After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
打ち消し文5月に静岡に遠征予定ですが、これに向けちょっと手を入れます。
****************************************
昨年11月に完成したT-38ですがちょっと手をいれました。 何かと申しますと搭乗用のラダーを作りました。
DSC_0991.jpg

DSC_0993.jpg

実は、7年前にF-5Fにラダーをスクラッチして付けまして、今回、その折の図面を引っ張りだして同じ仕様で改めて制作しました。 微妙に細部が異なりますが、基本同じです。
7年を経て、まあ同じように出来たので、下手くそにはなっていないとわかりホッとしました。機体に引っかける部分の塗装が剥がれていたり、逆に黄色塗装が綺麗すぎるのでハゲチョロを施す必要があったありしますが、まあこんなもんです。
****************************************
時間との勝負になりますが、同じく静岡に持っていくつもりのYak-38もラダーをつけようと思っています。ただ、写真によって形がまちまちでどうしたものか悩んでいます。
スポンサーサイト

【2016/04/20 20:13】 | 模型-T-38
トラックバック(0) |

ラダー
XJunで~す
>ラダー…
飛行機の大きさを示すよいアクセント、アイコンになりますね。

>静岡…
参加の機会がないわけではないのですが土日の2日かけて出掛けるのがちょっと億劫になります。

作品持参の遠征は荷物が大変そうです。


公試
>Xjun殿
静岡は初めてなので、わくわくします。その割には準備が進んでおりません・・・

ラダーは実は大好きなんです、簡単で良いアクセントです。

コメントを閉じる▲
週末は、ひさーしぶりに機動戦闘車を弄っておりました。
****************************************
Ju-88G、IL-62m両機共、完成まであと一歩という状況で、本来ならばICM1/48のJu-88Aに復帰すべき、あるいはローデン1/144のVC-10を始めるべきところですが、ICMについてはすっかり熱が冷め、(今更なあ・・・)的な気持ちで放置しています。VC-10は静岡辺りが終わって落ち着いてから始めたいと思います。

ということで、ちょっとしたニッチな時間で機動戦闘車を塗装しました。何故、今、機動戦闘車か?にはちょっと経緯が無きにしも非ずですが省略します。長らく放置していたのは、(砲塔後部のバスケットの自作がしんどいなあ~)と思い込んでいたからなのですが、それは10式戦車のようで、こいつにバスケットはなく、即塗装が可能な状態までできてました。すっかり忘れてました。

組説が見つからなかったのでネットで写真を見ながら先のJu-88Gの流れで筆塗でちょいちょいと。 塗料はずっと以前に買っていたクレオスのセットを使用しました。 モノが小さく、暗めの色で発色がどうこういう問題もなく、すぐに出来ました。(機銃、灯火等 細部の塗り分けは未だです)
DSC_0985.jpg

DSC_0983.jpg

DSC_0980.jpg

試作車両なので、派手なウェザリング、退色、チッピングは似つかわしくないと思いこんな感じで良しとします。

ところでこのキット、ネットの写真と写真と比べますと、まあ良くできてますねえ、デティールが全て再現されているかのようです。大したもんです。

実車は、量産型といわれる写真が出回っていますが、アオシマには是非とも続けて量産型のキット化をお願いします。タミヤが1/35でおいしいところを持って行ってしまうであろうとして、1/48、リモコンシリーズの一環はどんなもんでしょうか。


【2016/04/11 22:07】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

機動戦闘車…
XJunで~す
>機動戦闘車…
いいですねぇ~。
このシリーズはカーゴトラックなどもよく出来てますよね~。

最近ミニスケは目にきついので見てるだけです(>_<)


公試
>XJun殿
良くできたミニスケ、いいですねえ! アオシマでは、パトリオットやトラックも作りたいなあと思ってます。
目は、遠近両用メガネを外して裸眼で攻めれば、まだ大丈夫です!

コメントを閉じる▲
昨日の今日ですが、一日で進んだはずもなく、昨日の記事が若干古新聞であったわけです。
懸案であったキャノピーと機首のアンテナを片付けました。
****************************************
DSC_0976.jpg

DSC_0974.jpg

1)キャノピーは特に難しい作業で止まっていたのではなく、キャノピーを被せる前に済ませるコックピット後席のシートベルトの自作が面倒なため、後回しにしていたものです。 やりゃあ、大した作業ではない、シートベルトはすぐに出来まして、キャノピーを被せて枠を塗装しました。 枠の塗装は、マスキングなしで筆でちょろちょろと。裸眼で見る限り問題ない仕上がりです。(デジカメで拡大すると辛いところです)

2)機首のアンテナは、キットにはプラのパーツがついていますが、太くてカッコ悪いので金属線で自作しました。太い支柱はφ0.6mmの真鍮パイプ、2本の細い枝はφ0.2mmの真鍮線です。 真鍮パイプにφ0.3mmのドリルで穴を2か所開け、真鍮線を貫通させました。 4組をアンテナ基部に付けるまで、大凡2時間くらいと、想定外にスムーズに出来上がりました。 治具を用意せず、フリーハンドでの作業のためそれなりの精度・仕上がりですが、これまた裸眼で見る限りは問題ない仕上がりです。実機は細い枝が根元が太く先が細いようですが、そこまで細部を作り込むつもりはさらさらないです。 あと、太い支柱の先端にキャップ状のものがついているので、これはプラ材ででも自作する必要があります。 おって。

3)脚カバー、補助翼も付けました。 何の工夫もありません。
****************************************
小さな部品が未だ20位残ってますがだいぶ片付きました。 GWの前半には完成しそうです。

【2016/04/08 20:41】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

悩ましい…
XJunで~す
ゴールが見えてきたようですね。
アンテナの造作、恐れ入ります。

夜間戦闘機はこのアンテナの製作・保存が悩ましくて(MA誌でも真鍮パイプ、真鍮線で自作する記事がありましたが)二の足を踏んでしまいます。

※ 先月は久しぶりに戦車を完成させました。AFVが本業の筈なのに飛行機の祭り参加で首がまわりません(本末転倒)。


公試
>XJun殿
ゴールが近づいてきました。
アンテナは、特にノウハウ、技能なし、特に語ることは無いんです。試行錯誤もなく、まあ、こんなもんかなあ、という感じです。
アンテナがつくと、これがカッコいいんです!もうしびれます!


コメントを閉じる▲
ちょっと間隔があいてしまいました。ちょこっとぶりのJu-88Gです。
**************************************************
DSC_0960.jpg

DSC_0961.jpg

1)鍵十字を含め手書きマーキングが出来たので、半艶のクリアを吹きました。マーキングを手書きする際に、塗りやすい様クリアー分を除いて塗っているため、事後剥げやすいのです。なのでクリアーをかけて保護が必要なのですが、今回グッドスマイルカンパニーの50%艶というクリアーを使ってみました。 そのままエアブラシ出来る濃度となっていますのでお手軽です。
さて、その結果ですが、50%というより、25%くらいの仕上がりです。 すこぶるマットです。
同じシリーズで0%も売っていますが、一体どんな感じなんでしょうか。
艶が揃うと、筆塗のコテコテした感じが和らぎ、吹付と変わらない第1印象となりました、なってしまいました。それが良かったののかどうか。
2)脚を付け自立させました。 Ju-88は主脚が長く、突っ張った感じの地上姿勢が好きでなかったのですが50年も生きてますとその辺り馴染んでしまい違和感を感じない今日この頃です。
3)ペラを付けました。 安直に吹付で、特に何の工夫もありません。
**************************************************
後はレーダ(これがちょっとしんどいか)、キャノピー後部(これもちょっとしんどいか)、アンテナ類、脚カバー、等々。残り10時間くらいと見積もっています。4月は後半が出張ですが、それまでに出来るかというとちょっとしんどく、GW前半になんとか完成させたいです。

【2016/04/07 20:29】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |
free counters