 昭和の少年も(以下略)
2008/07/10(Thu) 07:09 | URL  | 公試 #-[ 編集]
トナーを利用した転写方法お見事です。
パイロンの形も凄く良くなりましたね。
この記事を拝見したらずっと前にある店先で見た自作ハンコの作り方ビデオを思い出しました。
プラモに転用できる技術って結構ありますよね。
2008/07/10(Thu) 22:33 | URL  | KPの里 #-[ 編集]
>>KPの里殿
パイロンは実はベースにした写真にパースがあって前部が大きめに誇張されています。 まあ力強くっていいかとしました。 

案外しょーもないものがプラモに使えたりします。スジ彫りはPカッターを加工した特殊工具でないと出来ないと思い込んでいた(思い込まされていた)ところ、カルコで出来ると知ってずっこけたこともありました。 
2008/07/11(Fri) 12:38 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters