After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
GWに結構模型に時間を割くことが出来た結果、その後、さっぱしやる気が湧かなかったのですが、そろそろ再始動すべしと、この終末に再起を期していました。 土曜は車の点検あり、日曜こそが模型三昧と思っていたのですが、急遽淡路島に出動するよう嫁子供に要請され、十分な時間をさくことが出来ませんでした。
**************************************************
またまたB787になります。 殆ど塗装がおわったので、いよいよ脚をつけました。
本キットの脚は前脚、主脚共に非常にきゃしゃです。 実機通もこうなのでしょうか、ちょっとハードな着陸をしたらすぐにぽっきりいってしまいそうです。
主脚柱は細いうえに長く、胴体、主翼を受けるにあたり非常に不安でしたが、主脚柱をサポートするリンク機構をつけるとずいぶんしっかりしました。これなら大丈夫そうです。実に変わったリンク機構ですが、実機もこうなんでしょうか?

DSC_0599_20150526215536d27.jpg

前脚も同様にきゃしゃです。こちらは補強となるリンクもなくこれで終わりです。

DSC_0600_20150526215537f5e.jpg

さて、これで全体を組んでみると・・・

DSC_0606_20150526215539868.jpg

DSC_0607_20150526215540431.jpg

立った、クララが立った! ということで昭和40年男は未来永劫このフレーズを繰り返す呪縛から逃れられない訳ですが、それはそれとして無事立ちました。 その立ち姿ですが、いやもうこれが美しい! 空を飛んでいた鳥がそっと地上に降り立ったようです。 これやから飛行機模型は止められませんなあ!

よく「飛行機は飛んでる姿が一番美しい」などといいますが、いやいや、地上に佇む姿も美しい!特にこの機体はのびやかな主翼のおかげもあって美しいです。
**************************************************
残りは脚カバー他。 数時間程度です。
スポンサーサイト

【2015/05/27 06:36】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
モデルグラフィックスで3号連続企画のF-14マガジンキットが始まりました。
**************************************************
早速購入しました。
DSC_0618.jpg
今号は機首周りとエンジン少々です。
DSC_0621_20150526212504adc.jpg

DSC_0622_201505262125065c8.jpg

パーツを眺めただけですが、そりゃもう非常に細かくできています。 見たこともないような繊細なデティールのオンパレードです。 例えばサイドコンソールではスロットルレバーが別パーツになっています。製作に着手するまえにピンセットでパーツを4次元空間に飛ばさないよう、机周りのブラックホールを閉じる必要があります。
レーダー、バルカン砲、機首の電子機器等も再現されています。 通例、こういう内部艤装のパーツはおもちゃっぽい再現度に留まり、「パーツで見てる分には楽しいけど、真に受けてどや顔で見せるのはちょっと恥ずかしいわなあ」というものですが、いやいやどうして、いわゆる「細かく塗り分ければ十分の再現度」というやつです。

さて、来年のことを言うと鬼が笑う、もとい来月以降のパーツを言うとMGが怒る、かもしれませんが、ちょっと気になったところを。
全体の組立写真をみて気になったのは、ブローブのラインがちょっと堅くないですか?という点です。 インテイク上面からグローブにつながるところがちょっと鋭角に折れ曲がりすぎで、でもってグローブの上面が平面過ぎないかなあ。 私のイメージは、インテイク上面からもっと滑らかにグローブに繋がり、Rを描いてグローブ前縁に至るというものです。 実際にパーツを見てみないと何とも言えませんが。
という以前に、私、F-14のことが良くわかってません、そんなにしっかりしたイメージを持っていません。 そういう意見もある、というレベルです。

とにかく、これを機にF-14を作るのも悪くないなあと思いました。
よく考えれば中学生の頃に、ハセガワの旧版、凸線キットを作って以来、72,48いずれもF-14は作っていません。(72のストックはあります。 10年くらい前に144を作ろうとしたような・・・) そろそろ30余年ぶりのリベンジを果たす時なのかもしれません。

【2015/05/26 21:28】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

F-14
XJunで~す
>F-14
学生時代は下宿だったのででかすぎて手が出ませんでした(MAXハセガワスカイホーク)

