After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
オークションで欲しかったキットをお手頃価格で見つけ、作るべきキットの待ち行列が延びきっているにもかかわらず、購入しました。

欲しかったキットというのは、これです。
2017062522140700.jpg
F-107です。インジェクションはこれしか出てないです。確か、インテークがちょっと扁平な以外は、よく出来たきっとであったかと。

オークションでこれがセットになっていまして
2017062522135300.jpg
これは別に以前から欲しかったわけではないんですが、二重反転は最近のマイブームなんで願ったりかなったりです。
たしか、同じトランペッターで48も出ていましたが、これは72です。72のレシプロもといプロペラ機はちっちゃくてあんましやる気湧かんのよね~と思ってたら、この機体でかいんですね。
2017062522140100.jpg
48の99と並べてみました。変わらない大きさにびっくりします。

おまけ。
送られてきたキットを梱包していたプチプチに貼られていたシールですが。
2017062522134000.jpg
下積み厳禁、っていいですね! 優秀な俺は下積みなんかしないぜ、的な中二病のまま大人になったゆとり野郎みたいで笑えます。
スポンサーサイト

【2017/06/27 20:51】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

センチュリーシリーズ…
XJunで~す
>F107
こんにちは。
ジェット機は滅多に作らない私ですがセンチュリーシリーズは子供の頃の図鑑の刷り込みのせいかあの「ツンツン感」と言いましょうか、尖ったエンジンが飛んでいくようなスタイルが好きです。
期待しております(自分で作れと言われます ((T_T)))


公試
>XJun殿
やっぱりセンチュリーシリーズ前後の機体が一番分かり良いカッコ良さがありますね。最近のf-35なんぞは、何でこんなにカッコ悪いの?わざと?と感じてしまいます。歳でしょうか。

人は見た目で…
XJunで~す
>F35…
確かに~。
飛行機やフネの場合流体抵抗とのせめぎあいがあるので性能を追求するとそんなに不恰好にはならないと思うんですが「まるで東欧の美女がオバチャンになったら重戦車状態」(爆装も機内収容)になったみたいで美しさを感じませんね~((T_T))

見馴れてないのが大きいのでしょうけれど…

(F14, F15には違和感なかったんだけとな?)


公試
>XJun殿
見馴れる、って大きいんでしようね。F-16を最初見たときは、「なんじゃこのスルメイカは!」て思いましたね。F-35も10年くらいしたら、カッコ良く見えてるやも知れません。

コメントを閉じる▲

土曜日は三宮に、神戸の模型クラブWINDSさんの展示会を見に行ってきました。

まあ、どれも丁寧に作り込まれた作品で、挙げればきりがないんですが、3つだけ。

2017062507140200.jpg
これは、○系の上品なリベットと、シックな銀塗装がマッチした作品でありました。これで、96艦戦を作る気がしなくなりました。

2017062507143100.jpg
筆塗りの極み、田中氏の逸品です、すばらしいですなあ。これまた、流星を作る気が失せました。

2017062507141600.jpg
Me309です、よく出来てますなあ。これは逆に309を作りたくなりました。簡易の48を20年位前に買って手元にあります、いつか。

刺激は十分に頂きました、素晴らしい作品に感心したら自分の作品ができあがるわけではありませんので、早速手を動かしましょう!


【2017/06/25 21:35】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
エンジンを並べ終えました。 前半戦の山場を超えました。

do-xのエンジンは、前後各1基のエンジンを背中合わせにペアにして、合計6式、12基のエンジンを主翼上に並べています。それぞれ、4本の足で主翼上に立っているわけですが、今回モーターライズするにあたり、前足はモーター電線の引き込みに充て、後ろ足はキットのパーツをそのまま使用しました。後ろ足で高さを揃え、パイプから自作して長さの揃っていない前足はそれらしく誤魔化す、という作戦です。
結果は、… 
2017062507150100.jpg 
 なんとか上手くできました。6式の の並び精度は、まあ及第点といったところです。エンジンの前後位置は隣のペラと近接させないようにか、前・後・前・後しています。キットのパーツでは、主翼上面にエンジンの前後の脚をつなぐ部材がありますが、写真を見るとあったり、無かったりで、テンポラリーな、おそらくはエンジンに登る梯子に付属した部材と判断し、無しとしました。 前後脚を斜めにつなぐ部材は当然、有りで、後から追加します。
エンジンの下側の主翼上面は、エンジンを並べた後からの銀塗装は難しいと考え、部分的に先に済ませました。
ところで、主翼短くないですか?はい、完成後の保管スペース削減のため、外翼部分は磁石による着脱式とするべく切り落としました。これでa4サイズの箱に収まるはずです。
内翼、外翼はそれぞれパイプを接着し、この内側に一本の細パイプを通すことにより、内外翼を一直線に通すことにしました。
2017062507152000.jpg 
パイプは外れることがないよう、黒瞬着に加え、エポキシパテで固定しました。

次は、翼の上・下面の貼り合わせです。







【2017/06/25 19:09】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |
なんともまあ、残念な結果に終わりましたねえ。予選でコースレコードを出したり、フロントローを独占したり、と磐石、無敵の雰囲気だったのですが。

まだ、その時ではなかった、ということで、来年に期待しましょう!

【2017/06/19 18:57】 | 未分類
トラックバック(0) |


taki
異音がする、ってラジオコール
続いてたけど、テレメーターに
異常なしってやってましたね。

故障につながる感覚や、原因
なんかがつかめるかどうかが
経験なんでしょうね。

残念。


公試
>taki殿
成る程、そこいらあたりが経験の差、ということですか。 トヨタも結構長くレースやってるんですがね~。
来年こそは!

コメントを閉じる▲
NEWキットを買うことがめっきり少なくなりました。中古模型屋で古のキットを買うことのほうが多いし、それ以上に古い模型雑誌、飛行機雑誌を買うのが専らです。

先日東京出張がありまして、夕方時間が出来たので秋葉原に足を延ばし、古い雑誌を1冊買って帰りました。
2017061621255100.jpg 
目次を見ますと
2017061621264700.jpg
747,トライスター、SSTと楽しい記事が並びます。当時はそんなふうに考えてたのね、という視点で楽しめます。そんな中で一番「当たり」であったのが、747SPの記事です。
2017061621261600.jpg 
747SP、好きだったんです! 航続距離を伸ばすために胴体を短縮するという大胆さ。中学から高校にかけての頃でしょうか、しびれましたねえ。
実機における胴体短縮の内容も記されています。
2017061621262800.jpg 
これを読んでいると、模型でも同じ要領で胴体を詰めたらSPをものにできるんじゃない?という気がしてきました。

ということで、中古模型屋で747を買いました。
2017061711565100.jpg 

2017061711570100.jpg 
一番安かったこのキットは一番最初のバージョンのようです。切り貼りするためのパーツが手に入ればよし、デカールが昇天していようが関係ないのでこれで問題なしです。

しばらくは構想を練るとして手をつけることはありませんが、その過程が楽しいですね。

【2017/06/17 00:00】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
今週末は、いよいよルマンです。
毎年書いているよう気もしないではないですが、今年こそは、トヨタに勝って欲しい!

wec1,2戦を連勝し、先日の現地テストもバッチリ!
https://s.response.jp/article/2017/06/05/295724.html

でもって、今年は勝負の三台体制となれば、負けるはずがない!というより、1-2フィニッシュや!

マツダが787bで勝利したのが1991年とは、なんとも月日の経つのは早いことよ。26年ぶりの日本メーカーの勝利まで、あと一週間!!

【2017/06/11 19:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
ki-51の続き

このキットは、外面のスジ彫り、リベットにくわえ、コックピットも多くの部品で再現されており、40年前の当時としては非常に良くできたキ
ットであったろうと思います。
これ程迄に頑張っていたニチモが、どうして脱落してしまったのか、残念でなりません。

コックピットですが、現在の目で見て修正すべきは、まずは、内面形状です。胴体内面が円形ではなく、主翼フィレットに合わせて裾広がりなため、フロアパーツと胴体内面に大きな隙間が空いてます。これを無視して、胴体内面にプラ材を貼り付けて「胴体内面構造を再現しました」という作品も結構拝見しますが、個人的にちょっと抵抗あるところで、私は個人の嗜好として、胴体内面を円形に戻し、フロアとの隙間を無くしました。

フレームは途中です。
最終的には、「見えん!」というオチになろうかとおもいますが!それはそれ、なかなか良い気分です。

これから、シートや、無線機など、艤装パーツを付けていきますが、キットのパーツは悪くはないものの、平成29年の目で見ると、やはり物足りないので、かなり自作せんといかんなあと覚悟しています。

やはりそれなりに手がかかりそうです。


【2017/06/09 19:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
確か先日Dornier DoXとSeafire Fr47に注力するようなことを書いた気もしますが、もう一機。

Ki-51とは、99軍偵/襲撃機です。古のニチモのキットです。何となく作りたいなあ、という話をいつぞやクラブでしていたら、Hさんから「作らないから」と譲って頂いたものです。最近、このパターン多いです。
早速、作り始めました。 

2017060520563600.jpg
このキットはご丁寧にリベットが凹でモールドされているのですが、さすがに40年?前のリベットモールドは今ふたつなので、これを埋めることから始めねばなりません。
2017060520581500.jpg 
右翼は埋め終わって、スジボリを彫り直しました。

2017060520582600.jpg
翼下面及び左翼上面は埋め終わったところで、スジボリの再生は未だです。胴体も同じ状態です。
まあ、昔のキットなので、普通のスタートラインに立つまでが大変です。

【2017/06/05 21:51】 | 模型ーKi-51
トラックバック(0) |

さすがです
XJunで~す
>ニチモ九九軍偵…
リベットを埋めて…の段階で脱帽です。

タミヤ 1/48 の零戦や疾風など古いのを作った際に凸モールドに沿ってリベットを打ったのでイッパイイッパイでした。

リベットを打つのは無心にひたすら打っていかれるのでしょうか?


公試
>XJun殿
凹リベットとスジ彫りは瞬間で埋めていますが、大量に使用するため、目が痛くなります。この刺激性の気体は、目に悪く無いのでしょうか?不安です。

リベットは(いずれ打つつもりですが)、それほどしんどいものではないです、たぶんに慣れと思います。ジョギングしている時にあれこれ考え事するように、特に集中せずとも、ポチポチできます。


コメントを閉じる▲
free counters