After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
10月最後の日に更新回数稼ぎの更新記事。

****************************************
 某日映画を観てきました。「ブレードランナー2049」です。 某日と伏せるのは、奥さん・子供に秘密でこそっと観てきたので。 別に隠れて見に行く必要もなかったのですが、「自分だけ!」とか言われかねないので。 それ以上でも以下でもありません。

 さて、映画ですが、ロードショー中ゆえ大したことは書けませんが、書かずにはいられない、そんな作品でした。 大勢に影響のない断片のみ記します。(毎日の来訪者が二,三十人のブログで何を発信しても影響ない、問題ないとは思いますが。)

・暗く重い。オリジナルと同様。 喝采、歓声があがる映画ではない。
・オリジナルにうまく繋いだストーリー、テーマ、世界観。 そこかしこに散りばめられたオマージュに満ちたカットに感涙。
・但し、オリジナルを知らないと、「なんのこっちゃ」
・ちょっと真面目に繋ぎすぎたような。もう少し足を踏み外しても良かったのでは。
・ポリススピナーは尻の切れ上がりがイマイチ。オリジナルのほうがかっこよかったなあ。
・「強力わかもと」は無し。その代わりにそこかしこに「SONY」
・レイチェル!
 ・・・・これくらいにしておきます。 ちなみに観客は7人きりでした。鑑賞した時間帯が時間帯(詳細は伏せておきますが)であったためかと思います。 シネコンの他のスクリーンも同じような入りでしたので、決して不人気というわけではないのでしょうが。 自分と同じオッサン世代が半分、若者が半分。 うち一人はおばさんでした。
 映画を見た後は完全に30年タイムスリップし、また、駅から自宅への人口30万弱の地方都市の夜の町並みがロサンゼルスの郊外に見えた、そんな映画でした。

閑話休題:
今月のモデルグラフィックスに、「オネアミスの翼」?(←スケールアビエーションでも採り上げられていましたが、ごめんなさい、全く知りません)の二重反転ペラを回転させた作例が掲載されていました。 この二重反転のメカというのが、モータの出力を内軸に直結させ、外軸の反転用にクラウンギアを用いるという、私がシーファイアで用いたメカと同じでびっくりしました。使っているパイプセットも同じとは! 相違点は、減速モータを用いられている点で、たしかにそのほうが見栄えは良いのでしょうが、結局モータをフルで回転させるため電池の持ちが気になるところです。(私は給電側に制御を入れて減速するつもりです) 当該メカは、てっきりマイオリジナル、究極のシンプルメカを考案したと思っていたのですが、どこかにオリジナルがあるのでしょうか? 私のオリジナル感は、自分に都合が良いように自分で改変した記憶なのでしょうか?? 映画の影響からか混乱してきました。
****************************************
明後日からまたもや出張です。 

スポンサーサイト

【2017/10/31 21:57】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

師走近し…
XJunで~す
>ブレードランナー…
実はオリジナルはかつてレンタルビデオ(DVDでなく 笑)で見ようとして冒頭うどん屋の先あたりで寝落ちしてしまい要は見ていません。

SNSで流れる情報を拾ってもやはりオリジナルを見ていてナンボのようなので密林プライム待ちかなぁ。

>師走
まずは展示会の御盛会をお祈りいたします。
一つくらい持参したいところですが、墓参等の寄り道なので難しいかも…です。

※ ハセガワ雷電でスケアビコンにエントリーしました(笑)一次審査突破なるか(>_<) 確か一次審査を通れば切手サイズで掲載されるとか…


sea trial  (公試)
>XJun殿
ブレードランナーはオリジナル抜きではちょっと辛いかと思います。 セルorレンタルを待たれるのが無難ですね、

スケビコンテストは今回もスルーしてしまいました。お題に合わせて作るのがしゃく、という人間の小ささによるものです。

展示会、お待ちしております!

コメントを閉じる▲
週末の進捗です。

まずは、主翼の上下面及び胴体を側面にコードレターを塗装しました。キットのデカールを基に、マスキングシートをクラブのベテランの方に作成戴きました。綺麗に仕上がりました、有り難うございます。
文字色については、赤色、黒色両方の作品があります。私が参考にした資料本は、胴体は黒、主翼は図なし、というものでした。胴体下面も赤、黒まちまちです。実機の時期により、それぞれ存在したものと考え、今回は全て黒に揃えました。



エンジン回りの工作をやっと終えました。大した作業ではないんですが、なんか面倒で後回しにしていました。取付脚で後回しにしていたトラスを付け、各エンジン右側の吸気筒を計12個自作して付けました(キットのパーツがしょぼかったので)。なにかというと数が多くて大変です。





これで、残りは1)主翼、尾翼の支持梁の残り 2)補助翼、昇降舵の操作用小翼、3)文字類の残り 4)窓類 5)アンテナ類 というところです。12月のクラブの展示会には(電子工作抜きになりますが)なんとか間に合いそうです。

【2017/10/24 12:10】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |
まだ出張中です。携帯で記事をしたためています。

do-xは7月末以来の記事のようです。最近の進捗は、ペラを付けました。それぞれのモーターに通電し 回転することも確認しました。

出張前に撮った写真です。





まだ、支柱の残りや、右側の風防二枚の復旧(いつ取れたのやら)、コードレター等ありますが、機体自体はゴールが見えて来た感じがします。

ただーし!電子工作が残っています。これは厄介やなあ。まずは機体を完成させ、ついでペラが回転する状態に、段階的に仕上げたいと思います。

【2017/10/18 18:32】 | 未分類
トラックバック(0) |

電子工作…
XJunで~す
電気屋に勤めながら、元ソフト屋なので電子工作は苦手なんですが、近年LEDが小さく使いやすくなってきたので使ってみたくなります(笑)

ドルニエのプロペラが廻る様を期待しております。
(何のために帰省するんだか 苦笑)

Re: 電子工作…
sea trial  (公試)
>XJun殿
出張から戻ってきた週末、結構頑張りましたが、いやー、厳しい! 12月の展示会ではペラは制御込みでは回りそうにありません。制御なしに電池直で取り敢えず回そうかと思っています。

Re: 電子工作…
sea trial  (公試)
>XJun殿
出張から戻ってきた週末、結構頑張りましたが、いやー、厳しい! 12月の展示会ではペラは制御込みでは回りそうにありません。制御なしに電池直で取り敢えず回そうかと思っています。

コメントを閉じる▲
模型クラブの展示会が、いよいよ12月に開催されます。残すところ2ヶ月ですが、何とか仕掛中の二機、99軍偵とドルニエDo-xを間に合わせられないか、悪あがきしています。

99軍偵は士の字としました。おまけにエンジンも付けました。時間が無いと言うてるのに、余計な寄り道をしています。恐らくは99軍偵、特にこのニチモなぞこの先二度と作ることはあるまい、と思うと、出来るだけのことはしとこうかと考えてしまっての追加工作です。モノはベクターのレジンです。良くできていますが、このキットには僅かに大きいです。真面目に大きさ(直径)の調整をすれば良かったのですが、先を急ぐべし、前のカウリングの径を僅かに大きくしたくるいでそのまま進めます。

機体は主翼と胴体の合いが、今一つです。プラ材で埋めます。
胴体周りにスジ彫りの彫り残しが結構あります。時間を食う工程だけに限られた時間の中で焦ります。









目下の一番の懸案は、キャノピーです。キットのパーツは厚くて使いたくないのですが、そうするとクリアバックスのパーツを別途購入する必要があります。エンジンも少々値が張ったし、更にキャノピーもとなると、(そこまで頑張る必要あるか?)という気がしないでもないですが、完成を人質に取られ、買わざるを得ないかなあと考えています。

あと35時間位を見込んでいます。まだ先は長い、時間は無い!


【2017/10/13 18:16】 | 模型ーKi-51
トラックバック(0) |

どちらで?
XJunで~す
こんにちは。
12月は16-17日に大阪に帰るので日程が合うなら伺いたいと思います。
日時、場所をご教示いただけますか?


公試
>XJun殿
12月16,17日に大阪、本町で展示会です。

クラブのホームページに告知があります。
http://www.geocities.jp/osakaladybird/

私は両日共、全日おりますんで!


コメントを閉じる▲
出張続きで、今週木曜からまた八連泊です。出張の合間は模型に専念したいところですが、今秋はそうもいきません。というのも、職場の有志で、六甲縦走にトライすることになってしまったのです。六甲縦走とは、六甲山の山並みおおよそ55kmを1日かけて歩ききる、というイベントです。55kmって、のりで申し込みしちゃいかん距離では無いでしょうか? それにそもそも、私、トレッキングを趣味にしていた覚えないんですが?

リタイアしても、それはそれで話のネタにええやん!ってそうですか、ではリタイアありき、で。

とはいうものの、最初の山でリタイアするわけにもいかず、ちょっとは練習せんと。
今日は、全コースで一、二のしんどいところという菊水山に登ってきました。
あーしんど。


六甲縦走は11/23です。

【2017/10/09 11:41】 | 未分類
トラックバック(0) |

六甲縦走…
XJunで~す
>六甲縦走…
高校生の時に二三回やりました。

食事は歩きながらおにぎりやチョコを食べてました。(まだカロリーメイトはなかった 笑)

確か11月頃に神戸市の方面の主催で開催されるのでまるで蟻の行列のように人が続きます。
これはこれで迷わなくていいです(^-^)/
かつて山を削りまくって宅地を造成した結果西半分は山道より住宅街のような案配で迷いやすいのです。

須磨から鵯越までがアップダウンの繰り返しできつかったです。
摩耶山に上がってしまえばあとは距離を稼ぐだけになります。
中略
宝塚南口が見える頃には大多数の参加者が靴擦れや腰痛であちこちを押さえたりしながら歩いていました。(棒)

時速四キロでも12時間半なので翌日は厳しいですね。


公試
>XJun殿

何と、達成者であられましたか!素晴らしい、尊敬します。一つ一つの山は登れる気はしてきたのですが、これが次から次へ連続するかと思うとぞっとします。

何とか終電で自宅まで帰りつける時間で完走するのが目標です。

翌日は休みます!

コメントを閉じる▲
free counters