FC2ブログ
義兄の葬儀が終わり、出張先に戻ります。

昨日まで確かに実在していた親しい人が、今日から記憶あるいは写真等の記録の中の人となりました。

きれいに死化粧されまるで眠っているかのような義兄は、わずか二時間あとには、白い骨となってしまいました。その瞬間に、義兄は記憶の中の存在に変わってしまいました。

盆・正月+αくらいしか顔を合わすことが無かったので、今日から何が変わるというわけではありませんが、会わない、と、二度と会うことが無い、は全く異なるものでした。

一方で、こころの中で生き続ける、というのもよく分かる気がします。葬儀が無事終わったこと、姉も娘さん二人もしっかりしてること、なんとなればこの頼りない義弟がサポートしますとも、と、心の中で義兄に話しかけます。そこには確かに義兄がいます。


仕事に戻るべく移動しながらも、3日前と同じように仕事に向き合えるかなあ、という気がします。
人生の儚いことを改めて思い知らされ、ならば、その日を楽しく享楽的に生きるべし、とまでは思いません。かと言って、仕事とか会社は人生の一時期の一側面であるに過ぎないとの思いも深まり、仕事に全力を尽くす、も違うなあと。
まだしばらくは家計を支えるべく頑張らないといかんのですが。
なんか、悟りをひらいたような心持ちです。
スポンサーサイト




【2019/11/10 16:36】 | 未分類
トラックバック(0) |

お疲れ様でした
XJunで〜す
この度は御愁傷様でした。
謹んでお悔やみ申し上げます。

私は4年前に父が身罷りました。
割と身体が弱く痛がりだったので「もうしんどくないで」と声をかけて見送りました。
手続きで大阪市内のあちこちで桜を眺めながら歩き回りながら、亡くなった父が季節を選んで亡くなったのかもしれないな、と感じたものです。


-
XJun殿
お心遣いありがとうございます。

もっと話しをしたかったなあ、とか、健康面、生活面で何かアドバイス出来てたのでは、とか考えてます。全ては後悔先にたたず、ですが。

私は両親共に健在です。最近流石に老いたなあという感じですが。後悔先に・・なんで、今のうちに何かしないと。

追って記事に記しますが、展示会の二日目が四十九日となり、欠席します。残念ですがこればかり葉仕方ない。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
この度は御愁傷様でした。
謹んでお悔やみ申し上げます。

私は4年前に父が身罷りました。
割と身体が弱く痛がりだったので「もうしんどくないで」と声をかけて見送りました。
手続きで大阪市内のあちこちで桜を眺めながら歩き回りながら、亡くなった父が季節を選んで亡くなったのかもしれないな、と感じたものです。
2019/11/13(Wed) 23:38 | URL  | XJunで〜す #uYRd4Z.Q[ 編集]
XJun殿
お心遣いありがとうございます。

もっと話しをしたかったなあ、とか、健康面、生活面で何かアドバイス出来てたのでは、とか考えてます。全ては後悔先にたたず、ですが。

私は両親共に健在です。最近流石に老いたなあという感じですが。後悔先に・・なんで、今のうちに何かしないと。

追って記事に記しますが、展示会の二日目が四十九日となり、欠席します。残念ですがこればかり葉仕方ない。
2019/11/17(Sun) 18:21 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters