After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
お店に注文していたキットを受け取りました。
**************************************************
ローデンの1/144、VC-10です。
DSC_0954.jpg

現在完成の2、3歩手前にあるIL-62mの元ネタです。 早速仮組してみました。
DSC_0952.jpg

IL-62mの同じアングルの写真とならべますと、VC-10の水平尾翼の大きさが際立ちます。胴体と主翼の位置関係は大して変わらぬのにこの差異はなんでしょうか。
DSC_0866.jpg

水平尾翼以外にも、よく似た両機ながら、だいぶ雰囲気が違います。大袈裟ではありますが、IL-62mの深い後退角、直線デザインからはソ連的な強引な合理主義を、本家たるVC-10の水平尾翼の曲線、主翼の浅い後退角には没落していく英国貴族の優美さを感じます。

そもそもこのVC-10はIL-62mの製作に着手後発売がアナウンスされ、「これは展示会で2機並べたらかっこええなあ!」と注文したものですが、発売が遅れた為、5月に遠征予定の静岡には間に合いそうもありません。 それでも、頑張りゃ出来んことはないかなあと思っていたのですが、仮組してみてそんな甘い考えは吹き飛びました。 出来る訳がない。
例えば、この胴体の客室窓を見て頂くと、中央部が大きく、前後位置は小さい。
DSC_0953.jpg
なんと、前後位置の窓はバリにより窓が一回り小さくなっているのです。胴体の接合面も平面が出ていません。 これは手がかかるキットです。ローデンはそんなに甘くありません。なんとなく、ズベズダと同じウクライナということで、IL-62mと似た雰囲気のキットをイメージしていたのですが、ローデンはウクライナ以前にローデンでした。 しかしローデンはいつまでたっても一皮剥けんなあ。
**************************************************
まとめ:VC-10の静岡前の着手はきっぱり諦め、しばらくは仮組でがまんします。
スポンサーサイト

【2016/03/29 22:22】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

ウクライナ…
XJunで~す
>ウクライナ…
ローデンは経験がないのですが、ズベズダのJu87 はコクピットと主翼を組んだだけですが合いも良いので本当にパチ組みができそうです。(報告)


-
>XJun殿
ローデンは多分三つめの購入と思うのですが、まあ、変わらんです。 何か異物の混じったようなプラ素材、中途半端な筋彫り、大分ズベズダとは違います。アイテムが素晴らしいので、贅沢言ったらダメなんでしょう。

コメントを閉じる▲

とあるパーツを部品どりしたく、キットをヤフオクで探すと1500円で出品されていました。まあまあやなあと締切寸前に入札しその夜はそのまま就寝しました。 翌朝確認してみると、また同じ1500円で出品されていました。 「なんじゃそりゃ、わしの1500円入札は無視して入札期間延長かよ」とがっかり。キーワードを変えて検索すると同じキットが今度は1000円即決で見つかり、しめし
めと速攻で落としました。

さて支払手続きに移りますと、相手方より「値段1500円です」と連絡あり。あれあれ?1000円で即決じゃあなかったっけ? 入札開始が1000円で即決は1500円やったっけ?まあええわ、と最近とみに怪しい自分の記憶を疑い、送金をさっさとすませました。

ところが翌日また連絡があり「1000円入金がまだのようですが、商品を送りましたよ」と。 何?昨日送金したやん。どういうこと?? でもって1000円??よく見ると、相手の名前が1500円の送金先と異なります。 別の相手先からの連絡です。 つまり、最初の1500円の入札は成立していたのでした。 次の日同じ1500円で同じ商品を続けて出品されていたのを、入札期間が延長されたものと、私が勝手に誤解していたのです。

そういうことか、ならばしかたない。 同じキットを2個も要らんのですが、落としたからには責任を取らざるを得ない。 2つ目の商品に、今度は1000円送金しました。 
**************************************************
火曜日仕事から帰宅すると、きっちり同じキットが2個届いていました。あたりまえですが。 奥さんに怒られそうです。
DSC_0951.jpg

【2016/03/23 20:01】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


XJunで~す
>二個落札…
厄介ですね。送料負担があったかもですが一個ヤフオクに出すとか(悩)。

私も輸入キットで保険のつもりで取り置き頼んで二個買いして奥さんに叱られたことがあります。


sea trial  (公試)
>XJun殿
まったくもってばかですなあ~、私。 ネットに出すのはやったこと無いんですよねえ、また失敗しそうで、億劫です。
しばらくは保持することとします。

コメントを閉じる▲
Ju-88が食傷気味なので、口直しに久しぶりにIL-62mを進めました。
**************************************************
どうやら1月初旬以来、2月半ぶりになります。 何をどこまで進めて何が残っているのか、すっかり記憶があやふやです。
ア)脚を塗装して取付ました。 そうそう、タイヤとホイールの塗り分けが面倒で放置していたのでした。 実際にやればそうたいした作業でもないのですが、なんとなく気が重い作業で後回しにしていました。 脚で自立するとカッコよさ100倍です。
イ)エンジンのリップの銀及び排気口の焼けた金属色と銀を塗装しました。 これもリップの塗り分けにマスキングテープを貼りこむのが面倒で、やだやだと後回しにしていました。マスキング30分、吹付3分で片付きました。 これまたぐっとかっこよくなりまし
た。
ウ)ついでに、水平尾翼前縁の銀も塗装しました。
DSC_0948.jpg

DSC_0949.jpg

これで残りは、
1)細かなデカール貼り
2)クリア掛け、磨き
3)脚カバーの塗装、取付
4)エンジンポッド下面に赤だか青だかの塗り分けがあったようなとなります。4)がはっきりせず、実機写真を見て記憶を呼び覚ます必要があります。2)の作業にどれだけ時間を掛けるかにもよりますが、それでもあと10時間くらいで完成しそうです。
H28年最初の完成までもう少しです。

【2016/03/22 21:47】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |

俄然…
XJunで~す
四発リアジェットがキワ物めいた雰囲気でしたがラインが入ると俄然格好いいですね。

マスキングは私も苦手な作業です。
フリーハンドで好き勝手に迷彩を塗れるのでドイツ戦車が好きなのだと思います(>_<)。


sea trial  (公試)
>XJun殿
マスキング塗装は私も苦手ですが、いつも同じことをしていては進歩が無いので練習を兼ねてやってます。いつもと違うことをするのは刺激があって楽しいです!

コメントを閉じる▲
2機めのju-88です。
**************************************************
夜戦型G型がヤマを越したので、続いてA型を進めます。今度はこれぞju-88?うねうね迷彩にトライします。
DSC_0942.jpg
主翼から塗装を始めました。まずは右翼を大体仕上げてみて、雰囲気を確認しました。なかなかよい感じです。左翼は、まだまだまこれからで、うねうねが右より太いのもそのためです。

うねうね迷彩ですが、意外にも手早くできます。G型のまだら迷彩より短時間でできそうです。複雑であるがため、粗が目立ちにくいようです。ちなみにここまでで4時間位。 やはり、ブラシに比べると時間はかかりますが。

うねうねは、もっと細く複雑にも塗れそうです。そこは筆塗り、好きなようにできます。ブラシより自由度は格段に高いです。
**************************************************
すっかり食傷ぎみであった筆塗りですが、新たな課題を前にして、ちょっとやる気が復活しました。

【2016/03/19 13:58】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

難しそう…
XJunで~す
>ウネウネ…
良い雰囲気に描かれましたね。
筆にしろエアブラシにしろランダムでかつウネウネが偏らないように塗るのは難しそうです。
さすがです。
根気の勝負のようですね。


sea trial  (公試)
>XJun殿
手本となるパターン図がないと、自己流のワンパターンに陥りそうで怖いところです。
胴体、尾翼とまだまだ残っています。まさに根気の勝負です。

コメントを閉じる▲
春は異動のシーズンであります。 所属する模型クラブでは九州に戻られるOさんに加え、Mさんが関東に異動されるということです。 御二方の益々の御健勝御並びに模型ライフの充実を祈念するところです。
**************************************************
個人的にはさっぱり異動の声が聞こえてこない私ですが、ならば腰を据えて模型ライフを邁進しましょう。 1/72Ju-88の一機めG型はようやく機体塗装がほぼほぼ終了しました。ここまで塗装に大凡20時間を要しています。残りは垂直尾翼、同嗅ぎ十字、細部の手直しくらいに5時間という感じです。
DSC_0931.jpg

DSC_0930.jpg

DSC_0929.jpg

大体、意図したような仕上がりになりました。「ああ、筆塗ね・・」ではなく、「なんと、筆塗ですね!」を目指したのですが、そこまでは至らず、「ほう、筆塗ですか」くらいでしょうか。 何のこっちゃ。 
正直、飽きました。 2月半ばからほぼ一カ月、この塗装ばかりしていたので、飽きました。続けて2機め、3機めと塗装していくつもりでしたが、3機は無理です。 せいぜいあと1機です。そもそもはICMの1/48Ju-88Aの予習として始めたこの1/72ですが、予習でもって既にJU-88に対し満腹感、膨満感に満ち溢れてますので、3機めのJu-188及びICMの48は一旦傍らに置いて、、別のキットを弄ろうかと思います。
結局、横道に逸れるのね。

【2016/03/17 22:51】 | 未分類
トラックバック(0) |

三機はさすがに…
XJunで~す
お腹一杯の雰囲気、同じのを続けて作る癖がある私でも経験あります(笑)
「箸休め」は必要ですよね。



sea trial  (公試)
>XJun殿
三機はしんどいですね、同じ作業をまとめてやれば効率的かと思ったのですが、繰り返しに作業はやる気が失せてそれほどでもないです。
箸休めが必要ですね!!


コメントを閉じる▲
買い物記事
**************************************************
以前にちょろりと記した本を古本で購入しました。 それがこれです。
DSC_0932.jpg
「飛行機なんでも入門」、小学校のころの私の飛行機のバイブルです。 アマゾンで検索したらば、美品が千円チョイだったので思わず購入しました。 届いた品は、紙が日に焼けたように薄茶を帯びているほかは、全くの美品でした。 どこかで眠っていたものかとおもいます。
もちろん子供向けですが、非常にしっかりしたないようで、やたら詳しい内容です。秋本実氏著でした。なるほど。 世界の傑作機でフィドラーが特集されたおり、「フィドラーなんて子供のころ読んでいた飛行機の本に世界最大の戦闘機として紹介されていた以来」というようなことを記したのですが、その本こそがこの本で、そのフィドラーが出てくるのがこのページです。
DSC_0933.jpg
「超大型」とあり、「世界最大」とは書いてありませんでした。まあ、記憶はそこそこ正しかったようです。 このページをみて気付くのは、MiG-25がやたら小さいコンパクトな機体に描かれていることです。 まだMiG-25の情報が乏しく、伝統的にMiGの機体は小型機であったからでしょうか。

「幻の名機」をまとめたページには、今でも知らない機体や、今ならわかるけど、というような飛行機が。右上のスーパーマリンの四発爆撃機は、キャプションにあるように、爆撃で破壊された放棄されたプロジェクトですね。
IMG_20160313_191408.jpg
飛行機模型についてもそこかしこに取り上げられているのですが、肝はこのページですね。 左下、タミヤのバートルを塗装を替えて多数並べたそのさまが格好良くて羨ましくて、すごくあこがれました。
IMG_20160313_191501.jpg
たぶん、今もその残像を追いかけているような気がします。

いい買い物をしました。

【2016/03/13 21:26】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

良かったですね
XJunで〜す
良い買い物をされたようですね。

私も小学生の時に秋本先生の著作で「プラモデルの作り方」のような本を読んでからキャラ物からスケールモデルにシフトしたように思います。

当時目指した処はまだまだ遠いようです(;^_^A


sea trial  (公試)
>XJun殿
良い買い物でした。 最近、小・中・高の頃に読んだ本が懐かしくて、見つけては買ってしまいます。
子供のころの刷り込みは怖いですね、三つ子の魂百まで、です。

コメントを閉じる▲
今日日曜日は、明日の会社行事の準備のため出勤しました。 という言い訳のもと、あまり進んでいません。
**************************************************
ずっと、Ju-88G、夜戦型の塗装をしていますが、なかなか進まんです。

DSC_0922.jpg
背景を黄色にしましたが、大した意味はありません。 どこが進んだかというと、
・主翼上面は左右共ほぼ完成。
・水平尾翼は右はほぼ完成、左は墨入れの手前。
・胴体上面、右側面は、機体番号を除いてほぼ出来。左はまだまだこれから。

DSC_0924.jpg
・下面は、右翼のライトブルーを塗り始めましたがまだまだ時間がかかりそうです。
・上・下面の塗り分け線は間違っているようなので修正します。

垂直尾翼はまだ未着手、機体全体として六割五分~七割というところです。 アルファベット、鍵十字が順調に進めば、あと七、八時間というところです。


【2016/03/06 21:23】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

こつこつ…
XJunで~す
Ju88という大物をこつこつ進められる様に頭が下がります。
私なら確実に途中で飽きます(>_<)

さて、ズベズダのJu87ですがパチパチキットでしたが以前組んだイタレリより合いもしっかりしたもので楽しいプラモです。
もう一個買っておけばよかったと思いました(笑)


sea trial  (公試)
>XJun殿
スツーカ、いいですねえ、わたしも作りたいのですが、これ以上手を広げると、どれも完成しなくなってしまいますので、我慢します。我慢、我慢。


taki
釈迦に説法でしょうけど、
塗料にもう少し、シンナー加えて
みてはいかがでしょうか。

筆の進みが良くなると思いますよ。


tochi_hangar
sea trial様

こんばんは♪Ju88良い感じですね♪モットリングの塗装がとても素敵です(≧∇≦)筆塗りですか?


sea trial  (公試)
>taki
普通に平筆で重ねていく方法に比べ、若干濃いかもしれませんが、筆目が目立つからという要素も大かと思います。
細筆のみを使う技法のため、十分な塗膜厚となるまでは筆目が目立つんじゃないかと思います。
逆に、筆目が硬質なイメージを醸し出さないかなあ、と。


sea trial  (公試)
>tochi_hangar殿
tochi_hangarさんをはじめとするwindsの皆さんに倣っての筆塗りです。 まだまだ手探り、試行錯誤中です。優しい視線で見ていただけたら幸いです。

コメントを閉じる▲
free counters