FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
昨日の試行で大体のところを掴んだ?ので今日はそのまま後席左のデータを仕上げ、更に前席左も作成しました。 leftf-f-a.jpg
前席は後席と9割方同じなので、一時間位でさっさとできました。こういうところがデジタルのありがたみです。 早速出力してみました。 20190526193650c1d.jpg
元データに比べると、非常に地味です。結構デフォルメしたつもりでしたが、全然ですね。さて、どうしたものか。落ち着いた感じでこのまま行くか、データを作り直して出力し直すか。こういう判断は時間をおいて、次の日にでも改めてチェックしてみてするが良し。と思ってましたが、どうせ右もデータを作って出力することから、その際に改めて左も手を入れて再出力することにします。 3Dプリンタの活用に対しては、「やっぱり手で作ってこそのプラモデルじゃない?」「ありがたみがない」というようなご意見もあろうかと思いますが、かつてそのプラモデルもソリッドモデルに対し同じ立場にあったこと、レジンパーツの出始めには他人の作ったパーツをつけるのはどうなん?みたいな空気もあったことを考えると、歴史は繰り返す、というかすぐに普通のことになるもかと思いますが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト

【2019/05/26 19:44】 | 模型-Hawk
トラックバック(0) |
free counters