After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
どうしたんでしょうか?憑かれたように更新しております。  といってもどんどん進捗している訳ではなく、今週末は仕事なんで今のうちにと。 

主翼を取り付け十の字となりました。

DSC00658.jpg


主翼は前縁フラップも後縁フラップもないので、貧弱でかっこ悪いです。


スジ彫りはこのアングルから見える範囲はわりと簡単なんですが、胴体下面に往生しております。短い線が多くて、微妙な線幅の差異や、わずかな平行の乱れによりなかなかピシッとした感じになりません。

こんなところに地雷がうまってたかという感じです。ここが一つ目のヤマ場・ふんばりどころになりつつあります。

スジ彫りの方法ですが、道具はカルコと、西宮市の有名模型店取り扱いの「ガイドテープ」です。 
その昔はプラ板を短冊に切って両面テープを張って、というのが一般的なガイドの作成方法であったかと思いますが、その状態が出来上がっているという有難いテープです。 自作のガイドの場合は縁がよれてきたりテープの粘着力が落ちてきても、もったいないというか面倒くさいというかで、しつこく使いまわした挙句、線がふにゃってしまうという失敗をよくしました。 
この既製テープの場合はどんどん新換えしていけますので失敗が減ります。 以前の太い幅のものに加え、最近は細い幅のものも用意されています。 リベットを打つ際にも便利です。 テプラのテープを使うというのもありましたが、透明な分、こちらのほうがベターです。というか最近はテプラのテープ自体を見かけません。 
なんか宣伝臭くなりましたが、それはそれは便利なんです。

一方のカルコは何の変哲も無いカルコです。 ホームセンターで数本組みで2,3百円で買ったものです。 
その昔は(←そればっかし)、Pカッターをグラインダーで削った自作工具が模型誌で紹介されていて、グラインダーなんかある分けない自分はどうすりゃええねん!と憤慨しつつ、そのままのPカッターで運河彫りしたものです。 挙句に、曲線には、鉄筆の先を尖らして使え、なんて書いてありまして、言われるまま文房具屋で買いました、鉄筆。 
鉄筆!ガリ版印刷の原稿を書くのに使ったアレですわ。 今の若い人にはガリ版印刷なんて分からんでしょうが。(これを読まれている方は、ふんふんとうなづかれるおっさん(失礼) ばかりでしょうが) 今となってみれば、Pカッターと言わず、最初から針系でよかったんじゃないの?と思います。 カルコでなくても、コンパス針でもミシン針でも硬くて(磨耗しにくくて)、剛性のある(びびりにくい)針をピンバイスでチャッキングすればそれでOKです。 

写真1枚きりで、恨み節がだらだら続きました。 この写真のあと、左舷の補助エアインテイクのスジ彫りをしました。 なんとかそれらしくできました。 また後日。

大手メーカーの新キットは当然のこと、簡易インジェクションでもすっきりしたスジ彫りが当たり前の今、スジ彫りなんか消えゆく技で、私自身10年ぶりくらいになります。 リニューアルされる可能性のない古いキットを作る場合にかお呼びでないです。 

以上、おっさんのくどい昔話でした。



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
DSC00658.jpg


主翼は前縁フラップも後縁フラップもないので、貧弱でかっこ悪いです。


スジ彫りはこのアングルから見える範囲はわりと簡単なんですが、胴体下面に往生しております。短い線が多くて、微妙な線幅の差異や、わずかな平行の乱れによりなかなかピシッとした感じになりません。

こんなところに地雷がうまってたかという感じです。ここが一つ目のヤマ場・ふんばりどころになりつつあります。

スジ彫りの方法ですが、道具はカルコと、西宮市の有名模型店取り扱いの「ガイドテープ」です。 
その昔はプラ板を短冊に切って両面テープを張って、というのが一般的なガイドの作成方法であったかと思いますが、その状態が出来上がっているという有難いテープです。 自作のガイドの場合は縁がよれてきたりテープの粘着力が落ちてきても、もったいないというか面倒くさいというかで、しつこく使いまわした挙句、線がふにゃってしまうという失敗をよくしました。 
この既製テープの場合はどんどん新換えしていけますので失敗が減ります。 以前の太い幅のものに加え、最近は細い幅のものも用意されています。 リベットを打つ際にも便利です。 テプラのテープを使うというのもありましたが、透明な分、こちらのほうがベターです。というか最近はテプラのテープ自体を見かけません。 
なんか宣伝臭くなりましたが、それはそれは便利なんです。

一方のカルコは何の変哲も無いカルコです。 ホームセンターで数本組みで2,3百円で買ったものです。 
その昔は(←そればっかし)、Pカッターをグラインダーで削った自作工具が模型誌で紹介されていて、グラインダーなんかある分けない自分はどうすりゃええねん!と憤慨しつつ、そのままのPカッターで運河彫りしたものです。 挙句に、曲線には、鉄筆の先を尖らして使え、なんて書いてありまして、言われるまま文房具屋で買いました、鉄筆。 
鉄筆!ガリ版印刷の原稿を書くのに使ったアレですわ。 今の若い人にはガリ版印刷なんて分からんでしょうが。(これを読まれている方は、ふんふんとうなづかれるおっさん(失礼) ばかりでしょうが) 今となってみれば、Pカッターと言わず、最初から針系でよかったんじゃないの?と思います。 カルコでなくても、コンパス針でもミシン針でも硬くて(磨耗しにくくて)、剛性のある(びびりにくい)針をピンバイスでチャッキングすればそれでOKです。 

写真1枚きりで、恨み節がだらだら続きました。 この写真のあと、左舷の補助エアインテイクのスジ彫りをしました。 なんとかそれらしくできました。 また後日。

大手メーカーの新キットは当然のこと、簡易インジェクションでもすっきりしたスジ彫りが当たり前の今、スジ彫りなんか消えゆく技で、私自身10年ぶりくらいになります。 リニューアルされる可能性のない古いキットを作る場合にかお呼びでないです。 

以上、おっさんのくどい昔話でした。



スポンサーサイト

【2008/02/20 09:38】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


taki
ははははは 笑っちゃいました。私も同じような
道をたどりました。Pカッターなんて近所の
ファンシーショップ黒田には置いてなかったし
目立てやすりでこりこり溝掘ってましたよ。
リベットはコンパスで打ってました。

デザインナイフというのを手に入れて切れ味に
驚いたのも懐かしい話で、今でもかなりの作業を
デザインナイフ1本でやってます。

ピンバイスを手に入れたのもかなり後になってか
らで、いつも針を焼いてプラを溶かして穴を開け
てましたね。いやー、なにもかもが懐かしいです。




公試
>>taki殿
私の場合、Pカッターは中学、ピンバイスも中学のころでした。
デザインナイフはずっと遅くて30過ぎてからだったと思います。 確かに今はほとんどデザインナイフですねー。 しょっちゅうグサッとささって(必ず左手人差し指)、マスキングテープをバンドエイド代わりにしています。

とにかく今と比べて圧倒的に情報が少なく、今にして思えば騙されてばかり (というと言いすぎですか )でした。


kpfw
ウンウンと頷きっぱなしです(笑)
道具だけはいろいろ持ってるのですよね、ほとんど使わない、いえ使えない物ばかりですが・・・(汗)
キットのほうも10年前の割と合わせのいい物でも隙間作っちゃう腕なので最近作に逃げている軟弱者です。

スジ彫りもほぼ終わりでしょうか?お疲れ様です。
後半戦も頑張ってくださいね。


公試
>>kpfw殿
キットも道具も買って手元におくことが目的になってたりしますね。
スジ彫りは、寒い中相当がんばっているつもりなのですがなかなか進みません、今週末はべったり出張仕事もあったりして、2月中には無理です。 結構おもしろいんですけどね。


ハヤテ
うんうんと頷けちゃうから笑っちゃいます(爆)

しかも道具にプラモメーカーのマークがあるだけで
普通のメーカーの品の10倍の値段になるのもいかがなものかと(爆)

因みに目立てヤスリは今だ現役であります(爆)


公試
>>ハヤテ殿
確かに星が二つつくと高いですねえ。 たいしたもんです。

目立てやすりは私も現役です。 ちょっとのうねりをごまかしたり、深さの浅い端っこの部分をもうちょい彫ったりと。 


ラッキーユダヤ
細かく手が入っているので今後の工程が楽しみです(笑)

ジェットの場合、プラ板の活用頻度が高いですね、パテ修正と共に必須な工作技術になりそうです(汗)

気分転換のつもりでハセ48T-4ドルフィンにも手を着けてしまいました(大汗)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
週末出張仕事で放置しておりました、申し訳ないです。
見ての通り主翼がついたんですがまだまだこれからです。プラ板工作も今後、延々続きますんでよろしく。

しかし「ドルフィン」ってよく知らんのですが、誰がいつ命名したんでしょうか??ちょっとちがうなあという感じです。  まあ最近の自衛艦「ひゅうが」「そうりゅう」も別の意味凄いですが・・・


g_scotch
なかなかいい感じですね。フラップは当然下げ状態で付けられるんでしょうね。なんかワクワクします。人ごとながら完成が楽しみ。機体は迷彩にされるんでしょうか・・
それはそうと、この手のうんちく話、大好きですよ。わたしもその昔(笑)Pカッターの刃先を溝が細くなるように砥石で砥いで使ってたもんです。素人が砥ぐもんだから刃先が歪になっててそれゆえラインが歪んだりしてよく失敗しました。今はもっぱらケガキ針を使用しています。押す部分がプラ製の押しピンの針(プラ部分を破壊して取り出します)をピンバイスにセットして使用しています。ものぐさ者にはこれが一番使いよいです(爆)


シミソ
ジェットですか~。苦手です(笑)
でも昔は作り倒したんですけど最近は作っていません。

次期祭り連絡です。

「Bf109祭り」ではありがとうございました。
さて次期祭の要項ができました。
ご参加の有無にかかわらず「Bf109祭り」にご参加いただいた方々にお知らせしています。
お時間があるようでしたらまたお気楽にご参加ください。

http://simiso21.cocolog-nifty.com/


公試
>>g_scotch殿
フラップは下げます、スポイラーは諦めました。 完成はまっだまだ先ですので気長にお願いします。

なるほど、プッシュピンですね、了解しました。 コストパフォーマンスも最高そうですねー。 しかし、カルコだろうがピンだろうが何でもよさそうなのに何故昔のライターの方の御推薦はPカッターだったんでしょうか、そこが不思議です。


公試
>>シミソ殿

予告通りフォッケですか、いいですねー。  据え膳食わぬは男の恥、お誘いいただいた限りはお受けいたします。 締め切りが6月ならば手の遅い私でも72でなんとかなるかと。 近日中にキットを決めてエントリーします、楽しみです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ははははは 笑っちゃいました。私も同じような
道をたどりました。Pカッターなんて近所の
ファンシーショップ黒田には置いてなかったし
目立てやすりでこりこり溝掘ってましたよ。
リベットはコンパスで打ってました。

デザインナイフというのを手に入れて切れ味に
驚いたのも懐かしい話で、今でもかなりの作業を
デザインナイフ1本でやってます。

ピンバイスを手に入れたのもかなり後になってか
らで、いつも針を焼いてプラを溶かして穴を開け
てましたね。いやー、なにもかもが懐かしいです。

2008/02/20(Wed) 16:29 | URL  | taki #-[ 編集]
>>taki殿
私の場合、Pカッターは中学、ピンバイスも中学のころでした。
デザインナイフはずっと遅くて30過ぎてからだったと思います。 確かに今はほとんどデザインナイフですねー。 しょっちゅうグサッとささって(必ず左手人差し指)、マスキングテープをバンドエイド代わりにしています。

とにかく今と比べて圧倒的に情報が少なく、今にして思えば騙されてばかり (というと言いすぎですか )でした。
2008/02/20(Wed) 18:02 | URL  | 公試 #-[ 編集]
ウンウンと頷きっぱなしです(笑)
道具だけはいろいろ持ってるのですよね、ほとんど使わない、いえ使えない物ばかりですが・・・(汗)
キットのほうも10年前の割と合わせのいい物でも隙間作っちゃう腕なので最近作に逃げている軟弱者です。

スジ彫りもほぼ終わりでしょうか?お疲れ様です。
後半戦も頑張ってくださいね。
2008/02/20(Wed) 21:34 | URL  | kpfw #ult41me.[ 編集]
>>kpfw殿
キットも道具も買って手元におくことが目的になってたりしますね。
スジ彫りは、寒い中相当がんばっているつもりなのですがなかなか進みません、今週末はべったり出張仕事もあったりして、2月中には無理です。 結構おもしろいんですけどね。
2008/02/21(Thu) 11:06 | URL  | 公試 #-[ 編集]
うんうんと頷けちゃうから笑っちゃいます(爆)

しかも道具にプラモメーカーのマークがあるだけで
普通のメーカーの品の10倍の値段になるのもいかがなものかと(爆)

因みに目立てヤスリは今だ現役であります(爆)
2008/02/21(Thu) 21:43 | URL  | ハヤテ #-[ 編集]
>>ハヤテ殿
確かに星が二つつくと高いですねえ。 たいしたもんです。

目立てやすりは私も現役です。 ちょっとのうねりをごまかしたり、深さの浅い端っこの部分をもうちょい彫ったりと。 
2008/02/22(Fri) 07:27 | URL  | 公試 #-[ 編集]
細かく手が入っているので今後の工程が楽しみです(笑)

ジェットの場合、プラ板の活用頻度が高いですね、パテ修正と共に必須な工作技術になりそうです(汗)

気分転換のつもりでハセ48T-4ドルフィンにも手を着けてしまいました(大汗)


2008/02/24(Sun) 18:30 | URL  | ラッキーユダヤ #-[ 編集]
>>ラッキーユダヤ殿
週末出張仕事で放置しておりました、申し訳ないです。
見ての通り主翼がついたんですがまだまだこれからです。プラ板工作も今後、延々続きますんでよろしく。

しかし「ドルフィン」ってよく知らんのですが、誰がいつ命名したんでしょうか??ちょっとちがうなあという感じです。  まあ最近の自衛艦「ひゅうが」「そうりゅう」も別の意味凄いですが・・・
2008/02/25(Mon) 12:33 | URL  | 公試 #-[ 編集]
なかなかいい感じですね。フラップは当然下げ状態で付けられるんでしょうね。なんかワクワクします。人ごとながら完成が楽しみ。機体は迷彩にされるんでしょうか・・
それはそうと、この手のうんちく話、大好きですよ。わたしもその昔(笑)Pカッターの刃先を溝が細くなるように砥石で砥いで使ってたもんです。素人が砥ぐもんだから刃先が歪になっててそれゆえラインが歪んだりしてよく失敗しました。今はもっぱらケガキ針を使用しています。押す部分がプラ製の押しピンの針(プラ部分を破壊して取り出します)をピンバイスにセットして使用しています。ものぐさ者にはこれが一番使いよいです(爆)
2008/02/25(Mon) 22:09 | URL  | g_scotch #-[ 編集]
ジェットですか~。苦手です(笑)
でも昔は作り倒したんですけど最近は作っていません。

次期祭り連絡です。

「Bf109祭り」ではありがとうございました。
さて次期祭の要項ができました。
ご参加の有無にかかわらず「Bf109祭り」にご参加いただいた方々にお知らせしています。
お時間があるようでしたらまたお気楽にご参加ください。

http://simiso21.cocolog-nifty.com/
2008/02/25(Mon) 22:29 | URL  | シミソ #-[ 編集]
>>g_scotch殿
フラップは下げます、スポイラーは諦めました。 完成はまっだまだ先ですので気長にお願いします。

なるほど、プッシュピンですね、了解しました。 コストパフォーマンスも最高そうですねー。 しかし、カルコだろうがピンだろうが何でもよさそうなのに何故昔のライターの方の御推薦はPカッターだったんでしょうか、そこが不思議です。
2008/02/27(Wed) 11:36 | URL  | 公試 #-[ 編集]
>>シミソ殿

予告通りフォッケですか、いいですねー。  据え膳食わぬは男の恥、お誘いいただいた限りはお受けいたします。 締め切りが6月ならば手の遅い私でも72でなんとかなるかと。 近日中にキットを決めてエントリーします、楽しみです。
2008/02/27(Wed) 11:42 | URL  | 公試 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
free counters