After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
DSC00263.jpg
エンジンを並行して製作しています。リベット打ちは完了していませんが。
雷電はエンジン正面が強制冷却ファンで隠れるので、エンジンは側面をみせるつもりです。ここで問題は、側面を見せるに適したエンジンが無いということです。火星を装備したどの機体のキットのエンジンも、前後列を一体でモールドしたもので、横からは見せられません。(唯一の例外がオオタキの48ですが、2回り程小さく役に立たず) そこで、火星を離れ、良さげなエンジンパーツを切った貼ったしてます。

DSC00264.jpg
 色を乗せたり未だだったりでみっともない途中状況です。プラグコードも導風板もプッシュロッドの付け根もまだです。

DSC00266.jpg
機首に置いてみました。機体が上向きなのは、置いているだけだからです。傾けると落ちます。

実はカウルカバーの後部支持フレームというか、カウルフラップの支持フレームというか、へんちくりんなリングで苦労してます。先に進みません。

以 上
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
雷電はエンジン正面が強制冷却ファンで隠れるので、エンジンは側面をみせるつもりです。ここで問題は、側面を見せるに適したエンジンが無いということです。火星を装備したどの機体のキットのエンジンも、前後列を一体でモールドしたもので、横からは見せられません。(唯一の例外がオオタキの48ですが、2回り程小さく役に立たず) そこで、火星を離れ、良さげなエンジンパーツを切った貼ったしてます。

DSC00264.jpg
 色を乗せたり未だだったりでみっともない途中状況です。プラグコードも導風板もプッシュロッドの付け根もまだです。

DSC00266.jpg
機首に置いてみました。機体が上向きなのは、置いているだけだからです。傾けると落ちます。

実はカウルカバーの後部支持フレームというか、カウルフラップの支持フレームというか、へんちくりんなリングで苦労してます。先に進みません。

以 上
スポンサーサイト

【2006/12/17 22:06】 | 模型-雷電
トラックバック(0) |


ハヤテ
こんばんは。

導風板等忠実且つ丁寧に再現されてますね。
私は省略しました(汗)
火星23甲型は給排気管に苦労しますね(汗)

今後の展開に期待大であります(笑)








公試
>>ハヤテ殿

こんばんは。 実機を忠実になぞるばかりが「それらしさ」への近道ではなく、模型的センスでどこを省略してどこを再現するかが大切と思うのですが、あいにくセンスが。 
給排気管難しいですねえ。特に排気管。3次元の引き回し、どうするか悩んでます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

導風板等忠実且つ丁寧に再現されてますね。
私は省略しました(汗)
火星23甲型は給排気管に苦労しますね(汗)

今後の展開に期待大であります(笑)





2006/12/18(Mon) 18:08 | URL  | ハヤテ #-[ 編集]
>>ハヤテ殿

こんばんは。 実機を忠実になぞるばかりが「それらしさ」への近道ではなく、模型的センスでどこを省略してどこを再現するかが大切と思うのですが、あいにくセンスが。 
給排気管難しいですねえ。特に排気管。3次元の引き回し、どうするか悩んでます。
2006/12/19(Tue) 07:38 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters