FC2ブログ
先日夜のこと、時間があったのでちょっと模型を触ろうか、その前に机の上の棚を整理しようかとゴソゴソしていてら、いきなり棚が倒壊し、積んできた模型が机にすぺり落ちてくるという惨事が発生しました。

棚は三段で、棚板の両端をレールに引っ掛ける構造ですが、そのレールが壁から外れてしまいました。 壁板は石膏ボードのため、レールを固定するネジがしっかり効いてなかったのです。

取り外した3枚の棚板です。

202002202050447e2.jpg


幸い、棚の60個程の模型が机の上にぶちまけられる、ということにはなりませんでした。昔のドリフのギャグで建物の床がガタンと落ちてすぺり台になるが如く、棚板の片側が外れていくらか滑り落ちてきたという状況でした。

棚にあったおおよそ60個のキットを一旦床に積み上げました。

2020022020512200d.jpg


復旧は簡単にでき、棚には改めて60個ほどを積み直したのですか、今回の惨事は色々と考えさせられるものでした。

なんと言っても、ストックが過剰であります。全体で250個くらいあります。この世界、千個単位のストックをゆうされる方はザラで、私の250個なんぞまさに序ノ口ですが、それでも客観的に見て多すぎる。私はコレクター的なつもりはなく、それぞれ明日からでも作るつもりで購入していたはずかこの体たらくです。最近の製作ペースは年に4ないし5機なので、50〜60年分に相当します。さらに悪いことには増加基調にあるということで、去年はオクで10機位買いました。

棚を復旧して積み直す際に改めてストックを見直すと、「これは作ることはないわなあ」というキットが散見されました。
例えばハセガワの72MIG-25は、コンドルのキットを作る前に購入し「格好悪いなあ」と思いつつももったいないなあと捨てずに置いていたものです。が、これを期に捨てることにします。タミヤの35旧のマチルダも今更作るはずがない。最近オクで買ったpmモデルのsu-15 もスタイル悪過ぎで作るはずがない(デティールがもっさいのはなんとかしようかと思いますが、似てなくて修整が大変なキットは諦めます)などなど。

それから、嗜好が変わってしまって、いまや全く興味がなくなってしまったものもかなりあります。72のフォッケ、A・D.48の262といったところは、(いまさら私が作っても何か面白いものが作れるとは思えん)と。それから、72のju388とかfw187なんかは飛行機としては面白い・興味がある・形にしたい、なんですが、資料の乏しい機体はやはり(いまさら私がつくっても先達の傑作に及ぶとは思えない)と。このあたりのラインも徐々に減らしていきたいと思います。

今後はストックを増やさない、を原則とし、一つ買ったら一つ処分する、位の覚悟で望む所存です。

さて、復旧した棚は一等地ですので、今作りたいキットを集めて積み直しました。

20200220211010b1e.jpg


これは良いです。従前は「作らんだろうなあ」というキットも目の前の棚にあったのが、今は「作りたい」というキットが並んています。高揚します。

改めて今週末から頑張りたいと思います。
スポンサーサイト




【2020/02/20 21:25】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters