After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
VABにつづいてはF-1の状況を、と行きたいんですが、目だった進捗ありませんという報告だけです。

今何をやっているかというと、塗装前に片付けておくべき機体外面のちょこまかした細工を実施中です。 残りは、アンテナ、AOAセンサー、垂直尾翼のピトー管といった小物の製作・取り付けです。 大したことは無いんです。気合入れたらすぐ出来そうですが面倒でさっぱりやる気がおきません。1週間位眺めているだけです。 

その他:

「電撃スケールモデラー」(以下DSM)が休刊となりました。 1年もたず?残念です。 

私は模型誌についてはスケールアビエーション(SA)をずっと買っていて(これは飛行機専門誌ということだけで惰性)、後は中身次第でモデルアート(MA)やモデルグラフィックス(MG)を時々買ってます。マスターモデラー(MM)は4年ほど購読して止めてしまいました。 

DSMは半分強くらいの比率で買っていて結構楽しみにしていました。 1)作例は丁寧ですばらしいし(SAは一時期何じゃこりゃっちゅうのが・・)、2)記事は落ち着いているし(MGは青臭すぎる 何を語ってもチェリーボーイの誇大妄想話に聞こえる)、3)装丁はきれい(MAはいつまでたっても垢抜けん)、4)アニメ・美少女が無くて電車でも読める(児童ポルノ規制が厳しくなった今、もはやMGは新製品紹介欄だけであっても美少女フィギュアを一切載せるべきではない!) ということで、「電撃」というイメージとは裏腹に、スケールモデルの真ん中を行って各誌から読者をうまく取り込み、かつ、出戻りも若年層も引き付けて結構行くのでは・・ と思っていたのですが。

以前、モデルアートが飛行機モデラー向けにMーcatsを創刊しましたが、これも1年前後?で終わってしまいました。(全号古本屋に処分したなあ・・) そういえばホビージャパンはHJ+を4号ほど出しましたがその後どうなってんでしょうか。
結局、1)奇をてらわない丁寧な作例、2)安心して読める記事、3)きれいな装丁、4)アニメ・美少女抜き、という模型誌は売れない、マーケットが無いということなんでしょうか?

一応、「休刊」ということなので、いつか隔月でも復活することがあるとして、個人的希望を。

1)コストかけすぎ。   紙質が良すぎました。活字主体の読み物の記事についてもつるつる紙は無駄でした。 背中が接着の無線とじ?も贅沢。 もっと安い紙で、中綴じ すなわちMGの体裁でよいです。 
2)現用機を取り上げる心意気や良し
私が一番好きなのは大戦末期のレシプロ機ですが、さすがに若年層を惹きつける将来性がないと思います。 もはや現用機主体で行きましょう。
3)ジャンル毎の記事のバランスはちょうどよかったのでは。 
4)マニア度というか、作例の凝り具合もちょうど良かったと思います。
5)速報性と資料性のバランスという点ではもう少し資料性側に振ってもよかったような。

結局、同じような本を安いつくりで800円位にまとめて、MAみたいに小口の広告もかき集めたら大きな商売にはならなくても成り立つのではと思うんです。 タミヤモデルマガジンのような装丁でもう少し厚めの雑誌。 しかしそんな小さなビジネスはアスキーメディアワークスという会社にはなじまないんでしょうか・・・

以上、「えらそうに語るおのれは何様のつもりじゃ!」
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

その他:

「電撃スケールモデラー」(以下DSM)が休刊となりました。 1年もたず?残念です。 

私は模型誌についてはスケールアビエーション(SA)をずっと買っていて(これは飛行機専門誌ということだけで惰性)、後は中身次第でモデルアート(MA)やモデルグラフィックス(MG)を時々買ってます。マスターモデラー(MM)は4年ほど購読して止めてしまいました。 

DSMは半分強くらいの比率で買っていて結構楽しみにしていました。 1)作例は丁寧ですばらしいし(SAは一時期何じゃこりゃっちゅうのが・・)、2)記事は落ち着いているし(MGは青臭すぎる 何を語ってもチェリーボーイの誇大妄想話に聞こえる)、3)装丁はきれい(MAはいつまでたっても垢抜けん)、4)アニメ・美少女が無くて電車でも読める(児童ポルノ規制が厳しくなった今、もはやMGは新製品紹介欄だけであっても美少女フィギュアを一切載せるべきではない!) ということで、「電撃」というイメージとは裏腹に、スケールモデルの真ん中を行って各誌から読者をうまく取り込み、かつ、出戻りも若年層も引き付けて結構行くのでは・・ と思っていたのですが。

以前、モデルアートが飛行機モデラー向けにMーcatsを創刊しましたが、これも1年前後?で終わってしまいました。(全号古本屋に処分したなあ・・) そういえばホビージャパンはHJ+を4号ほど出しましたがその後どうなってんでしょうか。
結局、1)奇をてらわない丁寧な作例、2)安心して読める記事、3)きれいな装丁、4)アニメ・美少女抜き、という模型誌は売れない、マーケットが無いということなんでしょうか?

一応、「休刊」ということなので、いつか隔月でも復活することがあるとして、個人的希望を。

1)コストかけすぎ。   紙質が良すぎました。活字主体の読み物の記事についてもつるつる紙は無駄でした。 背中が接着の無線とじ?も贅沢。 もっと安い紙で、中綴じ すなわちMGの体裁でよいです。 
2)現用機を取り上げる心意気や良し
私が一番好きなのは大戦末期のレシプロ機ですが、さすがに若年層を惹きつける将来性がないと思います。 もはや現用機主体で行きましょう。
3)ジャンル毎の記事のバランスはちょうどよかったのでは。 
4)マニア度というか、作例の凝り具合もちょうど良かったと思います。
5)速報性と資料性のバランスという点ではもう少し資料性側に振ってもよかったような。

結局、同じような本を安いつくりで800円位にまとめて、MAみたいに小口の広告もかき集めたら大きな商売にはならなくても成り立つのではと思うんです。 タミヤモデルマガジンのような装丁でもう少し厚めの雑誌。 しかしそんな小さなビジネスはアスキーメディアワークスという会社にはなじまないんでしょうか・・・

以上、「えらそうに語るおのれは何様のつもりじゃ!」
スポンサーサイト

【2008/06/04 12:51】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


kpfw
早すぎる休刊でしたねぇ・・・
おっしゃる通りタミヤ本や海外の模型誌のように安い紙、たくさんの広告で出せないもんでしょうか?
その手の雑誌と提携していくつかの記事は翻訳版でもいいと思うのですが・・・
なかなかこのご時世難しいのでしょうね。


公試
>>kpfw殿
いやもう全く同感です。 安い紙、たくさんの広告で構わない、いくつかの記事は海外誌と提携した翻訳記事でいいというかそんな雑誌が欲しいです。 小さなマーケットですが、ニッチな雑誌としてなんとかなりそうに思うんですけどねえ・・・



ラッキーユダヤ
私の少年時代では考えられない模型環境であります。

善し悪しはともかく、ネットの発達により情報量が格段に違います。

飛行機専門誌なんて、私達が子供の頃に存在したでしょうか?

かような今のご時世、私のようなトウシロにはウハウハな時代…とは参りませんで、

「買って損した!」と思わない限りウェルカムですが、公試様のハードボイルド・モデリングを見てしまうとどの模型雑誌も手ぬるいと思ってしまいます。

これって中毒なんでしょうか?(爆)






公試
>>ラッキーユダヤ殿
たしかに現在の模型環境というのは隔世の感がありますね、模型誌は数誌あって、ネットで詳しい資料が集められて。 静岡でイベントがあれば即、詳しいレポートがネットに掲載されますし。 そのうえ、さらに「こんな雑誌」というのは贅沢ですね。 
ハードボイルド路線はちょっと息継ぎ中です。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
早すぎる休刊でしたねぇ・・・
おっしゃる通りタミヤ本や海外の模型誌のように安い紙、たくさんの広告で出せないもんでしょうか?
その手の雑誌と提携していくつかの記事は翻訳版でもいいと思うのですが・・・
なかなかこのご時世難しいのでしょうね。
2008/06/04(Wed) 21:41 | URL  | kpfw #ult41me.[ 編集]
>>kpfw殿
いやもう全く同感です。 安い紙、たくさんの広告で構わない、いくつかの記事は海外誌と提携した翻訳記事でいいというかそんな雑誌が欲しいです。 小さなマーケットですが、ニッチな雑誌としてなんとかなりそうに思うんですけどねえ・・・
2008/06/04(Wed) 22:12 | URL  | 公試 #-[ 編集]
私の少年時代では考えられない模型環境であります。

善し悪しはともかく、ネットの発達により情報量が格段に違います。

飛行機専門誌なんて、私達が子供の頃に存在したでしょうか?

かような今のご時世、私のようなトウシロにはウハウハな時代…とは参りませんで、

「買って損した!」と思わない限りウェルカムですが、公試様のハードボイルド・モデリングを見てしまうとどの模型雑誌も手ぬるいと思ってしまいます。

これって中毒なんでしょうか?(爆)



2008/06/05(Thu) 02:59 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
たしかに現在の模型環境というのは隔世の感がありますね、模型誌は数誌あって、ネットで詳しい資料が集められて。 静岡でイベントがあれば即、詳しいレポートがネットに掲載されますし。 そのうえ、さらに「こんな雑誌」というのは贅沢ですね。 
ハードボイルド路線はちょっと息継ぎ中です。


2008/06/05(Thu) 07:31 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters