FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
いわゆる燃え尽き症候群というやつで、先日六甲全山縦走の無事完走を果たしたことで、白い灰に成り果てました。(もう今年はおわったな...)という気分です。いやいや、クラブの展示会がいよいよ10日後くらいに迫ってるよ!Ju-88も-188も完成してないし! さらにいうと、Tu-134も残工事あったんちゃうの? という理性の声では、残念ながら私の模型エンジンは点火せず、分かってはいるけど、立ち上がれん状態です。これはもう、時間が解決してくれるの(尻に火がつく)のを待つしかありません。

さて、88.188を無事完成させた後なんですが、次はちょっと気合を入れて、一機入魂とまでいくかはともかく、作るつもりです。

今現在の妄想は、
1)SH-60k
ハセガワか、イタレリの72を基に、キャビンを拡大したり、機首をのばしたり。そこそこ大変ですが、分かる人にしか分からん、というリスクが。

2)F-111
ハセガワの72を基に、機首の電子機器、レーダをスクラッチ。妄想するだにワクワクしますが、問題が無きにしも非ず。機器のスクラッチとなると、どうしても(3Dプリンターやったら早いんやろうなあ)と考えて手が止まりそうな。最近、クラブで光造形式3Dプリンターの威力を目の当たりにし、手作業でのスクラッチがいままで以上に面倒臭く思えてしまします。本機着手は3D導入してからにすべきか、悩んでます。

3)B74SP
ハセガワの1/200を切った貼ったして、短胴型とする。そんなに難しそうではない、むしろ「気合いをいれて」に適うか、楽をし過ぎてないかオレ?
じつは、1/144のキット(レベル)も手元にあるのですが、いやこれはちょっとデカ過ぎるので、定年後まで(まだまだ先ですが)熟成させるつもりです。

という当りを毎日ぐるぐる考えています。そんな暇があるなら手を動かすべきですが、燃え尽きた灰はまだ動きそうにありません。
スポンサーサイト

【2018/11/28 19:20】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters