After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
いろいろ雑用があって模型に大した時間を割くことができずストレスの溜まる今週末でありました。

VAB 4×4 は前回で工作終了ということで、塗装を開始しました。 正味15分ほどの作業ですが、色がのると俄然かっこよくなりました。
 
------------------

実車(飛行機では実機といいますが、AFVでは実車というのでしょうか?)は明るめのサンドと暗めのオリーブドラブの2色迷彩です。 色名は解りません。 Hellerの説明書にはハンブロールの番号で指示してありましたがなんのこっちゃです。 箱絵を頼りに適当に色をきめて塗ります。

まずはサンドを。 近そうな色2色を適当に混ぜて吹き付けました。
DSC00744.jpg
 後ろの箱絵と比べると、もっと白っぽい色にすべきのようです。
代わり映えしませんが、反対側。
DSC00743.jpg
なかなかかっこいいではありませんか! サイドの窓塞ぎ板をプラ板で作り変えたのは正解で、ずいぶん印象が良くなりました。 この辺だけ1/72のキットが1/70くらいに見えます(?) しなしながら、1枚目の写真をよくみると、機銃の側面に派手なパーティングラインが! しもた!修正しておきます。

さてこのキット、改めて箱のシールを見てみると678円也でありました。 安い!今どきなかなかこの値段ないです。 なんか得した気分です。

------------------

次は暗めのオリーブドラブを吹き付けます。 
拝見されている方は物足りないでしょうが、本人はいたっていい感じです。



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
代わり映えしませんが、反対側。
DSC00743.jpg
なかなかかっこいいではありませんか! サイドの窓塞ぎ板をプラ板で作り変えたのは正解で、ずいぶん印象が良くなりました。 この辺だけ1/72のキットが1/70くらいに見えます(?) しなしながら、1枚目の写真をよくみると、機銃の側面に派手なパーティングラインが! しもた!修正しておきます。

さてこのキット、改めて箱のシールを見てみると678円也でありました。 安い!今どきなかなかこの値段ないです。 なんか得した気分です。

------------------

次は暗めのオリーブドラブを吹き付けます。 
拝見されている方は物足りないでしょうが、本人はいたっていい感じです。



スポンサーサイト

【2008/05/25 21:45】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters