After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ki-51はそれなりに頑張っていますが、展示会は半完となりそうです。







(1)着陸灯、翼端灯を仕上げました。些細なデティールで面倒極まり無いですが、省略するわけにもいかない、飛行機模型の面倒臭いポイント第3位といったところです。こいつが片付いたので、機体塗装にかかれるというものです。

(2)前部と中央の固定風防2個を付け、枠を塗装しました。あーやっぱり日本機の風防枠は面倒臭いわ。これは第2位にランクインですな。

(3)…… 以上? 結構触ってたつもりですが、進捗は以上のようです。

こりゃ間に合わんわ。自分で納得しました。
展示会に半完を並べるのは賛否両論あろうかと思いますが、自分は半完作品が嫌いではない、いやむしろ生の工作が見られてむしろ嬉しい、という質なので、どこまで追い込めるか分かりませんが、半完でも持参することとします。
スポンサーサイト

【2017/11/28 19:35】 | 模型ーKi-51
トラックバック(0) |

展示会…
XJunで~す
>展示会…
製作のリズムが上手く合うと(シンクロ 笑)励みになるのですが、が、が…

私めも12/24 開催の某イベントに向けて大砲を作っておりますが間に合うかどうか((T_T))

ともあれ16or17の貴会展示会には伺う予定でございます。



sea trial  (公試)
>XJun殿
展示会やコンテストをうまく取り込めれば、ペースは上がるは、出来映えも上がるは、の相乗効果ですが、なかなかうまくいかないですね。趣味の模型作りが、期限にせっつかれて、というのでは、何をやっているのやら、です。
私の所属してますクラブはその点緩いのが有難いところです。

コメントを閉じる▲
 11月23日、六甲山全山縦走に参加し、無事完走することが出来ました。 模型に関することに絞って記事をしたためている本ブログでありますが、あまりに嬉しいので、枠を外していろいろ記したいと思います。

認定証と記念の盾です。
  

トレッキングなぞ無縁の私ですが、職場のオッサンの陰謀により無理矢理引きずり込まれて参加しました。ド素人が完走するうえでのヒント等をつらつらと。

1)装備・服装
この日のために、トレッキングシューズ、専用?の靴下、ヘッドライト、トレッキングボールを揃えました。 一万円以上したシューズはともかく、「専用」を謳う靴下が1000円以上したのはボッタクリやなあと思いつつ、これで完走できたら儲けものと、購入しました。 ヘッドライトはネットで3000円位のものを買いました。トレッキングポールは、今回参加した素人仲間内ではア)そもそもいらない、素人が使うものではない イ)一本だけ気休めに持とう ウ)2本持ってこそ意味がある、と意見がわかれたのですが、二本揃えて持っていて大正解でした。(理由は後述) 
服装はタイツに半パン、長袖シャツという、いつものランニングスタイルに、ウォームアップ用の上下を適宜着て・脱いでといういでたちで参加しました。これはイマイチでした。 砂が、靴に入るんです。 歩いている最中は不快であるし、休憩の度毎に靴を脱いで砂を出すのは面倒で。私のような格好の人は沢山おられましたが、素人にはイマイチと結論します。

2)難所
経験者の声では、「菊水山」「摩耶山」という意見が専らで、摩耶山をクリアできたら後は下るだけ、という話でした。が、全く違いました。
菊水山については、一度事前に練習に登っていたのですが、全然違いました。一つの山として登るのはそれほど大変では無かったのですが、これが4番目、5番目の山として登場した菊水山は、「あかん、足が上がらん、ここで早くもリタイヤか?」という位厳しかったです。
一方で、摩耶山は、あれ?肩透かし?という感じでした。 というのも、中盤の摩耶山あたりでは皆さん疲労のためか結構渋滞していて、ゆっくり立ち止まりながらの登坂となり、いい感じで踏破できました。
ならば、一番きつかったのは?というと、それは最後の20kmでした。「摩耶山からは下るだけ」というのは全くのガセでした。ラスト20kmは日が落ちて真っ暗な道をヘッドライトの明かりを頼りに歩き続けます。(山道はこれで終わり、後は舗装道)と思ってたら山道に誘導されがっくり、(もうこれで登り坂は終わり)と思ってたらまたまた上り坂が現れぐったり、(お、街の明かりがみえてきた!翼よあれが宝塚の灯だ!)と思ってたら、いつまでたっても明かりは近づいてこず、挙句に再び森の木々に隠れて消えてしまうことの繰り返しでした。 とにかく心が折れそうな20kmでした。 それでも最後までがんばれたのは、意地とかプライドとかそういう話ではなく、歩かないと家に帰れない、それだけでした。

3)チームワーク
今回、職場で10数人参加したうち、当日コースで合流でいた8人で行動を共にしました。無事時間以内(ゴールは時間制限があり22:30でカット)の21:30でなんとかゴールできたのは仲間の励ましあい、と、リーダーの厳しいペース管制があってのことでした。もし、一人で行動していたら、ずるずるペースが落ちて、ゴール時間を超過してしまっていたと思います。

4)魔法の杖
持つべきか、持たざるべきか悩んでいたトレッキングポールでしたが、2本が正解でした。 下り坂で膝の負担が軽減されるのはもちろんですが、上り坂で強引に上半身を使って登ることができました。摩耶山が意外に楽に登れたのも2本の杖のおかげと思います。一方で菊水山は普通の階段が続くためトレッキングポールが使い辛く、それゆえ負荷が足に集中したものと思います。
8人のうちの一人が膝を痛め、足を引きずりながらなんとかゴールしましたが、彼曰く「出し惜しみせず最初からポールを使うべきだった」と。

5)練習
事前に2回、コースの一部を試めしに登ってみましたが、鍛錬という面では意味がありませんでした。 月に1,2回ほど10kmくらいを走っていますが、膝が痛くならなかったのはその御蔭かもしれません。

まだ、語り足りませんが、とりあえずこの辺で。


【2017/11/26 19:16】 | 未分類
トラックバック(0) |

完走おめでとうございます
XJunで~す
無事の完走おめでとうございます。
やはり平素の鍛練は必要なのですね。

六甲山からの下りは結構だらだらと長く続き、最後に舗装路になっても宝塚南まで結構あったと思います。

大会に参加すると前半の市街地で道を間違うリスクは下がりますよね。

ともあれお疲れさまでした。


sea trial  (公試)
>XJun殿
いやぁつかれました!思ってた倍はしんどかったです。
最後の宝塚への下り坂もきつかったです、靴の締め付けが甘く、右足の親指を痛めてしまいました。

もっと真面目に練習しておくべきでした。

コメントを閉じる▲
出張続きであった仕事が一山越しました。1月中旬まで、日帰り-一泊程度の出演の他、通常勤務の予定です。

出張中は、基本団体行動であるため、モバイルモデリングもできず模型的フラストレーションが溜まるところですが、最近はオークションでうさを晴らしています。

模型的を購入するにあたってのブレーキは、お小遣い枠よりも、保管スペースとなっています。
保管スペースが新たに確保できたわけではないのですが、最近ちょくちょく買い増しています。

(1)オークションを睨んでいたら、安く出ていたので買いました。

以前の私ならば、こんな大きなキット完成させても保管場所ないし、と全く興味を示さなかったと思いますが、最近はネオジム磁石による主翼取り外しでクリアになった感じがします。
ただし、こいつは主翼を分離するのが難しいようです。弱ったなあ。
72のp-3cといえば白井朝雄氏の超絶な作品が光輝いており、今更一地方モデラーにできることなぞ限られていますが、それはそれ。
モデラーとしての現役期間は思っていたほど長くないんじゃないか?と最近考えるようになり、それならば、好きな機体は難しく悩まず作るべし、と若干方向を修正中です。

(2)これも安かったんです。あり得ない値段で入力できました。出品者(落札後、なんと知り合いのsさんと判明)には申し訳ないくらいです。

でかいです。スケールは違いますが、do-xと並べてペラを回したいと思っています。

ただし、このキット、仮組するとギシギシ言うわ、口はひらくわ、ちょっとしんどそうな出来のようです。それから、のっぺりしたスタイル、銀色単色で目立つマーキングも無し、なので、逆に難しいですね。

(3)これは以前に書いたっけ?

二式、US-2と並べたいところです。


模型に注力する前に、いよいよ11/23に、六甲縦走に挑みます。準備はさっぱり。雨が降ったら素人には危険なのでとりやめます!

【2017/11/20 12:35】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

安全第一…
XJunで~す
>六甲縦走…
お疲れ様です。
言わずもがなですが、準備体操、ストレッチを十分に~。
水分補給はこまめに、身体を冷さぬよう食事は行動食中心に…というのは同行される方から聞いていらっしゃると思いますがどうかご安全にm(._.)m


sea trial  (公試)
>XJun殿
いよいよ明日です。体の仕上がりを除き準備万端です。御菓子は五百円迄。基本です。

とにかく、怪我をしないように帰って来ます。今晩から明日の未明迄、雨の予報なので、なおさらです。

御安全に!

コメントを閉じる▲
今週も出張中でありまして、携帯で記事を書いています。

do-xは、最後の追い込みです。(電子工作を除く)

1)補助翼、昇降舵の操作用小翼機構をはらを
付けました。塗装はまだですが。
2)残っていた主翼、尾翼の支持梁をつけました。





いずれも大した作業ではないんですが、どうにも面倒臭く、後回しにしてきましたが、腹を据えて施工時結果、何とか終わりました。

残り約10時間です、ラストスパートです。

【2017/11/17 22:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
出張の合間の更新です。

展示会が迫ってきました。ki-51とdo-xを何とか完成させるべく焦っています。
ki-51の現況ですが、およそ1か月前からどう進んだのか?







まずは、リベット打ちが終わりました。今回はキットオリジナルのリベットを埋めて新たに打ち直すという、面倒臭さ2倍、3倍の作業でしたが、ずいぶんすっきりした感じになり、正解でした。

次、プロペラ、スピナー、カウリング周りをおおよそ仕上げました。今回、ベクターのレジンエンジンをインストールしてみたのですが、キットのカウリング径に対しては若干大きく、仕方なく前部カウリングの径を拡大しました。すると、元々小さめのスピナーがとてつもなく小さくなり、かつ前部カウリングとの開口も大きくなりすぎました。なので、まずは、スピナーをふたまわり大きくしました。具体的には、フォッケ190の団子っ鼻スピナーを削ってキットのパーツに置き換えました。更に、前部カウリングの開口はプラ板を貼り付けて開口を一回り縮小しました。これでまずまずのバランスになりました。

残りの大きなヤマは、キャノピーです。クリアバックスのキャノピーを入手し、まずは、前部風防をつけました。フューチャー処理したクリアバックスは流石の透明度です。まだ、これから中部、後部を仕上げる必要があります。大変ですなあ。

その他。着陸灯と翼端灯の工作途中です。面倒ですなあ。

出張が続きましたが、今週末で年内分は一区切り。12月は模型に集中できそうです。って、展示会は12月の半ばなんですが!

【2017/11/14 16:41】 | 模型ーKi-51
トラックバック(0) |
free counters