>四次元空間…
クリーンブースならぬビニル袋の中で作業するようですね。

プーマのホーンを異次元にワープさせたのは内緒です。


-
XJun殿
もう30年以上も前の話ですね。
大抵の場合、昔できなかったことが今はうまくできます。経験値と道具の進歩によるものです。
やるなら今かなあと。

とはいえ、視力と指先の感覚の衰えから4次元ホールの数は激増していますね。 広くて清潔な作業空間がほほしいです。

コメントを閉じる▲
Yak-38もほとんど進んでいないのですが。
**************************************************
1)垂直尾翼の手入れ口や機首の白色、インテイクリップの銀色等を塗装しました。B787でデカールが剥がれタッチアップ云々と記しましたが、こちらでも剥がれで苦労してます、塗装の剥がれです。塗料のプラへの食いつきが悪く、こういった細かな塗り分けでマスキングテープを使うとやたら剥がれます。計4箇所程、剥がれが生じました。中国キットはパーツ表面の油により塗料の食いつきが悪くはがれやすいと良く聞きますが、ホビーボスの本機もそういうことでしょうか。

2)デカールを貼り始めました。 Begemontというメーカーのデカールです。 水に浸けると数秒で台紙から離れます。かといって糊は弱くなさそうです。
decals2.jpg

decals1.jpg
(写真は自分で撮るのが面倒なのでネットで拾いました) しかしながら肝心の印刷はシャープとは言い難いです。
やたら細かいステンシルがどっさり用意されています。 考証はどんなもんなのでしょうか? 本当でしょうか??、

さて、渋く塗装をまとめたはずが、デカールを貼ると、途端におもちゃになってしまいました。
DSC_0596_201505182127298eb.jpg
垂直尾翼の赤星も、インテイク横のたなびく旗も黄色数字も、全てセンスに欠けます。これはデカールメーカーの責任ではなし、実機が悪い。 しゃあないですが。 インテイクの赤線がバリバリにシルバリングしています。なんとかします。

それにしても最近なんかいい加減な写真です。パソコンをタブレットに替えてから、画像編集が面倒になって(やっぱりそういう操作は普通のノートパソコンのほうがやりやすい)、横着をこいた結果です。 なんとかしないと。
**************************************************
このまま細かいステンシルまで一気に貼ってしまい、クリアで固めます。 そのあと脚を付けたいと思います。もう少し、あと10時間でなんとか完成しそうです。

【2015/05/19 21:30】 | 模型-Yak-38
トラックバック(0) |
週末は静岡が大いに盛り上がったようですが、残念ながら私は参加できていません。来年こそは!
**************************************************
静岡にもいかずじっくり模型製作に取り組んだ、訳ではなく、GW以降、どうも「模型を作りたい」気持ちが低下してしまい、すっかりさぼっています。 ということで目立った進捗はありません。

B787は
DSC_0597_201505182127307bb.jpg

1)機首の風防をぬりわけました。ちまちまマスキングして吹き付けしましたが、タッチアップの嵐となりまして、これなら最初から筆塗でやればよかったなあというところです。
2)尾部のAPU排気口周りを銀塗装しましたが、マスキングの過程で赤色のデカールが剥がれ、これまたタッチアップで苦労しました。(写真ではわからんですね)  本機もいよいよ終盤ですが、この辺りになると一進一退といった様相を呈してきます。 完成に向けての踏ん張りどころです。
3)主翼、尾翼の前縁の銀色も塗装しましたが、これは剥がれるデカールもなし。4)残りは垂直尾翼前縁の銀塗装と脚周りです。 垂直尾翼前縁の銀塗装はマスキングによりまたまたデカールが剥がれそうで恐ろしくて躊躇しています。
**************************************************
もう少し、せいぜい数時間で完成とうところまでこぎつけましたが、最後の山場を迎えています。

【2015/05/18 20:46】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
今朝ほどより進捗があったので、写真を差し替える代わりにもう一つの記事とします。
**************************************************
バラバラのつやで全体の様子が分かりにくかったので、クリアを吹いてみました。 なかなかよい感じであることが確認できました。
2015050618340200.jpg
キャノピーを塗り分け、機首のアンチグレア、垂直尾翼上端の白も塗装しました。 
2015050618350500.jpg
リフトジェットも少しマシに塗り分けました。
2015050618343100.jpg
下面はこんな具合です。
2015050618344800.jpg
**************************************************
これでGWの模型進捗は本当に終わりです。 全日記事を書くことはできませんでしたが、まあまあの成果を得ました。
**************************************************
スマホで撮った写真をパソコンに縮小して転送する写真がイマイチなのか、縮小の過程でピンボケ気味になります。御容赦ください。

【2015/05/06 19:11】 | 模型-Yak-38
トラックバック(0) |
早いもので連休最終日となりました。
**************************************************
Yakはリフトエンジンがそこそこできたので、機体の塗装をはじめました。 グレイ・ブルー系の上面3色の迷彩としますが、色味が難しくなかなかそれらしくまとまりませんでした。 別売デカールに指示されていたFSナンバーはちょっと暗すぎるんでは?と感じたので、世界の傑作機のイラストを参考に色を決めました。

2015050610184800.jpg

2015050610182100.jpg

つやがてんでバラバラで、タッチアップもあちこち必要な、まだまだ立ち上がりの状態ですが、色味としてはまあこれでいこうかなというところです。
**************************************************
さて、これでカッコよくまとまりますか。

【2015/05/06 11:02】 | 模型-Yak-38
トラックバック(0) |
連休5日目(5/3)は実家に帰省(といってもわずか30分ほど)し、親の顔を見てきました。
**************************************************
模型は、B787の主翼、尾翼へのクリアー吹きを終え、磨きを開始しました。
手順としては普通に、クリアーを吹いて、ペーパーでゆず肌をとって、コンパウンドで磨いて、コーティングポリマーで表面を覆うというものです。 この手順でもってそれなりにつるぴかにはなりました。
2015050421483900.jpg

2015050421490700.jpg
が、周囲がきっちり映り込むというほどではありません。 手順としてはまあまあ正しいとは思うのですが、詰めが甘いというか、何かが足りずピカピカにはなりそうにありません。 たまたま一か所だけ、釉がかかった白い陶器のような仕上がりになったところがありました。どうやらクリアーの厚みが一番あった場所かとおもいます。 ということは、全体にクリアーの厚みが足りないのでしょうか。
とはいえ、ここでlクリアーをさらに吹き増すことはせず、そもそも今回のテーマが磁石で取り外し可能な構造とすることでこれまで手が出なった大型機をモノにする、というところにあったことを言訳にしつつ先を急ぐこととします。 
**************************************************
本日は5/4(月)連休6日目です。 ネタが尽き記事が追い付かなくなりました。

【2015/05/04 22:14】 | 模型ー787
トラックバック(0) |
連休四日目は模型の進捗はありません。
今日は10km走って、連休中の目標トータル30kmを前半にして達成したくらいです。 B787のクリアー吹きをしようと思っていたのですが、作業場所の猫の額ベランダが布団干しに占拠されたため出来ませんでした。

明日から連休後半ですが、家族サービスに駆り出されるためなかなか時間が割けそうにありません。 さてどうなりますやら。 lということで、本日はこれにて終了。

【2015/05/02 19:08】 | 未分類
トラックバック(0) |

ベランダ作業…
XJunで~す
>ベランダ作業は~

ベランダでの作業は自宅以上にお隣さんに気を遣うので洗濯が始まるであろう時刻より先にする必要が有りますね

ちなみにベランダ繋がりですが最近100均の紫外線硬化のUVクリアレジンを使うようになって天気予報がモデリングの重要情報になっています(笑)。

Re: ベランダ作業…
sea trial  (公試)
XJun殿
確かに近所の方と顔を合わさないかひやひやしながら作業しています。いまのところ、目が合って気まずい挨拶を交わした、ということはないです。



コメントを閉じる▲
連休三日目は、犬小屋を洗って、アウトレットに買い物に行きました。 買い物で歩き疲れてランニングはパスしました。
**************************************************
模型の進捗、今日はYakです。 前回リフトジェットの下側の工作を完成させたので、今回は上側を片付けました。
これまでの工作に目立つ間違いがあったので(目立たない間違いはスルー)、修正を施しました。
その結果です。
2015050108294000.jpg
黄色のエポキシパテを盛った部分が修正点です。 リフトジェットの中蓋の前端を、以前はまっすぐとしていたのですが、コックピット後ろの背中に滑らかにつながるべく反り上がっているのが正しいようです。 
2015050108291400.jpg
ファンの中心に伸びるケーブルの端っこに白いカバーをかぶせました。 何やら中蓋にそんなのがついてました。 全体に若干汚らしい感じがしますが、塗装すればそれなりになるだろうと。

あと、細かな修正として、二つのファンの中央の二つの穴は、上蓋を上下させる油圧シリンダが抜ける穴です。 中蓋の薄さを表現するべく、裏側から削り込みました。 ちなみに、本当は丸穴ではなく、シリンダが前後に揺動するため小判型の穴なのですが、目立たない間違いとしてパスします。
前側のファンのその前の穴は、上蓋を固定するラッチ機構が覗く丸穴です。ラッチを作るべきですが後回しです。
**************************************************
あと、ちょっと筋彫りの彫り直しがありまして、それが片付いたら塗装します。 連休中に塗装まで行けるでしょうか。
**************************************************
明日のネタが・・・・

【2015/05/01 20:58】 | 模型-Yak-38
トラックバック(0) |
free counters