After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
F-1製作記を、まがりなりにも、アップできたので、またちょっと寄り道。 

コニーの尾翼なんですが、悪態をついたパーツを載せておきます。

DSC00695.jpg

ヒケを写すのが難しかったです。(なんのこっちゃら)  両面ともこんな感じです。 前縁も分厚いです。 断面は翼型というより、ムーンライトクッキーのようです(例えが難しいです)。
3枚の垂直尾翼の、両脇2枚です。
DSC00697.jpg

こちらも分厚いしヒケヒケという出来です。分厚い前・後縁とヒケをまとめて削り倒したいんですが、そうすると繊細なモールドが消し飛んで、拙いスジ彫りに置き換えることになってしまいます。

ならば、いっそホビークラフトのコニーから尾翼を一式移植したほうがはやいかなあと思っています。両者の外寸はぴったり同じです、胴体との取り合いはもちろん異なりますが。 ホビークラフトは以前記したとおりツルツルなキットなんですが、尾翼には多少なりともスジ彫りがあり、これにレベルのパーツを見ながらスジ彫りをするのが近道かなあというわけです。 どちらにしろスジ彫りというのが、F-1でスジ彫り満腹・ゲップ出まくりな今の私にはメンドくさーですが。

この新しいレベルのコニーについては、雑誌・ネットで沢山素晴らしい作例が紹介されていますが、尾翼厚すぎー、とかヒケ過ぎーという御意見は目にしません。 ヒケにについては私がスカを引いたのでしょうか?? 前・後縁の厚みは 「こんなもんで普通 気にするな」 なのか、「削るのが当たり前、わざわざ書くほどのことではない」 のかどんなもんなんでしょうか。  


と、ここまではいくらかのやる気をうかがわせる記事ですが、 いずれにしてもF-1に飽いたときに手を伸ばす程度なんで、次回はまた忘れたころにアップします。

さて昨日、 このヒケの写真を撮るべく久しぶりに触っていると、胴体の窓を塞いだエポキシパテが奥まっている?! エポキシパテがヒケた?? もしやと、おそるおそるパテを突付いてみると、更に奥に入るのです。 プラに食いついていないエポキシパテの内張りが剥がれ気味で窓塞ぎが奥まってしまっていたのです。 瞬間を流し込んでの補修となりました。  どうも次回は更に先になりそうです・・
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
3枚の垂直尾翼の、両脇2枚です。
DSC00697.jpg

こちらも分厚いしヒケヒケという出来です。分厚い前・後縁とヒケをまとめて削り倒したいんですが、そうすると繊細なモールドが消し飛んで、拙いスジ彫りに置き換えることになってしまいます。

ならば、いっそホビークラフトのコニーから尾翼を一式移植したほうがはやいかなあと思っています。両者の外寸はぴったり同じです、胴体との取り合いはもちろん異なりますが。 ホビークラフトは以前記したとおりツルツルなキットなんですが、尾翼には多少なりともスジ彫りがあり、これにレベルのパーツを見ながらスジ彫りをするのが近道かなあというわけです。 どちらにしろスジ彫りというのが、F-1でスジ彫り満腹・ゲップ出まくりな今の私にはメンドくさーですが。

この新しいレベルのコニーについては、雑誌・ネットで沢山素晴らしい作例が紹介されていますが、尾翼厚すぎー、とかヒケ過ぎーという御意見は目にしません。 ヒケにについては私がスカを引いたのでしょうか?? 前・後縁の厚みは 「こんなもんで普通 気にするな」 なのか、「削るのが当たり前、わざわざ書くほどのことではない」 のかどんなもんなんでしょうか。  


と、ここまではいくらかのやる気をうかがわせる記事ですが、 いずれにしてもF-1に飽いたときに手を伸ばす程度なんで、次回はまた忘れたころにアップします。

さて昨日、 このヒケの写真を撮るべく久しぶりに触っていると、胴体の窓を塞いだエポキシパテが奥まっている?! エポキシパテがヒケた?? もしやと、おそるおそるパテを突付いてみると、更に奥に入るのです。 プラに食いついていないエポキシパテの内張りが剥がれ気味で窓塞ぎが奥まってしまっていたのです。 瞬間を流し込んでの補修となりました。  どうも次回は更に先になりそうです・・
スポンサーサイト

【2008/04/16 11:15】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


Stabatmater_9
これまた、分厚い尾翼ですね~。
筋彫りをし直すか交換するか迷います。
外プラでは少々の厚みやヒケは標準装備と言うことで雑誌では取り上げてくれないのかもしれませんね。
やっぱり本国の方でも標準装備として受け止めれているのでしょうかね(^_^)


公試
>>Stabatmater_9殿
あまりにも自信満々に分厚いんで、実機がこういう設計なのかと「世界の傑作機」を見返してみると当然そんなはずはなくシャープな尾翼周りでした。  
おっしゃるように当たり前の標準仕様で誰も気にしないんでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これまた、分厚い尾翼ですね~。
筋彫りをし直すか交換するか迷います。
外プラでは少々の厚みやヒケは標準装備と言うことで雑誌では取り上げてくれないのかもしれませんね。
やっぱり本国の方でも標準装備として受け止めれているのでしょうかね(^_^)
2008/04/17(Thu) 07:47 | URL  | Stabatmater_9 #-[ 編集]
>>Stabatmater_9殿
あまりにも自信満々に分厚いんで、実機がこういう設計なのかと「世界の傑作機」を見返してみると当然そんなはずはなくシャープな尾翼周りでした。  
おっしゃるように当たり前の標準仕様で誰も気にしないんでしょうか。
2008/04/17(Thu) 10:40 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters