After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
早くも?「30」となりました。 完成は「42」とみました。どうでしょうか。

さて、翼下のパイロンについてはキットのパーツが物足らないため、どこからか引っ張ってくるいいパーツはないかと物色しておったのですが、結局自作しました。
そこでこのブログでは珍しく、というか模型ブログとしてあるべき姿といいますか、その製作過程を記すこととします。 AFVやら艦船でよく知られた方法ですので今更という感じもしますが。

---------------------------------------
1) まず、なるべく真横から撮った写真をネットでさがし、これをもとにパイロンの絵を描きます。 パワーポイントの描画機能を使いましたが、ドロー系なら何でも構いません。  
これをソフトのコピー機能・拡大縮小機能を使って、いろいろな大きさを用意します。 写真では6種見えていますが、左下のものを使いました。 これは、きっちりした大きさを計算で求めるより、だいたいの大きさのものを複数用意して、キットに合わせてみて決めるほうが早いという大雑把な性格によるものです。
DSC00805.jpg

言い忘れました、今回は0.5mmプラ板を2枚貼りあわせて一つのパイロンを作ります。 よって、4つ絵があればいいのですが、失敗もありますので8個絵を用意しています。 2枚を貼りあわせるというのが一つのミソです。

それから、インクジェットプリンタは不可です、次の工程で転写できません。 コピー機でコピーすればOKです。

絵を用意する過程はスルーしましたが、15分くらいでさっさと描けました。



2) これをプラ板に写します。さっきの写真の右にあった接着剤を紙に塗ります。 コピーまたはレーザープリンターで出力した紙の線は接着剤で溶けます。
DSC00806.jpg
接着剤は、普段あまりつかっていないハンブロールのものを「もったいない」精神で使いました。 あまり揮発の早いものは宜しくありません。

3) これを乾かないうちにプラ板に押し付けます。子供の頃にやった版画の感じです。ごしごしやります。ずれないようにごしごしやります。すると接着剤の染みた紙がかるくプラ板にひっつきます。
DSC00807.jpg


4)紙をはがします。すると接着剤で溶けた線がプラ板に写っています。
DSC00808.jpg
接着剤をしみこませた紙を押し付けたらプラ板の表面が荒れるのでは?という心配は杞憂であります。いわゆる梨地仕上げ程度でありまして、結局あとからペーパがけするので問題ありません。

ここまでのミソは、手で絵を描かない、けがかない という点です。 複数の絵を同じに描くのは非常に難しいです。どうしても誤差が出ます。 ここでパソコン・プリンターをつかえばきっちり同じ絵が用意できます。 微妙に大きさのことなる絵を複数用意して後から決めるというのもパソコン利用ならでは です。 きっちりした大きさに悩むよりさっさと手が動かせて、精神衛生的にもよいです。

次回に続きます。 (えー、このネタで引っ張るかー!?)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
2) これをプラ板に写します。さっきの写真の右にあった接着剤を紙に塗ります。 コピーまたはレーザープリンターで出力した紙の線は接着剤で溶けます。
DSC00806.jpg
接着剤は、普段あまりつかっていないハンブロールのものを「もったいない」精神で使いました。 あまり揮発の早いものは宜しくありません。

3) これを乾かないうちにプラ板に押し付けます。子供の頃にやった版画の感じです。ごしごしやります。ずれないようにごしごしやります。すると接着剤の染みた紙がかるくプラ板にひっつきます。
DSC00807.jpg


4)紙をはがします。すると接着剤で溶けた線がプラ板に写っています。
DSC00808.jpg
接着剤をしみこませた紙を押し付けたらプラ板の表面が荒れるのでは?という心配は杞憂であります。いわゆる梨地仕上げ程度でありまして、結局あとからペーパがけするので問題ありません。

ここまでのミソは、手で絵を描かない、けがかない という点です。 複数の絵を同じに描くのは非常に難しいです。どうしても誤差が出ます。 ここでパソコン・プリンターをつかえばきっちり同じ絵が用意できます。 微妙に大きさのことなる絵を複数用意して後から決めるというのもパソコン利用ならでは です。 きっちりした大きさに悩むよりさっさと手が動かせて、精神衛生的にもよいです。

次回に続きます。 (えー、このネタで引っ張るかー!?)
スポンサーサイト

【2008/07/04 07:45】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters